出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

(ちち)とは、哺乳類固有の「幼生(乳児等と呼ばれる)への免疫投入剤や成長促進剤の役割を果たすもの」で、時に酪農用に飼われる山羊などからの恵みであり、時に歴史を塗り替えるほどの武器となりうる、永遠のロマンである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

概要[編集]

腕部から胸部に掛けて存在する乳腺より分泌される液体の事を指すが、はこの機能が殆ど退化しており、授乳と言われる行為はの役割である。但しごく希に雄からも分泌される事があるが、これはホルモンバランスに異常がある為ではないか、として研究が進められている。 また、乳児は最初の授乳によって生きる為に必要な免疫を受け取るとされる。

授乳の期間は種によって異なるが、短くて数週間、長くて1年程度は乳によって栄養を補う事になる。ヒトの場合、乳の出ない雌に代わって乳母と呼ばれる存在が授乳をする事もある。

乳頭の個数も種によって2個~10個などと異なるが、ほぼ偶数個の対になる状態で存在する。人類の場合、胸部に一対の大きな乳房を持ち、また腕部の付け根部分とそこから胸部にかけての乳腺の存在する位置に退化した乳房の跡を持つ事が確認されている。

真実[編集]

哺乳類に生まれたからには、乳は永久に忘れることの出来ない母の味であり、これは性差に関係しない。であろうと乙女であろうと同様である。

以前の日本には「性差は隠されて然るべきもの」という文化はなく、温泉と言われる場所や、庶民にも風呂が流行した江戸期などの文献では、混浴と言われる「男性も女性も一緒に入るスタイル」が常識だったとする記録も残されているが、明治期になって西洋文化が浸透するにつれ、「性器は異性に対して秘匿するもの」という新たなスタイルが定着した。

これに伴い、神社と言われる宗教施設にて執り行われていた、本来は作物の豊穣を祝い祈祷する意味があった女性器を奉るなどは廃止された(但し男性器を奉る祭はその後も残された)。この政策によっての怒りに触れ、日本の食料自給率が低下したのではないか、と見る研究家も数少なくではあるが存在する。

その後時代が進むにつれ、女性をイメージさせるものとしての「乳首」も露出度を控えるべきだとPTAからの抗議を受け、テレビなどでの露出は激減させており、現代においては子どもが見る事が殆ど無い「サスペンスドラマの中での温泉シーン」などでしかお目に掛かる事は無い。

だが、生まれて今まで「一度も乳を見た事がない」という人間はそうそうお目に掛かれる者ではなく、また「ありのままの人間像ではない」という写実主義派からの抵抗も今なお根強い。

乳に秘められたパワー[編集]

乳には以下のような数々の効果が秘められている。

  • 免疫賦活剤
  • 成長促進剤
  • 精神安定剤
  • 気分高揚剤
  • 精力増進剤
  • エコだエコだと言う彼氏が~…、Hカップ見たさに~…、電気つけっ放しーっ!

 あるんじゃないでしょうか(。人。)

関連項目[編集]


この項目「」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)