亜鉛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

亜鉛
(Zincum)

一般特性
名称, 記号, 番号亜鉛, Zn, 30
分類典型元素
族, 周期12, 4
密度7.140 g/m3
青灰色
原子特性
原子量65.38 u
原子半径142 pm
酸化数2
一応なるべく国際単位系使用
及び標準状態下。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「亜鉛」の項目を執筆しています。

亜鉛(あえん、Zinc)とは金属ということを忘れられてしまったミネラル金属である。

目次

[編集] 概要

亜鉛とは本来金属である亜鉛を指す言葉である。歴史はあまり古くないものの、現代でも使用されている。用途は広くないものの、日常で見かけるものも多い。しかし、亜鉛はその知名度のわりに残念な所が多い。まず、名前の由来だが、英語の「Zinc」は「フォークの先部分」を意味する「Zinken」から来ている、そして日本語では「亜鉛」つまり「に次ぐもの」というどちらも残念なものである。また、純粋な金属では脆いため実用に耐えることができず、また錆びやすい、融点が低いなど煮ても焼いても使えない。さらには普遍的に存在するため価値も低い。

そして現在では、金属としての亜鉛の立ち位置が大きく揺らいでいるのである。

[編集] 亜鉛は金属です

ここでれっきとした金属として世の中に貢献している亜鉛について説明する。まずはトタンを挙げよう。トタンはに亜鉛をめっきしたもので。あの波型の特徴的な形の金属板は現代でも廃墟を拠点に色々な所に使われている。ちなみに本来はこの波型でなくともトタンを名乗ることができるのだが、日本のJIS規格では、波型にしていないとトタン板と認められない。そのため、波型がついていないとトタンと呼ばれないという、矛盾を起こしている。意味が分かりにくいがそうゆうことである。また、漢字にすると「吐丹」、直訳すると「薬を吐く」である、とても残念な漢字表記であるのは言うまでもない

また、真鍮も挙げられる。真鍮はと亜鉛の合金でブラスとも言い、ブラスバンドはここから来ている。真鍮はに近い色を持ち昔は金の代用品としての用途もあった。しかし、5円玉を思い浮かべてもらえば分かるが、どう頑張っても金色ではない。そのため真鍮は貧者の金と呼ばれてさえいた。このように亜鉛の金属としての歴史は華々しくも同時に残念な名前が付きまとう黒歴史でもあるのである。

[編集] サプリメントとしての第2の生

検索すると分かるのだが、現在では亜鉛のサプリメントが多く出回っている。確かに亜鉛は、生き物にとって必須なミネラルである。そしてそれと同時にどの生き物にも含まれているものでもある。つまり、普通に食事をしていれば欠乏になることはない。もちろん欠乏になる人もいるがそのような人は病院から処方されるもので十分なはずである。

ではなぜ、こんなに世の中にあふれているかと言えば、男性のアーン♥♥方面で効果があるためである[テストに出るよ!]。その効果は性欲増進、男性機能増進、うふふが治りましたなどなど、まさに「性のミネラル」と呼ぶに相応しいものである。夜の生活で困っている人や困っていないが何となく必要性を感じている人などなど、まさに世の中のニーズに合った性質をもっていたため世の中に浸透したのである。このように現在ではサプリメントとしての第2の生を与えられている。なお、これらの効能について信じるか信じないかはあなた次第です。

[編集] 亜鉛の摂取とそれに伴う弊害

亜鉛が含有されている食品として有名なものにアーモンド牡蠣がある。そのため亜鉛の摂取と称してアーモンドを大食いしてピザになったり牡蠣を生で食べて腹を下す人が多い。

[編集] 関連項目


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第16回執筆コンテストに出品されました。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語