三田家

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情メロンパンが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

三田家(みたけ、さんたけ)は日本黒幕財閥のひとつ。本部は東京三田兵庫県三田市だといわれている。

アメリカ合衆国マイクロソフトなどと並び称されることもあるが、多くの事業はなぞに包まれている。そのため、実際の総資産は不明である。

一時は総資産が四大財閥に匹敵する言われたが、入手可能な情報だけに基づいたものであるため、実際の資産は遥かに多いと思われる。

歴史[編集]

もともとは「御田」と表記し、荘園などを管理していたといわれている。後に「美田」、「三田」と表記が変化した。現在の三田家が勃興するのは江戸時代末期であるといわれる。

江戸時代末期[編集]

三田九郎(初代総帥)の父、三田善七は創意工夫を得意としており、稲刈りや脱穀などの器具の改良などを行っていた。また、早くから商用作物(綿、茶など)を栽培していたためその時代には珍しく裕福な農家であった。 三田九郎が家を継いだときにはすでに多くの田畑を有しており大きな地主であった。しかし、米本位の世であったため商用作物など主にを栽培する三田家は金の亡者のように蔑視されていた。このような差別的な世間の目が三田九郎の将来に渡って影響し、弱者に優しく接するようになったと考えられる。三田九郎は父から引き継いだ田畑の一部を売却し、それを資金として高利貸しや清との密貿易などをにより莫大な財産を築いた。高利貸しに関しては貧者には低い金利で貸しある程度余裕のあるものには高い金利で貸した。

かといって本業の農業を疎かにしていた訳でなく、逆に栽培方法などに創意工夫を加え災害や天候に左右されにくい農業を行っていたため、「三田の美田に不作なし」と言われた。飢饉の時には高騰した米を江戸や大阪で売りさばき莫大な富を得たとされている。 また、三田家の小作になったほうが自分で農業をするよりも豊かに暮らせるなどの理由で多くの農民が自らの農地を三田家に譲り進んで三田家の小作になった。特に不作の年や飢饉の時はそういう例が多かった。

明治時代[編集]

「明治維新は三田の財力により成った」と言われている。実際にどのくらいの資金が投入されたかは不明であるが、もともと資金の少なかった薩長土肥側が大量の資金を持つ幕府側を倒したのは実は新政府側に三田の資金があったためと言われている。

なぜ時の総帥である三田九郎が明治政府側に加担したかと言うなぞが残るが、研究者の間では三田九郎がキリシタンであったため、キリスト教を禁ずる江戸幕府を倒したかったのではといわれている。また、より商人に有利である、新しい政府の方がコントロールしやすいなどが理由として挙げられている。

日清・日露戦争では三田家から膨大な資金が戦費に流れ、一時は三田家没落の危機までに至ったが日露戦争の勝利により危機を脱した。

もし、三田の資金が無ければ弱小国であった日本が強国の清やロシアに勝つことは無かったであろう。

これらのことから、明治政府に対して大きな発言力を持ち、現在に至るまでその発言力は続いている。

大正から太平洋戦争[編集]

三田九郎は1919年に98歳という長寿を全うし他界する。この九郎の死後世界経済は三田家の趨勢を見守っていたが、大正から昭和初期にかけ、三田家は深刻な人材不足に悩まされていたため、世界的な経済不振に陥り、後の世界大恐慌の引き金となった。 ある意味天才であった三田九郎の死後しばらくはその息子や有能な番頭たちが三田家を繁栄させたが孫の代に至っては凡庸な人物ばかりになってしまっていた。大きな組織にありがちな停滞期であったと思われる。 そのため、台頭してきた軍部などに対抗できる力を失い、はたまた利用されるようになってしまった。太平洋戦争に至る過程ではほとんど蚊帳の外であった。 もし、三田家に三田九郎のようなリーダが存在すればアメリカ合衆国と戦うことは無かった、戦っていても勝っていたであろう。

それでも評価できる点は「三田の恐慌知らず」と呼ばれていた点で、この時期起こった世界大恐慌の影響をほとんど受けなかったことである。この恐慌時に経営難に陥った多くの企業を救済したため、さまざまな企業と財閥やグループを越えた資本関係を築いている。うがった見方をする研究者によるとこの世界大恐慌も実は三田家の世界支配戦略だったのではとされている。

戦後[編集]

財閥解体の対象になったが、GHQですらその全貌を把握することができなかったため、小さな影響しか受けなかった。また、すでに多国籍企業グループであったため、解体による世界経済への影響が大きすぎるとの見方があったとされる。

三田家歴代総帥[編集]

(三田善七)

