ロブ・ハルフォード

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

ロブ・ハルフォード(Rob Halford)とは、革と鋲で出来たイギリス製のサイレンである。製造元はイアン丘にあるダウニング株式会社

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「ロブ・ハルフォード」の項目を執筆しています。

[編集] 概要

サイレンの語源は、ギリシャ神話における半人半鳥の怪物、または女神である「セイレーン」である。セイレーンはの航路上の岩礁にいて、美しい歌声で航行中の人を惑わし、遭難・難破させる、として知られているが、あいにくと船乗りは女性の声にまどわされる人間ばかりではない。

もちろん大部分の船乗りは長い航海の間の女断ちの影響で女性に声に惑わされるのであるが、中には、長い航海の間に女性ではなく男性を性的対象と見るようになる者も決して少なくはない。また、生まれつき女性より男性に興味があって、それを自覚するが故に自らすすんで船員という男ばかりの閉鎖された世界を選ぶ者もまた多い。そんなわけで、徐々にセイレーンの歌声はその神通力を失うこととなった。

それに変わって岩礁に音を響かせ、セイレーンのおかぶをすっかり奪ったのがロブ・ハルフォードである。伸びやかなハイトーンの音には、女性の声とは異なる独特のハリやツヤがあり、多くの男性を魅了した。またその歌はある種の宗教的な法悦を聞くものにもたらすとされ、いつしかその音は「ユダヤの聖職者」や「神」とも呼ばれるようになったのである。

[編集] 年賦

  • 1972年 ダウニング社の製品ラインナップに登場。
  • 1978年 殺人機械として革と鋲が標準装備となる。
  • 1979年 日本市場に進出。
  • 1985年 「製品を使用していた少年が自殺したのはサイレンの音に『自殺しろ』というサブリミナルメッセージが入っていたせいだ」と自殺した少年の両親に訴えられる(1990年に無罪確定)。
  • 1986年 電子音を使用したTURBOモデル発売、賛否両論となる。
  • 1991年 自らが研究し、発表した鎮痛剤が発する高周波音により各国で体調不良を訴える人が続出。研究者としての活動を自粛することになる。
  • 1994年ごろ 開発者と会社との関係悪化により、製品ラインナップから姿を消す。この後しばらくの間、他社からの販売となった。ダウニング社の後継モデルリッパー・オーウェンズは性能自体はひけを取らないものの、あまり人気は出なかった。一方開発者側もFIGHT型やTWO型など実験的なモデルを発表したものの市場には受け入れられなかった。
  • 2003年 開発者と社が和解し、製品ラインナップに復帰。同時に、これまで一部のマニア向けとされ一般カタログには明記されていなかったアッー!向け仕様について公開された。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語