交通信号

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
「信号!信号!」
交通信号 について、草彅剛

交通信号(こうつうしんごう、信号機)とは、地味に活躍する路上のナイスガイ。仕事内容は道路上においての物事の善し悪しを白黒ではなく(ないしは)、色もしくは点滅、そしての3色で決める。信号機は主に道路の交差点などに設置され、通行者を采配する働き者である。深夜には黄色か赤を道路で別々に点滅させて仕事を放棄しているものもあったが、事故の増加によりたいていのものは24時間働くようになっている。ちなみに信号機は鉄道路線にも見られ、こちらはライトが多いが、発光する色自体は原則緑、黄色、赤である。全国各地で見かけるものだが、地域ごとに意味が全然異なるので、春の新生活期にお引っ越しをする者は現地のルールを”よく”勉強してから引っ越さないといけない。

結構丈夫かも。

目次

[編集] 権力

信号機の一種

信号機の権力はすごい。

  • 車を止める力がある。つまり車より権力が大きい。
  • バスよりも権力が大きい。
  • さらにはトラックよりも権力がすごい。
  • しかし、救急車を止める力はない。理由は簡単だ。なぜなら信号機にとって救急車はかわいいからだ。つまり、信号機はロリコンなのだ。

[編集] ルール

ルールとは書いてあるものの、これは傲慢な東京人が全国的に普及していると思いこんでいるだけの、東京地方におけるローカルルールである。

    • 進め
    • 注意
    • 止まれ

[編集] 東京のより詳細なルール

赤信号はとにかく酷い

    • 進んでよい。ただし左右に注意せよ。ご存知の通り「進め」を意味する。心なしか信号機の最も晴れやかな表情かもしれない。人によっては(特に老人あたり)青信号と呼ぶ者もいるが、実際に青色を発光するものは順次置き換えが進んでいる為、青信号という言葉が死語になる日も近い。東京では他の信号も同時に青になっていることが多く、渋谷駅西口においては、二、三分に一度「全面青タイム」(!)が訪れ、数百の動線が思い思いの方向に犇めき、地上は地獄の相を示す。一方、地下はセンスが不足している店が多く今日も平和である。
    • 注意、減速。もしくは「交差点内の者は急いで渡りきり、それ以外は止まる」。東京ではできるだけ止まるのが好ましい。(東京では他の信号が青になるのが早いため。)歩行者専用信号であれば点滅でそのニュアンスを伝えるが、韓国の信号機は点滅ではなく人が走り出す様がLEDで表される。たいていの場合は駆け込み乗車の如く急にスピードを上げて走り去るのがマナーとされている。
    • 止まる。交差店内に入ってはならない。ただし、交差点脇に駐車場を構える店舗がある場合、そこを通って右左折してよい。赤にはこれに留まらず、レッドカードやレッドゾーンなど「禁止」に絡む事が多い。それでも人は言う。「赤信号 皆で渡れば 怖くない」

[編集] 他の地方でのルール

ここでは東京以外のマイナーな地方におけるローカルルールを説明する。

[編集] 大阪のローカルルール

    • 堂々と進め
    • 急いで進め
    • 気をつけて進め

[編集] 京都のローカルルール

    • 進め
    • 田舎者は止まれ
    • 都人はすぐには止まらない

[編集] 神戸のローカルルール

    • 進め
    • 止まりたいなら止まれ
    • 止まりながらも青になる直前まで数えろ。

[編集] 名古屋のローカルルール

[編集] 浜松のローカルルール

[編集] 広島のローカルルール

[編集] 長崎のローカルルール

[編集] 福岡のローカルルール

    • 割り込め
    • 油断している車の前に割り込め
    • どうにか割り込めないか考えて割り込め
    • 割り込んだら事後承諾的にハザードをつけてあげましょう

[編集] 札幌のローカルルール

  • 信号機は無い。ウィンカーも出さなくてよい。

[編集] 鳥取のローカルルール

  • 車は走れない。

[編集] 中国のローカルルール

    • 止まれ
    • 注意
    • 進め

[編集] 北朝鮮のローカルルール

  • そもそも信号自体があるのか疑わしいが、あったところで電力不足でほとんど動いていないと推測される。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] あああああああああ!

    • あああ
    • あぁああ
    • あああ

[編集] 信号機の種類

信号への意見

信号の示す色の解釈は上記のとおり各地で発達の一途をたどっているが、信号を機能別にみた場合では全国的に共通点が多いことが知られる。

  • 矢印式
後続車に迷惑なので積極的に歩行者の間を縫うように曲がれ。[1]
  • 時差式
あたってくだけろ
  • 車両感応式
車が近づくと赤に変わるのは自明であるので減速しろ
  • 押しボタン式
結局渡らなかった歩行者を憎め
  • 歩車分離式
いずれフェイントにひっかかれ。
  • 番外編の黒信号
あるCMの中でパロディーとして放送されていたネタ。[2]

[編集] 脚注

  1. ^ 赤信号と共に時折表示される。特に日本の通常の十字路では、道路が左側通行の為右折がしづらい。そのため赤信号になるまで動き損ねたノロマ達の望みを叶える為に光ってくれるが、点灯の時間はかなり短く大抵の場合は消化不良となり後の方の車は次の信号開通まで待たされる。稀に赤信号が点灯しているにもかかわらず、後以外の三方向の矢印が点灯している場面に遭遇するが、そういうときは迷わず進むのが都会人の常識である。
  2. ^ 意味は「後へ下がれ」。これが実用化された暁には事故が多発し、当直の日も実質非番として過ごしている警官も流石に真っ青になるだろう。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「信号機」の項目を執筆しています。
この項目「交通信号」は、執筆者自身は結構気に入っていますが、どう見てもクソの山です、本当にありがとうございました。ダチョウ倶楽部に訴えられないうちにとっとととりかえることをお勧めします。 (Portal:スタブ)
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語