一生のお願い

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

一生のお願い(いっしょうのおねがい)とは、自らの命をも投げ出すことで相手にお願いをするエクストリームスポーツの一種である。

概要[編集]

主に小学生や中学生などによってプレイされるが、社会人の中にもベテランのプレイヤーが数多く存在し、幅広い世代に愛されているエクストリームスポーツである。小学生などの幼い子供は何回も一生をやり直すことが許されているが、大人になってから同様のプレイをすると周りから顰蹙を買うので注意が必要。類似のエクストリームスポーツにおねだりがあるが、同年代や自分より下の年齢の人とも交渉ができたり命を懸けた勝負であるなど多くの点で異なっている。ちなみにプレイヤーは独特のカウント法を用いる。「一人、二人、みんな」である。

プレイ方法[編集]

より難しい「お願い」を相手に通した方の勝ちである。不文律のルールとして「必ず発言中に『一生のお願い』という言葉をいれること」というものがある(エクストリームスポーツであることを明言するため)。プレイヤーが自分の発言に責任が持てる大人であるなら、お願いが聞き入れられた際は相手が望むなら自らの命を投げ出して感謝の意を伝えなければならないが、最近この伝統を守らない社会人が増え続ける傾向にある。

(例)

小学生「お母さんポケモン買って!!!一生のお願いだから」

VIPPER「ていうか誰か彼女になってくれ!!頼む!!一生のお願いだから!! 」

「いい加減部屋から出てきて頂戴!一生のお願いよ!」

賠償責任[編集]

このお願いを聞いてしまった結果がいかなるものであろうとも攻撃側のプレイヤーは一切の賠償責任を負わない。

名プレイヤー[編集]

  • 田中正造 - 足尾鉱毒事件の解決を当時の明治天皇に一生のお願い。見事なスルースキルと警官の妨害によって勝負には負けてしまったが、自らの人生をかけたそのお願いをみたものは皆感涙し、「日本史上最大の一生のお願いをした人物」として歴史に名を残した。現在は中学校・高校の教科書にも載っている。
  • 中国直訴村 - 近年の中国代表チーム。地方官僚や司法当局者の腐敗の是正を一生のお願いするも、多くの摘発によって敗戦が濃厚。

関連項目[編集]

この項目「一生のお願い」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)