五月病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
五月病で頭を抱える人達
自販機における五月病
欠席の言い訳にするものもいる

五月病(ごがつびょう; Satsuki Flu)は季節性無気力障害の一つで、特に五月に頻発する慢性的な無気力状態を示す。男性青年期に多くみられる[要出典]。世界保健機関(WHO)によって策定された国際疾病分類第10版(ICD-10)では、「F48.2 分類困難な神経衰弱様の無気力症候群」に分類されている。

背景[編集]

やる気がある者たちの間にやる気のない人間を放り込むと、やる気がある人間は、ない人間の所為でどんどんやる気を減じていくという現象が観測される。つまり、やる気の量は保存せず、熱における熱力学の法則のようなものは成り立たない(やる気量不保存の法則[1] )。

このような現象は、あたかもやる気の低減が伝染しているかのように見えるため、インフルエンザになぞらえて「Satsuki Flu」という名称が提唱された[2] また、SARS(Severe Acute Reluctantness Syndrome: 重症急性やる気ゼロ症候群)などの名称も過去に存在している。

症状[編集]

主な症状は無気力、抑うつなどである。 6月、7月まで症状が継続する例も散見され、問題視されている[要出典]自宅警備員の初発症状として発症することもあるので、注意が必要である。

原因[編集]

定説では大学受験の終了に伴う目標の喪失、環境の変化が原因として挙げられている。近年、環境変化そのものが原因なのではなく、しばしば人間関係を伴う環境の変化に適応できず、「ぼっち化」または「反復される便所飯行為」を行うことによる精神的ストレスが原因である説が提唱され[1]、大きな反響を呼んでいる。

対策・治療[編集]

無気力状態そのものについての対策として、「ラグナロクオンライン」などの、いわゆるネトゲを行わせることにより、(ゲームへの)やる気を奮い立たせることが出来るほか、(オンラインでの)コミュニケーション能力、主として空間把握(俯瞰)能力・対象物追跡能力などの視覚的能力、コンピュータスキルなどを向上させることもできる。ただし、過度のネトゲは副作用としてひきこもりや単位不認定、留年などの重篤な副作用を引き起こすことが懸念されるため、細心の注意を払って処方することが肝要である。

最近の研究により、新興宗教の勧誘ビデオを数十時間に渡って見させることにより、人生の目的を見出させるという療法が有効であることが示唆されている[2]。著者らは、近年のテクノロジーの進歩により、ストリーミングによって自宅で視聴を行うことができるようになった[3]ため、従来のような軟禁といった大がかりな手段を用いずに、より手軽に洗脳を行えるようになった点を強調している。

参考文献[編集]

  1. ^ NEWSOKU, de Yaruo, "Analysis of Satsuki Flu, the Typical Japanese Students' Apathy", Uncyclopedian Journal of Psychiatry, 53(8):1818-1828, 2008
  2. ^ VIP, de yaray, "New Therapy with a Self-enlightenment Seminar of Japanese Cults", Psycotherapia Uncyclopedia, 31(4):159-164
  3. ^ ストリーミングの例:検閲により削除

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「五月病」の項目を執筆しています。
やめられない、止まらない この記事「五月病」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)