予言

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
予言1

あなたは今、この文を読んでいる。


予言2
あなたは今、当たり前やないか!と思っている。

予言(よげん)とは、経験知識によって未来予測とする無謀な徒労である。
そんな戯言を聞いたり話したりする暇があるのなら、一刻も早く勤務労役に励み、その報酬を救世主オスカー・ワイルドに捧げるべきである。

目次

[編集] 概要

予言とは、広義の予測に含まれる物と、偶然的中した予想の格言化のどちらかである。一般には神秘的な力によって未来を予見しているように見せかけるため、愚かな大衆の中には馬券で当たりを取ったり、あるいは宝くじを当てようと、様々な方法を試しているが、元よりそのような現象は無いので徒労に終わっている。

一般の無知蒙昧な大衆の場合、予言は科学的では無い神秘的な力によって成されていると固く信じられている。このためを気取るほどにヒマで低能な人間は、しばしば「予言ごっこ」を行い、中にはあまりに具体的に妄想を述べてしまったため、外れた際には、大衆の格好の娯楽として、馬鹿にされたり楽しまれたりしている。

[編集] 予測

科学的な裏付けのある予測としては天気予報があげられる。大抵の人は当たらないと不平不満を言いながら、実は天気予報を当たると思っているツンデレである。しかし、実際には確率上どうしても予測が的中しない事がある。この場合、科学的かつ「当たる」と思っているが故に、ツンデレ共から天気予報士が非難されるハメになる。

逆に、スポーツ解説者が統計的分析を駆使したワールドカップ優勝国事前予想を外したところで、目くじらをたててスポーツ解説者を罵倒する者はまずいない。何故なら、スポーツ解説者の予想など実は誰も気にしていない。心底では当たると思っていないからである。

よって、賢いが社会的信用は最初から期待していない者は、自身の予測を「予言」と吹聴する。こうすることで、例え外れても非難される事も損害賠償を求められる事もないからだ。

[編集] 予想の格言化

「○月○日に○○が起こる」といってしまった場合、期日にその現象が起きなかったら、この予言は長く人の記憶には残らない。一方、当たった予言、特に、尊敬されるような人物の予言だけが記憶として残る。この蓄積の結果、成功した予言だけが残る、いわば日本経済新聞の「私の履歴書」状態となるのだ。こうして、偉人が犯してであろうトンチンカンな予言やエピソードはかき消され、残った素晴らしい予言・エピソードが、さらに偉人を偉人たらしめるのである。さらに、これら偉人の存在は、黒歴史となった予言の数々を人々の目から眩ませ、「予言]という存在そのものを正当化、格言化させてゆく。

こうした循環論法のもとに、予言と偉人は相互の存在を高めあい、人々の尊敬を集めているのである。

[編集] 予言のコツ

予言を作るコツは、ボカした印象が出ない程度に

  • 内容を、曖昧にすること。
  • 時間・期日も曖昧にすること。

なかなか難しいが、このようにすれば、後世の人物が勝手に日本国憲法のように拡大解釈して、「予言が当たった」と主張する・してもらう事ができるのだ。
実例で挙げると、ノストラダムスの予言は、1999年7月などと確定的に解釈できるような事を言った点では半分失敗、それ以降も様々な解釈が出てきている点では半分成功といえる。

[編集] 予言のコツ2

もうひとつ”過去予言系”というものがある。

  • 起こってしまったことをこれは予言していたのだ。という

これはよく政治家が使う業である「俺はこうなることを予想して最善の策をしていましたっ」などと、できてもいないことに熱を持って話すのである。この方法で有名になった予言者も多い

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語