上意下達

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

上意下達(じょういかたつ)は、トップダウンとも呼ばれ、組織の最上位者が全てを判断、決定する方式であり、民主主義に対して極めて迅速性・一貫性に富む経営方式である[1]

完成度[編集]

民主主義がたかだか200~300年程度の歴史しかないのに対し、この方式は数千年の歴史を誇り、完成度が高い。

例えば、トップに権力責任が集中すると思われがちであるが、手柄は権力とともにトップのものとなるが、失敗の場合の責任は巧妙に下位の者に委譲され、尻尾は切られても頭には累が及ばないようになっている。

衆愚政治である民主的議決では手柄の取り合い・責任のなすり合いが発生してしまい、見苦しいったらありゃしない。

欠点[編集]

とにもかくにもトップの資質に拠る。

始皇帝の高いカリスマ性やチトー大統領の厚い人望などは個人の資質であるため、代替わりが組織の崩壊に直結してしまう。さらにトップが馬鹿だと目も当てられない。アドルフ・ヒトラーのようにキ○○イであったり、徳川家斉のように子作りしか興味がなかったりすると、組織体制そのものが否定される方向に向かってしまい、反動的に衆愚政治を生み出しやすい。

また、家来の行動規範が「上が言ったから」になってしまうなど、バカの育成に高い効果が得られる。

脚注[編集]

  1. ^ ただし、トップ本人の迅速性・一貫性に依存する。

関連項目[編集]