三船敏郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

三船 敏郎 (みふね としろう、1920年4月1日 - 1997年12月24日) は20世紀の最も有名な日本のである。 主に黒澤天皇の直属の将軍として活躍し、「世界の三船」と呼ばれた。一部の識者からは、侍というよりも実は大根ではないかとの指摘もされている。

生涯[編集]

不遇時代[編集]

三船は武士の家系の出身ではない。1920年当時日本が占領していた山東省青島に写真屋の倅として生まれる。中学卒業後すぐに太平洋戦争に駆り出され、偵察任務を主とする足軽となる。1945年に戦争が終結した時、三船は25歳になっていた。彼の貴重な青春は戦争で台無しにされた。三船は世の中に対する不満をくすぶらせた若き失業者となっていた。知人のツテを頼りに、東宝王朝(いわゆる「東朝」である)の祐筆の職を得ようとしたが、激烈な競争がありその希望は叶えられなかった。

黒澤天皇との出会い[編集]

祐筆の夢敗れた三船は、糊口を凌ぐため仕方なく東朝の傭兵部隊の試験を受ける。採用面接において彼は投げ遣りな態度を露にする。面接官であった東朝の公家宦官に向かい、「戦で飯を食うのは嫌です」「戦いたくもないのに戦えません」などとふてぶてしい態度をとる。公家や宦官は彼を落とそうとした。しかし、たまたま面接会場に居合わせた東朝の皇太子(後の黒澤天皇である)は三船の気骨に惚れ込み、皇太子の猛プッシュにより三船は傭兵として補欠採用されることとなった。

天皇との蜜月と初期の戦い[編集]

三船は東朝の傭兵部隊で数年間の戦闘訓練を受ける。その後、正式に即位した黒澤天皇の勅命を受け、三船は各地を転戦することとなる。

三船の名が世間に知られるようになったのは、1950年山岳ゲリラ活動からである。彼は山賊に変装して、旅行中の嘘吐きを襲撃した。妻は手篭めにして寺送りとし、夫とは決闘してこれに勝利した。この模様は黒澤王朝の公式記録映像Rashomon”として全世界に宣伝された。

彼の名を不動のものとしたのは、1954年野武士との戦いである。野武士に襲われ貧窮に喘ぐ農村の百姓達を救うため、黒澤天皇は志村喬大将とした七人の侍たちを派遣する。三船はこのうちの一人であったが、他の六人は武家の生まれであるため、どこの馬の骨とも知れない三船をニセ侍扱いした。しかし三船は百姓と侍とのパイプ役をこなし、間抜けな百姓と仲良くなるなど次第に人望を集める。戦闘では最前線で長刀を振り回し、ふんどし一丁で泥田の中を駆けずり回り、野武士の首領の首を取るなどの大活躍をした。

この功績が認められ、1957年の「蜘蛛巣城の戦い」では三船は大将として一城を任せられる。しかしこの戦いは三船にとって苦い思い出となった。戦いの終盤では大量のが三船一人を襲い、三船は全身ハリネズミのようになるばかりでなく、首に瀕死の重傷を負った。更にメンタルにも大きな傷を負い、死ぬまでPTSDに苦しむこととなる(無謀な戦を命じた天皇に対して三船は初めて不信感を覚え、この敗戦が後の確執の直接の原因となったという意見もある)。

黒澤の親政と三十郎としての活躍[編集]

黒澤天皇は大きな戦果を挙げていたが、経済観念に乏しく、莫大な軍事費が東朝の財政を圧迫するようになっていた。財政問題で東朝宦官と対立していた天皇であったが、1959年に東朝から独立し、いわゆる「黒澤の親政」を開始する。三船は天皇の懐刀として親政を支えた。

三船は「三十郎」という偽名を使い、のたかっていそうな汚い浪人の格好をして全国を回り、世直しをした。 特に1961年の「馬込の戦い」と、1962年の「椿屋敷の変」が有名である。

1961年当時、中山道馬込の宿ばくち打ちならずものに占拠され、彼らの抗争によって庶民の日常は破壊され、無法地帯と化していた。三船は馬込に残った数少ない良識派である居酒屋の親爺・権爺と協力し、ならずもの勢力を一掃しようとした。途中、敵の仲代の持つ卑怯な飛び道具に苦戦し、権爺も敵に拉致されてしまう。しかし、三船は権爺を救いにただ一人で敵中に向かい、10秒で10人斬るという離れ業を見せ、馬込に平和を取り戻した。これを「馬込の戦い」という。救出された権爺は三船の活躍にインスパイアされ、優秀な護衛を見つけて、数年後におせっかいな旅の隠居となる。

1962年には、旅先のとある汚職を暴き、当地の若者達を扇動し(若者達の中には若大将青大将もいた)、椿屋敷をアジトとする悪者一味を壊滅させた。お約束どおり、若者達が敵に拉致される危機を迎えたが、三船は頭脳的に敵の懐に潜り込み、敵の警備兵20人弱を一気に斬り伏せる鬼神のような活躍を見せる。また、敵の参謀・仲代との一騎打ちも有名である。これを「椿屋敷の変」という。

三船の奇行と天皇との確執[編集]

相次ぐ戦いによる重圧と緊張のためか、この頃から三船の奇行が各地で伝えられるようになる。 を飲んでは黒澤天皇の悪口を言い、寝言でも天皇の悪口を繰り返し、往来で「黒澤の莫迦野郎!」と叫ぶ姿を度々目撃されるようになる。また、宮中に乱入して「黒澤!出て来い!」と奇声を上げながら日本刀を振り回す、別の日には夜中にコッソリ侵入して大極殿の入り口立小便をするなど、許しがたい狼藉も噂されるようになる。

