ルイージ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
戦闘の様子。ルイージがノコノコと真剣勝負!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ルイージ (ゲームキャラクター)」の項目を執筆しています。

ルイージLui-gi・Mario、和名:隆次)とは配管工事業に従事する緑のおっさんである。イタリア系。有名な土木作業員・マリオ、もしくは類似品として有名。さらに苗字がマリオなのでさらに類似品扱いにターボがかかる。

しかし、近年では、ルイージの本名が明らかになってきている。実はルドヴィーコ・バルデス(Ludovico Valldeth)である。

本名:ルイージ・サファイア 普段は「封印キノコ」により、本来の力を制御されているが実は「闇マリオ」の生まれ変わりでもある。しかし、あるキノコを食べることにより、一時的に封印がとかれる。 昔、神々の国で戦争がおきていた時代に「善の神」として生まれた。ルイージには、生き物の争いをしずめ平和を与える能力をもっていたが神の国の崩壊と共に息絶える。神の国の崩壊を知ったマリオは弟であるルイージに「闇キノコ」を与え生き返らせる。しかし「闇キノコ」には強い呪いがあり死人を生き返らせ、その者の心に闇を植え付けるキノコであった。 それから84年後、人間として死亡。 さらに、10年後ルイージは再び目を覚ます。異次元にある国「キノピオ王国」の住人に連れてこられたのだった。「キノピオ王国」はもう一人のマリオ(通称闇マリオ)により滅ぼされていた 1upキノコにより生き返ったルイージは闇マリオと融合し自爆をすることで闇マリオを殺すことに成功する。 異次元のゼウスはルイージの行動を称えルイージに空間(次元)を与えた。 ルイージはその空間にかつて住んでいた神々の国をつくり兄のマリオと冒険を始める。

扱い[編集]

かの有名な無限1UP。

現在の所は「マリオ」が在ってこそのルイージであり、ルイージ単独の出演はあまり無い。彼は作品がRPGとなると不遇を受ける事が多い。結局ルイージとは、目立たないサブに過ぎないのである。『スーパーマリオRPG』では説明書とエンディングのみの出演となり、『マリオ&ルイージRPG』シリーズでは操作キャラになったにも関わらずクッパやその他からは『緑のヒゲ』と呼ばれている。更にマリオが乗るサーフボードにされた。しかもルイージは顔を水につけているため全く息継ぎが出来ない

また『マリオテニスGC』で優勝した時にマリオに足を踏まれており(故意)、子供向けともいえるゲームで此処までの演出をさせられるルイージの姿は「イジメの助長」と苦情を受けた事は無い。これでもまだ某企業が隠しているほうであり、海外のフラッシュで登場する場合ほぼ確実に死亡する。そしてこちらが現実である。

ペアで出場する『マリオカート ダブルダッシュ!!』ではクラッシュしたときに西部劇さながらの引きずり処刑が行われた。

一時期マンションを手に入れてすっかり主人公気取りになったが、いつの間にかマンションがなくなっていた辺り差し押さえられたと思われる。「ルイージごときが単独でゲームに出演するなボケ」という大いなる大宇宙の意志がそうさせたのだろう。

2006年12月2日、Wiiの発売日に大手家電量販店で愛想を振りまく仕事が久々に入り、写真に収まったのち関係者に連れられて次の会場へ向かった。この様子が、どうみても無関係な不審者が関係者に連行されたようにしか見えなかったため逮捕説が流れた。

靴が磨り減っているのか、ジャンプ後、着地すると50cmほど前にすべる。でも、「貴様に新しい靴などいらんだろう。」と、靴を買ってもらえないのである。これはルイージはジャンプ力を求めエアジョーダンを購入したが、巨額の負債を抱えてしまい周囲の人間から借金をしていることも関係している。

ルイージの主役作ルイージマンションルイージマンション2には「スーパー」という文字がついていない。その理由についてマリオ氏は「彼はスーパーと呼べる存在ではないからである」と語っている。(そりゃねーよ。)

