下屋則子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

下屋 則子(したや のりこ、1982年4月22日 - )は、業界屈指の同性愛主義者・松来未祐所属で名高い81プロデュースに所属する、とても地味な女性声優…かわいそうです(´;ω;`)…だがそれがいい。則ちゃん・のんちゃん等の愛称があるが、最近では地味な子で統一されている。苗字が示す通り、主役の脇を固める縁の下の力持ちのような御仁。なお、『伸び悩んでいる』とか『消えかかっている』とか言っちゃ駄目!!

来歴・人物[編集]

神無月の巫女の来栖川姫子、Fate/stay nightの間桐桜など痴女役が有名。その様なアクの強い役を演じた為、アニメと現実の区別がついていない声優オタから、『下屋本人もちょっと変な人なのではないか』と妄想を抱かれる事に…かわいそうです(´;ω;`)。なお、ウィキペディアの彼女の記事はそれらのオタの悪意によって『不思議ちゃん』、つまり『頭の弱い子』を思わせる様なエピソードが羅列されている。ウィキペディアンの程度の低さ、悪辣さがよく分かる。

ラジオなどで天然を思わせる発言をしていたのは事実のようだが、これは下屋のキャラ作りの一環である。しかし、この業界には金田朋子松来未祐等、キャラの濃さでは他の追随を許さない強豪女性声優達はわんさかおり、キャラ作りしてもなお地味な下屋は個性の強さでは彼女達には到底及ばなかった。また神無月の巫女を契機に、相方役の川澄綾子エトワール百合営業を試みたが、川澄には既に能登麻美子という百合営業上の正妻がいる上、側室にも錚々たる面々がいた為、下屋の介入する余地は無かった…かわいそうです(´;ω;`)

生天目仁美佐藤利奈広橋涼とともにKAT-TUN会、またの名を軍団生天目なる秘密結社を結成している。これは声優ユニットでは無く、気まぐれな生天目が即興で作った仲良しクラブ(?)の様なモノだが、下屋にとっては売れっ子の生天目・佐藤・広橋らとセットで自分を売り出す好機であった。だが、軍団生天目としての目立った活動はオトメディウスしか無く、結成早々形骸化してしまっている…かわいそうです(´;ω;`)

それなりに名が知られることとなった神無月の巫女の後、ブレイクしそうな兆候が幾度か見られた(らしい)が、すべて不発に終わった。『作品に恵まれなかったせいで伸び悩んだ』と彼女のファンは解釈している故か、今ではすっかり脇役・地味声優が板についてしまっている…かわいそうです(´;ω;`)黒神の主演も決まってはいるが、地味からの脱却は多分ないだろう。

ただ、元々あまり派手に売れてなかった為に落ち目の謗りも受けることも無く、コンスタントに(でも今期は少しヤバイ)仕事があるので案外良いポジションにいるかも知れない。

主な出演作品[編集]

エイリアン9(遠峰かすみ役)

このOVAがデビュー作。その意味不明な最終回から彼女の声優歴が決まったと言っても過言ではないw。

マリア様がみてる(桂役)
影が薄い、苗字がない事などで有名な不遇キャラ。下屋の後の運命を予感させる役である。
神無月の巫女(来栖川姫子役)
代表作。当時は『これだけの一発屋で終わる』等と言われていた。
後に、番外編・京四郎と永遠の空が制作され、同様な立ち位置のキャラ・ヒミコを演じている。
ロックマンエグゼBEAST(トリル役)
子供向けアニメのレギュラーキャラという何とも美味しい役。
しかし、オタ向けアニメで無い、というかオタクからボロクソに叩かれていたアニメであった為に声優人気には直結せず…かわいそうです(´;ω;`)
Fate/stay night(間桐桜役)
新ジャンル『キモウト』開拓者一号。
更に、おっぱい要員のスキルも所持している。
但し、待遇は芳しく…かわいそうです(´;ω;`)
デュエルセイヴァー デスティニー(当真未亜役)
新ジャンル『キモウト』開拓者二号。
一号と違って、こちらは主人公と血縁疑惑がある事以外は…かわいそうです(´;ω;`)
コヨーテ・ラグタイムショー(チェルシィ役)
吹替え等で広く活躍する実力派声優・湯屋敦子の相方を担当。製作側からも実力者と評価されている証である。
但し、この作品自体はちょっとアレな出来だったので、ブレイクの切欠にはなりませんでした。
かみちゃまかりん(九条姫香役)
事務所の同僚愛人が主演するアニメで、典型的薄幸少女担当。
どうやら、ブレイクの切欠としても薄幸だった様で…かわいそうです(´;ω;`)
絶対可憐チルドレン(末摘花枝役)
目を盗む能力を所持する、蕾見不二子の使い魔
この能力を使ってやっている事がXXXXXとは…かわいそうです(´;ω;`)
鉄のラインバレル(新山理沙子役)
能登使い魔と化した、早瀬浩一の幼馴染。
某宗教団体の圧力故か、出番の割には待遇が…かわいそうです(´;ω;`)
オトメディウス(エリュー・トロン役)
KAT-TUN会最大の戦果と言われる、萌えるシューティングゲーム。
貧相な体形のナンバー2』と言う、お約束に忠実な仕様となっている。
クロスゲーム(月島紅葉役)
主人公の幼馴染である月島4姉妹の末っ子。末っ子だがロリ要素も『キモウト』要素もない。原作・あだち充じゃあなぁ…
明らかに出番は長女・はてなようせい次女・カンダさん三女・ナギ様(ハヤテじゃない方)に食われがち…かわいそうです(´;ω;`)
ファイナルファンタジーIVDS版(リディア役)
今更説明不要の腐朽の名作。リメイ糞なんて気にしないZE!
リディアなんてFF好きでも1、2を争うほどの超人気キャラをやらせてもらうことに。これによって下屋を知った人も少なくないと思うわけです。しかし、非オタからも知名度の高い作品に露出するってことは「アニオタウゼー」「下屋って誰よ(プゲラ)」って目にも遭うわけです(´;ω;`)。でも、主人公セシル役の程嶋しヅマに至っては、声オタやアニオタでさえ「こいつ誰よ??」という評価(それ以上に早速神業的棒演技で注目されてます)なので、それより3倍以上マシだな…と思うぐらいしか慰めようがないです(´;ω;`)。
そしてこのリメイクですが、致命傷レベルのバグもあり評判は散々でした。比較的ヒットしたディシディアにも出られなくてかわいそうです(´;ω;`)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「下屋則子」の項目を執筆しています。


Yuichi Nakamura.jpg この項目「下屋則子」は声優に関連した書きかけ項目です。この項目に加筆する場合は、あなたのお気に入りキャラ中の人の生態が連鎖的に暴露され、あなた自身が抱く幻想の崩壊や黒化を招く事を覚悟して下さい。 (Portal:スタブ)