三次元

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

三次元(さんじげん)とは、次元の最終形態とされているものである。一部の科学者の間では四次元も存在すると言われているが、はっきりしたことはわかっていない。

ルパン三世の相棒については、次元大介を参照。


概要[編集]

空間の構造を表す際に、3つの要素が必要な世界を表す言葉である。特に記述のない限り、縦、横、斜めを表す。

しかし、一般的には我々の住む世界を表している。世界を表す世界の名前が世界である・・・なんて説明すると哲学的になるから三次元でいいや。

歴史[編集]

三次元の研究は、夢の世界・二次元へ航海するための研究と共に進められた。二次元の世界と我々の世界を対比するために、便宜上付けられた名称である。

二次元に見えてるだけだろ・・・ユークリッド空間的に考えて。

特徴[編集]

空間の座標の要素が3本である。そのうちの3つを縦横奥行きに使用している。・・・あれ、時間は?

ダークマターと呼ばれる暗黒物質に満ちた空間に、103を超える原子によって構成されている世界である。惑星と呼ばれる球体に、多様な生物が生息している。そのうち、特に知能が高いものは霊長類と呼ばれ、惑星の支配階級にある。

物理法則によって均衡を保たれており、エネルギーの総体は常に一定である。重力、磁力、強い力、弱い力が存在するらしい。一説には、幾重にも世界が重なっており、重力と光と量子のみ移動が可能とされている。

コペルニクス的転回以前は、天と地がきっちり別れていて、太陽と月が空を回っていたらしい。このことに詳しく触れると、ヴァチカンに消される。

女性[編集]

特に2ちゃんねらーの間では、三次元の女性(通称「ビッチ」)を忌み嫌う傾向がある。原因として、近年のマスメディアにおける独身女性を持ち上げる企画や特集(又は異常なまでに童貞を嫌悪する雰囲気作り)、性教育の退廃(例として「童貞処女崇拝の崩壊」などが挙げられる)などがある。また、性格が悪いなどの欠点がある。また、2次元という神聖なものに興味を持つと、3次元の女が悪魔に見えるのである。また群れて行動し、強い能力を持つため、伝説の魔剣士や、その息子である兄弟でも太刀打ちできない。それほど恐ろしいのである。

そんなことより[編集]

「特徴」の項で触れたように、縦、横、奥行き、そしてもう一つ「時間」という次元が存在する。よって、二次元に時間軸を加えたアニメは三次元であると言える。

関連項目[編集]


この項目「三次元」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)