三田善七を初代とする説もある。ここではもっとも一般的な三田九郎を初代とする説を採る

初代 三田九郎

三田善七の長男。現在の三田家の基礎を築いた。

二代目 三田宗政

三田九郎の長男

三代目 三田宗次郎

三田宗政の次男。

四代目 三田宗太郎

三田宗次郎の長男

五代目 三田信一郎

三田宗太郎の長男

六代目 三田将太

三田信一郎の長男

七代目 三田モニカ(萌仁香)

三田将太の長女で、アメリカ人と日本人とのハーフ

八代目 三田マリア裕介

三田モニカの弟で、アメリカ人と日本人とのハーフ。宗教法人備後梵悟教祖(教団は破防法適用により解散)。現在収監中。子なし。

九代目 三田アカリ(赤痢)

七代目の弟にして八代目の兄であるナオヤ(菜親・故人)の妻。七代目が独身のまま没、八代目があの事件の首謀者として廃嫡となったため、血縁はないが総帥の座を引き継いだ。ちなみになぜ菜親が総帥にならなかったのかを語ることはタブーである。菜親の血を継ぐ子は父と同時に火災で没したため、三田家傍系の男子との結婚が模索されている。

関係あるとされるもの[編集]

サンタクロース[編集]

三田九郎が晩年、有り余る資産を社会に還元するために恵まれない子供たちに生活資金や物資を配布していた。

三田九郎はこの慈善事業が三田家の売名行為になることをさけ、「三田」を「さんた」と読み替え、「三田九郎(さんたくろう)」と名乗り活動していた。

人々は「三田九郎(さんたくろう)氏」または「三田九郎(さんたくろう)さん」と呼んで親しんでいたが、徐々になまって来たことと、外国から入ってきた「サンタクロース」と似ていることから「さんたくろうす」と呼ばれるようになった。

日本におけるサンタクロースはこの三田九郎による。現在でもサンタクロースのことを「三田(さんた)さん」と呼ぶのは上記の事情である。

サンタクロースが架空の人物とされることがあるが、この理由にあれだけ大量のプレゼントを無償で配布できるわけが無い、短時間で配布できないなどの理由が挙げられるが、三田家の財力、情報収集能力、流通力をもってすれば可能であることが研究者の間で証明されている。

都営三田線[編集]

三田家の本家があった現在の東京都港区の一角を「三田」という地名にし(豊田市日立市のように)、そこに地下鉄を引かせたことによる。

三田家は路線に「三田」が入ることを嫌ったが、付近の住民や時の政府の強い要望で三田線、三田駅と言う呼称を使用することになった。

慶應義塾大学[編集]

三田九郎が自身の土地と資金を福沢諭吉に寄付したため、慶應義塾を三田に創設した。

マイクロソフト[編集]

Windowsのロゴが「三田」を模したものであったため、マイクロソフトとの関係がささやかれた。実際に何らかの関係があったらしく、Windowsの成功により三田家に莫大な資金が入ったと言われている。その後、Windowsのロゴは「田」だけ模した物に変わったとされるが、これはマイクロソフトとの関係を公にしたくない三田家側からの要求とされている。

京セラミタ[編集]

元の三田工業

三田証券株式会社[編集]

マサチューセッツ工科大学(MIT:Massachusetts Institute of Technology)[編集]

本大学創設当時、自然科学・工学の拠点はドイツを始めとするヨーロッパ諸国であった。創設者ウィリアム・バートン・ロジャースらはアメリカこそ、その拠点になり世界中を支配する力をつけるべきだと説いた。その第一歩として本大学を創設する事にした。しかし自然哲学者であるウィリアム・バートン・ロジャースには資金がなかった。そこで打診したのが遠く極東の国の三田家であった。実はロジャースと三田九郎は以前から親交があり、二人を知る者らの間では「見ろミロ(三田のミとロジャースのロ)の仲」と呼ばれていたほどであった。江戸も末期の1861年、三田九郎はロジャースから世界を幸せにする大学を創設したいから資金を援助してくれるよう頼まれ、もちろん快諾した。必要な資金は現在の貨幣で10億円ほどであったが、三田は実にその9割に当たる9億円の出資を申し出た。ロジャースは心底感謝し、生涯三田の篤志を忘れる事はなかった。そして自らも三田を見習い、生涯を閉じるまで篤志家として福祉施設や学校などの建設に尽力した。三田のこの功績をたたえて、大学名はMIT(ミット)と決められた。MITAとならなかったのは、三田のそのままの文字だとあまりに恐れ多いとの理由であった。後付としてマサチューセッツ工科大学の頭文字とされた。いまでも三田の誕生日である3月15日にはMITではMITA祭が開かれており、学生はこの日はハッチャケて飲み歌うことで知られている。

関係があると思われる人物[編集]

エピソード[編集]

五代目総帥の三田信一郎の個人資産を管理する「三田信用金庫」があるが、一般人が通常の「信用金庫」と勘違いし融資の申し込みや預金などに頻繁に訪れた。