わがまま

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ワガママから転送)
移動先: 案内検索
「わがままは男の罪、それを許さないのは女の罪」
わがまま について、虹とスニーカーの頃
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自己中心」の項目を執筆しています。

わがまま(唯我独尊)とは、人間が集団で社会生活を送るにあたって大きな障害となる、はた迷惑な心理的特性。または、とにかく他人より自分を優先したがるエゴイストのことで、一般的には嫌われ者として周囲に煙たがられる人そのものも指す。知能や人格に重大な欠陥を抱えているのか理屈が通用しないことが多く、その原因は幼児期の精神的な発育不全によるものと目されている。英語ではMy Momと言う。

概要[編集]

わがままな人間は精神的に未熟であると思われがちであるが、実はそうではない。彼らは完全に成熟しきってなお独善的な思考に支配されたわがまま人間なのであり、つまりはに致命的な問題を抱えているのである。彼らが取り得るあらゆる言動は破壊的で、本人だけでなく家族や友人にさえその累は及ぶ。空気を読まない発言で場の雰囲気を台無しにしたり、身の程をわきまえず偉そうに振舞ったり、代金も渡さずにパンを買いに行かせたり、お前のものは俺のものだったりする。そのため、しばしば彼らの人間関係は壊滅的で、ひいては人生そのものが悲惨な様相を呈する。最大多数の最大幸福の原則に従うならば積極的に排除すべきだ、という意見もあるほど疎まれる場合もある。

わがまま野郎に相対した時、通常の人間が示す反応は一様である。幼児期においては、人間はわがままに振舞うのが当然であるし、周りの大人もそれを許容する。しかし、成長してもわがままであり続ける人間に対しては、「パパとママの愛情が足りなかったのか、貴様?」として哀れみと蔑みとが入り混じった感情を抱く。そのため、どんなわがままを言われようとも、心の中で舌打ちしながら適当にあしらってやるのが良識あるマナーというものであり、無用なトラブルを避けるための賢い手段でもある。わがままに一々付き合ってやっても利己主義者を付け上がらせるだけなので得策ではない。可能ならば縁を切ってしまうのが最も望ましい選択肢だろう。

学説[編集]

フロイト学派は、わがままな人間の心理やそれに至るまでの発達過程を分析した結果、そこに母親への過剰な愛着を発見した。例えば、口唇期においていつまでも乳離れしようとしなかったり、見られる快感を求めて肛門期以降も排泄訓練を受け続けた、などといった傾向が見られたのである。これらことからフロイト学派は、「わがままな大人とは、成長しきってもなおリビドーを母親に向けるマザーファッカーである」と結論付けた。現在ではこの説は概ね受け入れられており、わがままな人とは倒錯した性的嗜好を持つ人である、との見方が大多数を占めている。

わがままの代表例といえば王族などの権力者であるが、実際、そのような人々は歴史上よく近親相姦を繰り返してきたことがわかっている。わがままだから近親相姦を繰り返すのか、近親相姦を繰り返すからわがままになるのか、血縁が近いから体の相性が良いという噂は本当なのかは判然としないが、ともかくこうした事実は、フロイト学派の説を裏付ける有力な証拠であると言えよう。

関連項目[編集]


この項目「わがまま」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)