レズ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
女性専用記事
Ladies Only
注意

この記事は終日女性専用となります。小学生以下のお子様(精神年齢換算不可)、身体の不自由な方および介助者の方以外の男性の方は他の記事へお回りになるか、女装での閲覧・執筆をご協力お願いいたします。

レズの例


百合の例

「歪みねぇな」
レズ について、ビリー・ヘリントン
「ふん、馬鹿も休み休み言うんだな、この変態レズ王女め。」
レズ について、ランス

レズとは、女性同士の恋愛同性愛のひとつの形である。若干の差異こそあれ、ホモの女性版との解釈でも問題はないだろう。本来は英語が外来語として定着したものであるが、日本で言うレズは英語圏とはまた違った解釈を持つため、この場では日本語におけるレズのみについて言及する。

目次

[編集] 百合との違い

百合との違いについては諸説あるが、下記の説が有力とされている。

  • ごく自然に性交渉をする

百合とは精神的な同性愛であり、過度の性的交わりを必要としない。この点、プラトニック・ラヴ(精神的恋愛)に通ずるものがあり、哲学的域まで昇華された、肉欲を含まない恋愛感情である。対するレズは、大抵は肉体的な交わりを含む同性愛の事を指し、性交渉ばかりが先行した恋愛をも含めたものとなる。

  • マリみて妄想

マリア様がみてるに代表されるように、清楚な女性によるセンチメンタルな恋愛感を百合に求める男性が多いが、対するレズにはそのようなイメージを持たれることは少ない。

当事者側の解釈も異なり、積極的に「百合」を名乗る層には、往々にして前述のような恋愛を夢想しているカップルが多いが、実際は性欲に負けてプラトニックに徹しきれていない場合が殆どである。しかしそれは、女女間でなく男女間でも同じ話である。またこの層は、少なからず腐女子属性を持つ女性や、少女漫画に幻想を抱く女性が多い。対して、「レズ」を称する層は、あまりそのようなことを気にかけていない女性が多い傾向にあり、実は「自称百合」より「自称レズ」の方が目の毒にならなかったりする。当人たちには非常に遺憾なことである。合掌。

ちなみに、レズを自認する女性は「ボルビア」などという意味不明な名乗り方をすることもある。

[編集] 生物学的進化

ふたなりの扱いについては未だに議論されている

レズの一部には、更なる同性愛の合理化・倫理的問題の超越を求め、生物学的進化を遂げたものも存在する。有名なところでは、ふたなり(両性具有)などが好例であろう。ふたなりへの進化は、同性愛の範囲を超えることなく性交渉、ひいては種の保存の問題への単純明快な答えを求めた結果といえる。ふたなりの中には、性的興奮を覚えてはじめて男性器が露出するような進化を経た事例もある。

しかし、男性器が付いた時点でその人物は雌雄同体であり、これを女性と認めてよいかどうかについて見解が分かれている。もしもふたなりは女性ではなく独立した性別と仮定するならば、これはレズと呼べないとする意見がある。なぜなら、レズは女性同士の恋愛であると定義されているからである。一方では、精神的に女性であればレズである、とする意見もあり、この立場を取るならふたなりと女性のカップルでもレズと呼ぶことができる。この問題に関しては今後更なる議論が行われると思われる。

[編集] セックス

レズのセックスは、キス等で気持ちを確かめ合い、まずお互いのアーン♥♥アーン♥♥を弄りあいながら、徐々にオルガズムへ向かうところから始まる。 女性の生殖器には男性で言う所のアーン♥♥にあたる突起物が非常に小さく男性で言う所のアーン♥♥の様に使用する事が困難なため、その形態は多様化している。アーン♥♥同士をこすりつけあうものや、アーン♥♥に見立てたアーン♥♥などをお互いのアーン♥♥に挿入し、腰を動かすものなどが知られている。だが、後者のものは、アーン♥♥を正当化しようとする男の勝手な妄想でしかなく、おい、そこの中学生!こんなエロ記事ばっかり読んでないで勉強しろ!勉強!(斜体くぇrちゅいおp)

[編集] 関連記事


Abe いいこと思いついた お前 がテンプレ貼った この項目「レズ」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語