七草粥

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「七草粥」の項目を執筆しています。

七草粥(ななくさがゆ)とは、毎年1月7日に行われることが恒例とされている日本全国共通の罰ゲームである。

発端[編集]

終戦後の日本の食糧事情は最悪で、GHQダグラス・マッカーサー元帥は「とりあえず雑草食わせておけば餓死減るんじゃね?」と当時の首相に持ちかけ、日本国民に雑草を食べることを強制する声明を発表した。

しかし日本には雑草を食べる習慣がなく、なかなか餓死者は減らなかった。

そこでGHQは、1月7日を全国共通で雑草入りの雑炊を食べる日とし、日本国民に雑草のおいしさを理解させようとした。

法定の七草[編集]

芹(せり)、薺(なずな)、御形(ごぎょう)、繁縷(はこべ)、仏の座(ほとけのざ)、菘(すずな)、蘿蔔(すずしろ)

筆者の独断と偏見からこれを美味い順に並べると、

すずしろ>>すずな>(ここまで野菜)>せり>なずな=ごぎょう=ほとけのざ>>(ここまで食えなくはない味)>>はこべ

である。科で書けば

アブラナ科>>アブラナ科>(ここまで野菜)>セリ科>アブラナ科=キク科=キク科>>(ここまで食えなくはない味)>>ナデシコ科

となり、明らかに1つおかしい。はこべは余ったら闇鍋パーティに持っていくのがいいだろう。なお、地方によっては「なずな」ではなく「SHAZNA」を入れる。(北海道、青森、秋田の一部)

現在の七草粥食[編集]

道端に生えている雑草を食べる人は稀になったものの、法律で定められた7種の雑草はパック詰めにされて全国各地のスーパー等で販売されているので、現在も1月7日に雑草を食べる習慣は残存する。

7草のうち「すずな」と「すずしろ」は大根とカブで日常でも広く食べられている野菜として定着しているため、雑草をどうしても食べたくない人は大根とカブのみを粥にして食べる場合もある。

注意[編集]

市販品でも「せり」に良く似た日本三大有毒植物のひとつ「どくぜり」が混入していることがある。下痢、嘔吐、腹痛どころか痙攣、呼吸困難、意識障害で死ぬこともある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「七草粥」の項目を執筆しています。