中華補完計画

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
習近平.jpg
彭麗媛の夫
貴方を見ている!
中華人民共和国のチャイナ・セブンは認可します。
この文章の内容は中華人民共和国中央人民政府を通じて十分な内容と審査され、蟻族なる中国人民と中国共産党の党員に見せることが出来ます。
内容が思想に反して罪を犯すと思うのなら、自分で公安局に行って自首しなさい。
さもなくばチャイナ・セブンが貴方を捕まえて河蟹します!!

中華補完計画(ちゅうかほかんけいかく)とは、中華人民共和国中央人民政府及び、中国共産党の極秘任務事項。詳細は下記で説明する。

[編集]

中華人民共和国での異常なまでの人口増加に伴い将来のために中華人民共和国全土の食料・資源や国土を確保するため、中国で余分に余った中国人を世界各地に移住させ移住先を植民地化するという、中華思想の現実化の為に考え出された計画である。


計画
[編集]

第一計画は、近隣国へスパイを送り込みやがて攻め入り植民地化する計画だった。計画としてまず中華民国を植民地化し、続いてモンゴル朝鮮半島、最終目標として日本を植民地にする事が目標である。現実的にはモンゴルは悪条件な気候で魅力的ではなく、朝鮮半島は現住民族の民度上の問題であまり好ましく思われていなかった。最終的に残ったのは中華民国と日本だけである。2008年には中華民国で馬英九による中国共産党の傀儡政権を樹立させて植民地化した。日本も2009年に、我々が1960年代から大量の資金と人員を注ぎ込んで造り上げた地球市民率いる中国共産党日本支部自由民主党から政権を奪取、2011年には3.11.クーデターで傀儡国家である日本人民共和国を建国した為に、計画は完遂している。


計画
[編集]

第二計画は、中国に在住している少数民族を追い出し国土を広める計画だったが、中国共産党内の少数民族議員からの反発と、チベットでの反乱によって失敗に終わった。しかし、2009年にはウイグル自治区での少数民族削減に成功している。


計画
[編集]

第二計画は、中国に在住している余分な低所得者や貧困層を近隣諸国に移住させる計画を密かに進めている。その近隣諸国で目標とされているのが日本であるが、実態は不法移民と変わらない。なぜ、日本が目標なのかというと、近隣国であること、移民にまぎれてスパイを入国させる事ができる、移民となる中国人は全て日本の税金でまかなえるため日本の国力を衰退させる事が可能である、などの理由が挙げられる。ちなみに、この計画は一番お金が掛からない方法で実行できるため、中国共産党はこの第三計画に重点を置いている。


計画
[編集]

当局の検閲により削除されました


項目
[編集]