二千円紙幣

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、影の薄い黒歴史になりかけの紙幣について説明しています。絶滅危惧種に指定されている紙幣については二千円札をご覧ください。
このお札は消滅しました?
「二千円紙幣」は少なくとも紙幣コレクターの心の中には永遠に存在します。
Bouncypotato.gif
この記事「二千円紙幣」は何故か「二千円札」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「二千円紙幣」の項目を執筆しています。
「そんなモンまだ持ってたの?」
二千円紙幣 について、御坂美琴

二千円紙幣(にせんえんしへい)は、現在日本で最も影の薄い黒歴史になりかけの紙幣。二千円札2000円札ニセ円札とも揶揄される。

概要[編集]

この紙幣は2000年問題が発生した2000年、問題ばかりでどうしようもない日本になにか景気付けをしようということで作られた紙幣である。海外では2の倍数の紙幣・硬貨は一般的であり、日本の欧米化を推し進めようとする小渕恵三総理大臣が誕生させた。

ところが、二千円紙幣は新しい紙幣なので自動販売機などは対応に追われた。機械の中の人は新しいことを覚えなければいけないので対応は進まず(実際は対応してるが大概無効化してある。)、店でしか使えないという問題が発生して2000年問題をより助長させるという皮肉な結果となった。現在では買占めがより進んでおりよりいっそう、影が薄くなっている。

一説には偽造防止に懲りすぎて他の人が偽造できず、他の紙幣に比べて普及しにくいとの意見もある。又、製造元すら作るのに苦労がかかるので普及していないとか、銀行側が買い占めているとかいろいろ説があるが、結局のところお察し下さいとしか言いようが無い。

普及せず影が薄くなった理由[編集]

  • 有り触れた人物画ではなく守礼門となっているので、インパクトはあるが、それが悪い方向に傾いた。
  • 日本人は2という数が好きじゃない。
  • 一部のマニア、(特に沖縄の)銀行が買占めを行った。
  • 不景気なのでこれを機に機械の中の人が辞める事例が多発し、2000円札対応の機会が少なかった。

利点[編集]

  • 一瞬だけ世界の流れに流されない男の気分になれる。
  • 沖縄の知名度アップ。紫式部の知名度アップ。
  • 二千円札持ってるんだぜという一種の自慢ができる。
  • 二千円札対応の機械を導入するとちょっぴり好感度が上がる。
  • 恋人にあげるとちょっと好感度が上がる。
  • お年玉で子供にあげると、一万円紙幣と同じか、それ以上に喜ばれる。
  • 1560円、1990円の買い物がお札一枚でできて、なおかつ紙幣のおつりが無い。
  • 1,980円の買い物に弐千円札をさっそうと出し「かっこいい」を演じてみたものの、税込2,079円(2013年現在)となり、まったくかっこ良くなくなったどころか恥をかく。きちんと税込価格を確認しよう。
  • 本土での支払に使うと驚かれて顔も憶えてもらえる。特にコミケではちょっとすったもんだあるかも知れないけど、次のコミケではそのサークルの方から「前回、2000円札で払った方ですね?」と声をかけてもらえると言う特典が付く。
  • 買い物の支払いでレジのおばちゃんに渡すと五千円札と間違えられて、購入した金額以上のお釣りを渡されることがある。(それを知りながら黙って財布に入れて店外に出ると詐欺罪になるよ!)

欠点[編集]

  • お金の無いところは機械が対応できない。
  • 守礼門がどこにあるか知らないゆとりにはお年玉として使っても喜ばれるだけで何も意味がない。
  • 千円札2枚と大差がない。
  • 「大蔵省印刷局製造」と書いてあるので使えるのかどうかわからず使わない人が多い。
  • 老人は新しいものについていけない。
  • その存在が珍しくなりつつあるため、使いたくないと思う人も増えつつある。

その後[編集]

二千円札は話題性に富んでいたので登場時こそ爆発的に普及したものの、「これって使う機会なくね?」「せっかくだから取っておこう」「千円札ある行為の後処理に使う方が得だ」などのことから普及率は急激に縮小してしまった。あまりの予想外の展開に日本銀行はあわてて普及活動を行ったものの、中二病患者が喚いていると日本人は思ったので逆効果となり以前にもまして普及率は下がってしまった。

発行から10年たった2010年でも街で2000円札を見かけることは皆無であり(むしろ2000円札が手元に来るとちょっとイラッとする…と言うかこれ贋札じゃねーの?とさえ疑ってしまう)、もはや二十円紙幣二百円紙幣よりも認知度が薄いというどうしようもない状態となってしまった。

このとおり通常の紙幣としてはかなり使い道のない二千円紙幣であるが、コレクターにはエラー札、旧札の次に人気が高い。 その証拠になんと2000円もの価格で取引されている。これを一円玉にすると2kgもの重さになるということからもその高価さがわかるだろう。

尚、琉球王国では公式にこの紙幣のみを流通させて国民の愛国心を煽ろうとしている。って、それってどんな大日本帝国

入手方法[編集]

1. まず、一万円紙幣または五千円紙幣を用意して、沖縄に行く。

2. 地元の人がいないことで有名な国際通りへ行く。間違えても「うん、国際通り」などという寒いギャグを言ってはいけない。

3. 琉球政府によって二千円紙幣普及活動を強制されている店が点在している。その店に入る。

4. レジで「お釣りは二千円札で下さい」と言おうとしたら、横にあったウミガメのオブジェに目をとられて言いそびれてしまった。

5. そういえばアメリカ軍基地が辺野古に移設されたらウミガメも居場所がなくなってしまうのかなぁ、と思いを馳せてみる。

6. いてもたってもいられなくなり、黄色いシャツを買って県民運動に参加し、ウミガメを救おうと心に誓う。

7. その店で用意した五千円札か一万円札を出して黄色いシャツを買えば、お釣りで二千円紙幣が必ずついてくる。ウミガメも救われる。一石二鳥。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
二千円紙幣」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)