ヴァスコ・ダ・ガマ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このヴァスコ・ダ・ガマは一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヴァスコ・ダ・ガマ」の項目を執筆しています。

ヴァスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama、1469年? - 1524年12月24日、本名:ジャスコ・デ・オカマ)は、第14のガガーリン船長を夢見ていたサウジアラビアの青年。なんとか洋を発見して教科書に載った人。

人物像[編集]

ポルトガル出身の航海者で戦国時代にインドを発見した人物とされているが、実は今でも南米でCRヴァスコ・ダ・ガマという名前で生存している。 また、ガマという名字が示すとおり正体は蛙である、ということはない。 1998年には念願の日本上陸を果たしたが、すでにパチンコ大国となっていた日本での活動は難しく、また同地に置いてスペインの無敵艦隊と戦闘となり2-1で敗北したあげくに、南米に帰郷することとなった。

はじめてのおつかい[編集]

お肉が腐りそうだから胡椒買ってきてというお使いを受けたガマは途中道が分からないので人に聞いたりしながらようやく着いた。 しかし、持ってきたお金があまりにしょぼかったので現地の胡椒屋さんから胡椒をもらえなかった。

原因としては胡椒を買いに行った目的が牛さんのお肉の保存にあったため、超動物愛護主義な現地の胡椒屋さんの怒りを買ったためと思われる。 監禁されたりしながらもなんとか胡椒屋さんから逃げだしたガマはどさくさに紛れて胡椒を略奪したり腹いせに大砲を何発かぶち込んだのち帰ることにした。

そんなこんなで何とかお使いを果たしたガマは帰りにおなかが空いたり仲間がずいぶん減ったりしたけど無事家に帰ることが出来ました。


おしまい

関連項目[編集]