予想外

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「予想外」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

予想外(よそうがい)とは、もともとただの熟語であったものが、主に何の罪もなく、物言わぬ犬を勝手に編集してCMに使うと言う、あくどいケータイ会社のソフトバンクによって捻じ曲げられた言葉であり、社の合言葉である。しかしまだまだ将来性という希望を持つ言葉でもある。初代使用者は予想GUYである。さらに初代CMでは幼女に抱かれる光景が見られているため、教育上ふさわしくないと当然誰もが言う。

一般人の使い方[編集]

主に日本で使われる。

予想していなかった出来事が起こった場合
~とは予想外でした
家の水道が止められている場合
水道が止められているので予想外をお許しください

ソフトバンク社員及び流行に敏感な者の使い方[編集]

発するタイミングは一般人の使い方と同じだが、節々にそれと分かる特徴が出ている。これを見つけた場合さり気無く後ずさりし一定の距離を保つ必要が出てくる。何故なら狂信者はたいていの場合親戚から顔見知りまであらゆる知人に入信を進めるものであり、またそれを絶対に正しい行為だとも信じているからである。また中高生も無意識のうちにこの言葉を使用するように刷り込まれているためやはり避難が必要になる。

変化[編集]

  • 必ず無駄に丁寧な現在形(予想外です)
  • 「です」は「デス」またはと片言風に発音する。「DESU」「DEATH」と発音すれば尚良い。
  • 五分間に一回は使う
  • 何も考えずに言うことも

使用[編集]

宣伝するとき
(何かにつけて)予想外デス
(何かにつけて)予想外割デス
驚いたとき(刷り込み)
予想外デス。

現在は社のCMで、兄さん役の黒人が言う言葉になったり、お父さん役の犬が「予想外犬」として使われている。 まあ、この言葉だけでは大声で急に言わないと、笑われることはおそらくない。刷り込みの犠牲者となった子供たちは笑いをとろうとした場合にこの言葉を使うことが分かっている。

PL法と予想外[編集]

日本において、製造物に関する欠陥等の障害については、過失の有無を問わない厳密責任の姿勢をとっている。この事実はPL法に基づいている。しかしながら、実際に欠陥が発生し消費者に何らかの不利益が生じた際、この「予想外」という言葉を唱えるだけで、責任を免除できる確率が飛躍的に上昇する。 その理由として、製造物責任法第四条一項の記述が挙げられる。 内容を要約すると「もの作ったときの使った技術とか、今になっちゃヤバいことわかるけどー、あんときは科学とか追いついてなかったし、わかんなかった。そういうときは責任なしよ。」ってことである。つまるところ、なにかしら製造物ので事故が起ころうが(たとえそれが死亡事故であったとしても)「当時の技術ではこのような事故が起こることは予見することは不可能であったということもあり、予想外としかいいようがありません」などといった趣旨の言葉を発すれば責任は免除されることが十分にありうるのだ。

確かにこのような条項が無ければ技術の停滞を招く可能性は大きい。それに、内容的にも不可抗力と取れないこともない。しかし、人は嘘をつける。これを忘れてはならない。そして人は自主的に責任を果たそうと努力することができる。これも忘れてはならない。

逆の使い方[編集]

予想内という言葉もあるが、想定内と使う馬鹿マジ一般人の勢力と豚舎の主(減量)のために、死語となりかけている語である。

関連項目[編集]