出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Walkingmonkey.jpg
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

(うえ)とは、日本各地で生存が確認される人物である。

目次

[編集] 概要

上様御用達なり。

商店や喫茶店での領収書に、よく「様」と書かれるという例が数多くあり、必ず何処かにいるはずであるが、目撃例がまだない。表札でも見かけず、タウンページに載っていないため、とても引っ込み思案な人であることが分かる。そもそも日本人の〝周囲との同一化〟により、「自分の苗字も『上』にしよう」という人が増加傾向にあり、銀魂主人公坂田銀時もその一人。そのせいで、ますます「上」発見の捜査が難航している。

また過去に、一部で将軍に向かって「上様」と呼んでいたことから、将軍様も「周りと一緒になりたい」という気持ちがあった事が窺える。

[編集] 性格・特徴

位置的に自分たちより高い所に存在する。
自分より高い位置にいることは確かなのだが、なかなか見つからない。
多方面において能力が高い。
「もっと上を目指せ」と上司や教師が言うことから、とても秀才な人物であるらしい。
涙がこぼれるのを防ぐ。
上を向いて歩こう」の歌詞にあるように、上という人物は涙がこぼれるのを防ぐことができる。

[編集] その他

[編集] 他の読み方

「上」という字には様々な読み方があり、高いという意味を関連される「うわ」「のぼる」「あがる」などの言葉にも、この漢字を当てている。更に、いつも遙か高い場所にいるので、「上」を「かみ(ネ申)」と言うようになった。それに加え、「上」は神と同じく情が深いに違いないと、「じょう(情)」を音読みに当てた。これは名誉な事である筈なのに、とても恥ずかしがり屋なのか、一向にその姿を現す気配がない。

[編集] 辞典に載っている「上」

ウィキペディア広辞苑などの辞書に「上」に関する記述があるが、あれはであり、「上」が未発見のため、無理矢理こじつけたものである。また、「上」という漢字は指示文字だと言われているが、本当は上という人物の姿に模した象形文字である。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語