不確定性原理

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「不確定性原理」の項目を執筆しています。

不確定性原理(ふかくていせいげんり)とは科学の最重要原理のうちのひとつであり、その内容は要約すると「物体は誰かに観測された時点でその場所に存在しなくなる」というものである。

一見奇妙にも思える原理だが、あの相対性理論と並んで科学界を支える理論である量子論でしっかりと言及されている事であり、これを認めないような科学者はごく少数で、またその少数も他の科学者からは人間扱いされてはいない。

目次

[編集] 素朴な疑問

Q.「誰かに見つかった時点でその場所に存在しなくなる」ならばこの記事自身読めないはずじゃないんですか?

A.気付かれてしまったからには仕方ない。残念だがアナタには死んでもらう。

死亡確認.jpg 死亡確認
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

[編集] 日常に潜む不確定性原理

不確定性原理はありとあらゆる物質にはたらくので何ものもこの原理の影響を受けない事は出来ない。それゆえこの原理は日常にたくさん潜んでいる。

たとえばかくれんぼをしていて、ある草の後ろが「え、もうこれ明らかにそこにいるだろ」という位ざわざわしているのに、見に行ったらいなかった、という経験はないだろうか。これは不確定性原理によって簡単に説明できる。すなわち見る前まではいたのであるが、見てしまったことによりそこにいなくなってしまったのである。そのまま気付けば夕方になって大声で名前を呼んでも誰も出てこない場合も、これは不確定性原理のなせる技である。

夏休みの宿題のいいわけとしてもこの原理は有効である。堂々と学校に登校し、先生のいる前で鞄の中を見て大袈裟に「あ!たしかに朝入れたはずの宿題が無い!・・・そうか、そうか、不確定性原理によってなくなってしまったんだ。」としたり顔でいえばよい。何か言われても不確定性原理に話をずらせばなんとか切り抜ける事は可能であるし、場合によっては「おいおい、先生の癖にこんな基本原理も知らないのかよ」というオーラを醸し出して勝つことも出来る。ただしあからさまにやると愛の力で一蹴される可能性があるから気をつける必要がある。この作戦のすごいところはもしかしたら本当に鞄の中に宿題が入っていたかもしれない事である。無論本当に入っていたかは生徒本人にもたしかめることはできない。

[編集] 歴史上の不確定性原理

不確定性原理は歴史的にも大きな影響を及ぼすことがある。たとえば年金の問題が不確定性原理によるものである事は非常に有名な話である。これは正確に説明すると、紙に書かれたインクが不確定性原理により、最初書いた位置からゆらいでしまったためである。

アメリカとビン・ラディンエクストリーム・かくれんぼをやって遊んでいるのも、不確定性原理によりビン・ラディンがどう頑張っても見つからない事をアメリカの偉い方たちは知っているからである。かといってそれを公に口に出してしまうと興がそがれてしまうので、もしかしたら見つかる可能性があるかもしれない、ということにして遊び続けているのである。

バミューダ・トライアングルも歴史的に特に大きく不確定性原理が働いた例として知られている。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 関連項目

以下の記事は確かに存在しますが、不確定性原理によりあなたがクリックした瞬間に、サーバー上から消えてなくなるかもしれません。

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語