一方の天皇も、長年の三船との関係に飽きて、新たな将軍を探すようになる。例えばかつて三船と激闘を繰り返した仲代や、後に天皇と大喧嘩することになる盲目の侠客などに積極的にアプローチをするようになった。

1965年、天皇は三船に医者の変装をしてならずものたちを素手で倒す仕事を命じる。これが天皇からの最後の勅命であった。

幕府の設立[編集]

1966年、天皇との関係が冷めた三船は、今までの輝かしい功績を引っさげて成城幕府を開き、自ら初代の将軍となる。ここに三船は名実ともに武家の棟梁となった。

率先垂範をモットーとした三船は、将軍となってからも自らの手で世直しに出かけた。例えば「峠九十郎」という偽名を用いて日本全国の悪者を退治した。 多く海外からの援軍の依頼も受けた。アラン・ドロンチャールズ・ブロンソンなど、異国の名将達とも知己となった。

一方その頃、三船と別れた黒澤天皇は米国との戦争準備をしていたが、ド素人に水軍を指揮させるなどの迷走をした挙句、1968年には米国の狐軍団に天皇の最大の欠点であるぶっ飛んだ経済感覚と幼稚な兵站を集中的に点かれ、マトモな戦闘が始まってもいないのに壊滅状態に追い込まれるという生涯の痛恨事を味わっていた(三寅事変)。天皇自身にも奇行が目立ち、1971年には風呂場刃物遊びをしている所を発見されるまでに至る。天皇に対し愛憎半ばする三船は、三寅事変におけるド素人の起用や人材活用の拙さを痛烈に批判し、ド素人のやった仕事は自分がやるべきであったと暗に主張した。その一方で酒宴を開いて天皇を暖かく励ますなど、天皇にちょくちょくちょっかいを出していた

幕府の衰退と晩年[編集]

幕府設立後の三船は「世界のミフネ」と呼ばれ民衆の尊敬を一身に集めていたが、幕府の運命は1979年に突如急転する。内紛があり、重臣達がゴッソリ引き抜かれ、幕府は急速に衰退を始める。

そんな三船に追い討ちを掛けるように、彼自身のスキャンダルが報じられる。彼が密かに側室との間にを設けたというのだ(この側室はどうも売れない大根であったとの噂があるが定かではない)。更に三船は正室に家から叩き出されるという醜態を演じる。人々の畏敬の眼差しは下卑た好奇の視線に変わり、人望も急速に失った。

晩年はかつての雄姿は見る影もないほど衰えた。一説では黒澤天皇が三船の生き血を吸い尽くしたとも言われる。1997年12月に英雄は波乱万丈の生涯を終えた。ここに幕府は実質的に一代で滅亡した。年の瀬の忙しい時期という事もあり、訃報は国内ではひっそりと伝えられ、むしろ海外で大きく報じられた。

性格[編集]

黒澤天皇の公式記録映像に残る彼の戦場での雄姿は、全く男性的で、少し汗臭そうでもある。 居合い術達人でもある彼は、己の腕っ節だけを頼りに単騎突撃して敵を壊滅させるという 戦闘スタイルを好み、中年以降も率先垂範の姿勢を堅持した。その単純明快さが世界からも愛された理由である。 しかし、実際の彼は性格的には繊細で小心で几帳面で神経質で潔癖症な人間であった。

実際、彼の傭兵時代の特技はお裁縫であり、支給品の毛布からズボンを縫うなどかなり器用な所を見せた。黒澤天皇配下の「三十郎」時代には、戦場まで豚汁を作って差し入れるなど気遣いの人でもあった。また、足軽たちの荷物運搬を率先して手伝ったとも言われる。黒澤天皇配下きっての名将であるにもかかわらず、足軽たちからも敬意を込めて「三船ちゃん」と呼ばれ、愛された。 幕府を建ててからも、三船将軍自ら本丸のを掃除した。また、自室には塵一つなかったといわれる。配下の重臣から足軽に到るまでその家族を温泉旅行に招待するなど、相変わらず気遣いの人であった。 また、傭兵時代から使い古したカバンを一生大事に使っていたとも報告されている。

しかし、を飲むと性格が豹変し、大声で怒鳴り、奇声を上げて騒ぎまわり、時には凶器を振り回すこともあったという。上述の通り元々三船は祐筆などの地味な裏方志望であった。華々しい戦場での活躍は彼にとってストレスであり、彼のデリケートな神経を傷つけ、鬱憤を酒で発散しようとして奇行を繰り返したのかもしれない。

大根なのか?[編集]

三船は実は大根であったという説がある。

無精ヒゲを生やし泥まみれになって戦場を駆け回る彼の姿は、確かに地面から掘り起こされたばかりのヒゲだらけの泥付き大根を思わせなくもない。また、彼の戦場でのバリトン・ヴォイスは確かに聞き取りにくく、野太い声で怒鳴るだけの一本調子な喋り方は、どことなく根菜類を髣髴とさせるかもしれない。

しかし、三船は誇り高い侍であり、断じて大根ではない。とはいっても、彼と正室との間の子や、彼の側室、及び側室との子は、どうも大根で間違いないという評判である。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三船敏郎」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「三船敏郎」の項目を執筆してくれています。