大乱闘スマッシュブラザースXではキャンベラ大佐に悲しい評価を受けた。 「永遠の二番手だな。いわゆる日陰者だ。」 ルイージェ… 

特技[編集]

留守番

理由:いつも置いてけぼりだから。

ハイジャンプ

理由:存在感が軽いから

滑りやすい

理由:滑りやすい靴を履いているから。

昼寝

理由:いわゆるNEETである。

ドジる演技

理由:注目を惹くため。

温泉堀り

理由:劇場アニメ版でクッパ城で温泉を掘ったため。

お化け退治

理由:掃除機で可能。

宇宙遊泳

理由:マリオより長く宇宙にいたため。

ネガティブゾーン

理由:自分がネガティブだから。

スケスケルイージ

理由:存在感が薄いから。

セカンドヒーロー

理由:永遠の2番手のごとく、まさにそのままである。

活躍の記録[編集]

これは数少ない彼の貴重な記録である。

  • 生まれてからすぐに織田信長の人質となる。
  • その後、今川義元の人質に。
  • その後、クッパの捕虜になるがヨッシーに救出される。
  • 18歳頃、兄と一緒に配管業を始める。
  • 第1~4次ピーチ姫誘拐事件では兄の予備となる。この頃から兄弟の間に溝ができ始める。
  • そして兄との別居疑惑が判明する。
  • それでもレース大会には出場している姿が目撃されている。
  • アニメ映画から急に背が伸びた。
  • 表向きは優しくて臆病だが、お金や宝石に目がなく、それ故にマリオを見捨てるという裏の顔を持つ。
  • 実写版映画では何故かオッサンのマリオに対し、イケメンの兄ちゃんが起用される。
  • レース大会勃発。Lという名でニコ厨に親しまれる。
  • そして某国から不法侵入者が入ってきたとき、とうとう彼の出番がなくなった。
  • スーパーマリオ64でも出番がないことを恨んで、オープニングでマリオの顔をつねってる。
  • しばらくの間、彼の記録は彼が自ら綴った日記くらいしか存在しない。ただ、レース大会やスポーツ大会、パーティなどのイベントには密かに参加している姿が目撃されている。
  • 64で休暇を取っている間に急に声変わりしてしまった。
  • お化け退治の褒美として自分のマンションを手に入れるが、すぐに差し押さえられていたことが発覚する。
  • マリオがゴンザレスと名乗っていた頃、自分探しの旅に出ていたことが判明する。そして、その紀行文(かなり美化された)がベストセラーになり、巨万の富を得る。
  • その後、マリオへの復讐心が更に大きくなり、自らを「緑の貴公子 ミスターL」と名乗ってマリオ抹殺を企てた。そのため、ノワールという変人が率いるカルト集団への仲間入りを果たすが、ディメーンという変なピエロに利用されてしまい、マリオやクッパ、ピーチらにフルボッコにされてしまった。
  • マリオが宇宙戦争に行ったころルイージも宇宙戦争に巻き込まれる。パワースター集めに協力していたがすぐやめた。さらにマリオが帰った後もまだ宇宙にいた。
  • 第8回パーティに参加。
  • 第3回スマブラ大会に参加。最近お化け退治してもらったオンボロ別居のマンションを戦場にされ、マンションは全壊した。
  • ワドルディを見て怯えているところを「この腑抜けが~!!」とデデデに背後から撲殺され、フィギュア強奪の撒き餌にされる。ついに念願の専用ステージ(模型)が出る。特別な物体を使用することによりネガティブゾーンを使える。
  • マリオカートWii大会にバイクで参加。しかしそのバイクは4ストとかなり遅いマシンであった。
  • 第9回パーティに参加したのに、パッケージに映らなかった
  • 兄から奪った主人公作泥棒を仲間にした。
  • 存在感を濃くするため、では画面が埋まるくらい増えた。

交友関係[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

Mario.png マリオ土管に入れません。
とりあえず早く入れるためにパックンフラワーを倒すか穴をあけてください。
できるだけ早くお願いします。 (Portal:スタブ)
Clay pipe.jpg