不治の病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「不治の病」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。

不治の病(ふじ-やまい)とは、彼女もでき、仕事あるいは学業がうまくいっている時に襲う病。その逆もあるが、両方とも治療法はなく、余命半年程度を宣告されることが多い。直ることはなく、仮に直ったとしても車いす生活となる。そのため、リア充特有の病ではないかという説や、非リア充からの呪いという説などがあるが真実か否かは定かでない。

概要[編集]

正確なことは不明だが、おそらく平安京時代からあったものと思われる。この病が表立ったのはテレビ放送で情報が広まりだした昭和20年代後半とされる。その後、一時は病が確認できなかったが、昭和50年代から次第に発覚するようになる。

その後、バブルが崩壊するなど波乱の経済だった日本だが、不治の病の感染者数は年々増加し、現在でも非常に多い羅患者数が増えているとみられるが、平成23年まで発表していた総務省が発表を終えたことから、明確な数は分からないのが現状であるが、平成25年から26年に各テレビ局が患者のドキュメンタリーが増えているため、依然として患者が多いことが窺い知れる。

病の詳細[編集]

病の詳細は研究者が増えていても未だにわかっていない。症例としては「彼女ができたら足がいたくなった。気にしなかったが病院に行ったら難病と宣告され足を切断され、さらに余命宣告された」といった例や「女と両思いになったら難病にかかった、「難病にかかっていたが彼女ができた。しかし街で倒れた」などの例がある。これ以外にも10000近くの病例が総務省や、テレビ局などに報告されていて、今後も報告件数は増えると思われる。

また、病の事例を多くの研究者が知ることも特徴である

関連項目[編集]

Bouncypotato.gif
この記事「不治の病」は何故か「難病」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。


この項目「不治の病」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)