三重殺

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「三重殺」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「三重殺」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「三重殺」の記事を執筆しています。

三重殺(さんじゅうさつ)とは、一対三で数の優位を保ったまま戦う戦術もしくは一対一の際三連続でダメージを与える技である。三重県が発祥の地[要出典]

概要[編集]

名前の通り、息も吐かせぬ三連続攻撃を繰り出すのが三重殺である。その攻撃は生身に限らず、織田軍の三連鉄砲隊や黒い三連星のジェットストリームアタックもまた三重殺の変形となる。変わった所としては大魔王バーンの「天地魔闘の構え」が挙げられる[1]

一対三における三重殺の初撃は相手の意識を引き付けるためであり、二撃目に「意識を集中させればギリギリ避けられる攻撃」を放って次の動きを限定する。そして三撃目で確実に仕留めるのである[2]。例えば初撃で後ろへ飛び退き二撃目を左に動いてかわしたとして、その逃げた先へと攻撃が放たれていれば当たりに行くこととなる。上にあげたジェットストリームアタックも、拡散ビーム砲で前進を封じ背後からバズーカを撃って左右どちらかへの回避を強制的に選ばせたのち逃げた方へビームサーベルで斬りかかるのである。

一対一の場合は「打撃で怯ませ関節を極めてそのまま投げる」という手法が有名である。これは格闘漫画「THE MOMOTAROH」でも「ストライクスリー」という名前で登場している。ただでさえ打撃のダメージがある上に関節が極められたまま投げられれば深刻なダメージは確定。

三重殺が何故「三」なのか、それは人間の手足が二本ずつであることに起因すると言われている[要出典]。一撃二撃は手で防ぐなり足で払うなり出来るが、三回目は止めにくいのである[3]。また三という数字はそもそも波乱を呼びやすいい数字であるためその言霊を狙ったという面もある。

性的な三重殺[編集]

乳圧による三重殺の例。もうどうなってるのか分からないかもしれないが三重殺である。

性の世界においても三重殺は存在する。一対三でかかる場合は別名を「三輪車」と呼び、三名が代わる代わる仕掛けてくる非常に対処が難しい戦術である。ただ相手側にしてみれば労力がかからない方法でもあるが。また店舗で行う場合は身体より懐が致命傷を受けることがある。当然料金は三倍プラスアルファとなるので、福沢の大先生がダース単位で去ってしまうことさえある。

一対一の場合は三所責めとも言い、両手と口(舌)を用いた責めを言うことが多い。乳首を指で弄びつつ逆側に舌を這わせ空いている手で棹をしごく、という形式が一般的である。店舗以外ではまず行われないが、下手に個人で行うとビッチ扱いどころではすまない事態になるので注意が必要となる。

脚注[編集]

  1. ^ 正確にはカウンター技だが、受け止めて打撃を食らわせて魔法で締める三重殺である。
  2. ^ 狩猟も三連ではないが同じようなもので、上手く逃げ道を封じるのが重要である。
  3. ^ 計4本あるじゃないか、と思う方は右手で一人目の竹刀を受け止めつつ左足で二人目のローキックを迎撃して頂きたい。ここに次が来たとして、防げますか?

関連項目[編集]