ロボット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では一般的な「ロボット」の概念について解説しています。某大乱闘で大暴れしているアイツについては「HVC-012」をご覧ください。

ロボットとは、人間の代わりに様々な作業を行う自動稼動機械の名称である。人型のものが多いが、他の生物をモチーフにしていることもある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロボット」の項目を執筆しています。
錬金術により作り出されたロボット。紙ほどの重さしかないのに、鋼鉄並の装甲を持つ。中世ではコストパフォーマンスや運用性を評価され、主戦力に。


歴史[編集]

古代[編集]

古代ギリシアの時代から様々な人間が開発を行っていたとされ、超人的な威力を発揮していた(オートマタ)。しかし、その技術開発および生産のほとんどを担っていたアトランティスの海没によりその技術は失われる。殊にその偉大な原動力かつ人と比べても遜色ない思考力の源である、オリハルコンの製造技術が失われたことによる。残されたギリシア人はその技術の再興に努めたが、たかが青銅の鋳造技術しか持たなかったため、コロッサスなど巨大かつ粗雑な劣化物しかつくれなかった。しかし、後世人類はその粗雑な劣化コピーでさえ、近代のスーパーロボットの嚆矢、「魔神Z(マジンガーZ)」が出現するまでは再現できなかったのも事実である。

中世[編集]

魔法錬金術の発達により、再びロボットの開発が始まる。素材によって名前が異なり、石を使ったストーンゴーレム、死人を使ったフレッシュゴーレム(ゾンビ)、鎧を使ったさまようよろいなどが有名。日本においても、聖徳太子9世紀ごろ対怪物戦用のものを開発していたことが判明している。

この時代では魔法的なエネルギーを動力としていたため、魔法の衰退と共にロボット技術も衰退していった。

近代[編集]

ちょくちょく人類の危機に直面してもロボットがいれば一安心
スーパーロボット
ガソリン電気といった新エネルギーで動くエンジンが開発され、ロボットの開発が再開される。先陣を切ったのは日本で、いち早く巨大ロボットの開発に取り掛かる。戦中に開発された鉄人28号を始めとし、1950年代に入ると開発力を増していく。1972年に開発されたマジンガーZは、初めて人間が乗り込んでの操縦を前提に設計されたものであった。
自立型ロボット
前述のスーパーロボットは操縦者の危険があまりにも大きいため、自己判断型の開発も進められた。これは1972年に開発された人造人間キカイダー、翌年登場のロボット刑事・K辺りで概ね完成し、今度は小型化に邁進していった。2003年に開発された鉄腕アトムは、正に技術革新の象徴であった。
リアルロボット
一方、それとは別に人間の使う道具への回帰という流れも生まれた。代表的なものは1983年アーマードトルーパー1988年レイバーなど。これは戦車ブルドーザーといった重機の延長上で作られたロボットであり、免許さえ取れば誰でも乗れるところから次世代の車として人気を博した。

現代[編集]

先行者(中国の最新型ロボット)
スーパーロボット
需要は減ってきている。2015年エヴァンゲリオンは需要喚起のためにリアルロボットの思想を大胆に取り入れたが、感情次第で性能に変動が生じたり暴走したりと、とても使い物にはならなかった。他にも様々な機体が作られたが、過去の名機を越えることができず苦労している。
自立型ロボット
人間へ出来るだけ近づけようとする誤った指針が強く影響してしまったため、ロボットの利点が失われつつある。2015年に登場したジェッターマルス人は、従来のロボットを凌駕する性能を謳いつつもアトムと大差なく、2004年HMX-12 マルチに至っては人間と寸分変わらないデザインが最重視され、身体能力は人以下であり、2007年に登場した初音ミクにいたっては歌うこととか禁則事項ですとか検閲により削除とかリアルの歌手に飽きた方達チョメチョメにしか使われず2112年に登場したドラえもんではデザインまで退化してしまった。この傾向を嘆く研究者は多いが、大衆からは支持する声が多い。これはロボットは人間の道具や友人であり、上に立つ存在であって欲しくないという意識の現われではないかと言われている。2199年宇宙戦艦ヤマトへ搭乗していたアナライザーはその極地と言える。
リアルロボット
2006年ナイトメアフレームなど、小型で機動力の高いものが主流である。まだまだ自動車ほど手軽ではないが、今後も市場は広がり続けると言われている。

代表的なロボット[編集]

ここではサイズで分類する。

関連技術[編集]

関連項目[編集]

この項目「ロボット」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)