三匹の子豚

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三匹の子豚」の項目を執筆しています。
熊の世界にも弱肉強食は存在する。

三匹の子豚(さんびきのこぶた)とは、18世紀後半には、既にその存在が認められる民話の1つ。

事の始まり[編集]

せめて子供達だけでも獅子のように強くなって欲しいと願った親豚は、子豚達を谷へ落とし自立生活を強制する。

谷へ落とされた三匹の子豚。衣は不要。食は環境が良く豊富。他にやることも無く住居を構えた。 長男は、藁の家。 次男は木の家。 三男は、煉瓦の家を建てた。

子豚達への試練[編集]

自然界の掟は、さも当然のように狼を子豚へと差し向けた。

長男の場合[編集]

「突然すみません。ニューヨークタイムスなんですけど。扉を開けてお話だけでも聞いていただけませんか?」子豚は答えました。『要りません。巨人戦のペアチケットに誓って開けません。お引取りください』

「そうかい。手荒な真似は、したくなかったんだがな!」狼は、麦の家を収穫しパンを焼き、そして子豚を挟んで食べてしまいました。

次男の場合[編集]

「突然すみません。空飛ぶスパゲッティ・モンスター教のチラシをおくばりしているのですが。扉を開けてお話だけでも聞いていただけませんか?」子豚は答えました。『お断りします。チラシもゴミになるのでポストに入れるのもおやめください』

「そうかい。手荒な真似は、したくなかったんだがな!」狼は、木の家を伐採しお湯を沸かし、子豚を木の蓋の上に置いた石で押さえつけ、そして煮て食べてしまいました。

三男の場合[編集]

「突然すみません。ウィキペディアのCheckUser担当者が提出する個人情報の正確さを確認しています。この扉を開けて調査に御協力ください」子豚は答えました。『お断りします。そもそも私は、のび太君です』

「そうかい。手荒な真似は、したくなかったんだがな!」狼は、家の周りに火をつけ、火消しを呼びました。そしてレンガの家は、延焼を止めようとする火消し達に、あっという間に崩されました。焦げ臭い中、美味しい匂いが漂います。ついに、狼は、満足して帰っていきました。

教訓[編集]

  • 長いものには、巻かれろ。
  • 弱肉強食。自然の摂理。
  • 諦めろ。