世間

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「世間」の項目を執筆しています。

世間とは、かつて日本国内において天皇に匹敵する存在として尊ばれていた偉人である。

概要[編集]

元々は仏教用語で「悟りに至らない存在」を指す言葉だったが、悟りに至っていない人間というのは社会の九割九分が当てはまる為そこから転じて「社会全体に影響を与える存在」という意味で用いられるようになった。その威光は日本社会全体に及び、特に年配の方からは「世間様」と呼ばれる事が多い。

世間は日本社会について「安定した、平穏無事な生活」を求めており、そこから外れようとする人間がいると眉をひそめるとされる。顔も上げられない程尊い存在である世間にそのような事をさせるのは大変に無礼であるため、周囲は「そんな事をしたら世間様に顔向け出来ない」と言って諫めるのである。また常識を弁えないような行動を取る人間に対して「世間様に笑われてしまう」と言うのも、世間の威光を借りて常識教育を行ってきた名残と言えるだろう[要出典]。尚世間自身が実際に制裁を下したりする例はないが、周りが「世間様に変わって行いを正す」ということで制裁を下すことは往々にしてある。

このように世間の存在は社会の安定に不可欠だが、日本以外の国では世間のように道徳基準となる個人はほとんど存在しない。強いて言えばなど宗教的な存在がそれに相等するものの、社会全体を取り仕切るとは言えない。宗教的な価値基盤を持たない日本だからこそ、世間という絶対者が必要とされたのだろう[要出典]

現代社会と世間[編集]

しかしながら、21世紀を迎えた現代日本では世間の威光も曇り勝ちとなっている。若い世代は世間がどう思おうと何処吹く風、下手をすると「世間って誰?」と言い出すような無粋漢も珍しくない。これは社会通念としての「基盤」が失われつつあるということであり、由々しき自体である。同じように権威を失っている「御天道様」らもこれを危惧し、世間の権威を取り戻すべく活動しているというが結果は芳しく無い。

道徳は個人個人が内面で育むべき、という考えもあるが基本的に人間は「教わらなければ分からない」生き物である。世間のような「目上の人」を意識して、背筋を正して生きるというのも今の日本には必要だと言える。

関連項目[編集]