京都議定書

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

京都議定書(きょうとぎていしょ)とは、「偉大なる知性」の意思に従って定められた、人類の歴史への新たなる挑戦から生まれた新たなる契約である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「京都議定書」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 概要

1997年気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3)において、京都議定書が採択された。この議定書が成立するにいたって語らなくてはならないのは、2002年南アフリカ共和国ヨハネスブルクにて行われた持続可能な開発に関する世界首脳会議(地球サミット)である。ここにおいて定められた「持続可能な開発」というスローガンを基にして、議定書の締結は行われた。

ここにおいて、視野が広く知識が豊富で理解力がある方々が「持続発展可能なんて馬鹿げてる! 文明なんて捨てて縄文時代のようなエコな生活をすればいいじゃん」なんてことをおっしゃられる場合がある。彼らはおそらく現代社会の欠点やパワーバランスなどの面において考えた結果、このような答えになったのであろう。そして、おそらく彼らは流通とか公衆衛生とか気候とか治安とか第一次産業のつらさとかを意に介さないタフな肉体と精神の持ち主ばかりなのだ。実際に日本において自分たちが信じるエコの生活を実行してる人々がいる。青森あたりでは地球に優しい生活を行った結果、冬に毎年10人程度の殉教者を出している。しかし、彼らは地球のために、このような生活をやめようとしないのだ。

しかしながら、世界の覇権を握る国、アメリカ合衆国の学校教育において実施されているインテリジェント・デザインによれば、人類の発展は「偉大なる知性」によって導かれたものである。つまり人類の発展を否定することは「偉大なる知性」つまり空飛ぶスパゲッティ・モンスターを否定することである。

このような観点より、科学や文明等を逆行させることは「偉大なる知性」の意思に反することであるといえるため、その選択は正しいとはいいがたい。今現在、地球環境の破壊が進む中、「偉大なる知性」は二つの選択肢を用意した。一つは、地球環境を破壊し自らの恣に行動する道である。もう一つは地球環境ついて考え、環境を可能な限り守りながら「偉大なる知性」の決定した道を進むというものである。

一つ目の選択肢においては、アメリカに信託が下され、もうひとつの選択肢においてはその他先進国に下された。このような流れで成立したのが「京都議定書」である。

[編集] 京都議定書での各メカニズムについての規定

京都メカニズムで導入された点は3点である。

  1. 主にOECD諸国とロシア中東欧諸国間の国際協力のもとでの温室効果ガスの排出削減プロジェクトによって生じた排出削減量の取引:共同実施(JI)
  2. 主にOECD諸国と途上国間の国際協力のもとでの温室効果ガスの排出削減プロジェクトによって生じた排出削減量の取引:クリーン開発メカニズム
  3. 国際排出量取引

[編集] 共同実施とクリーン開発メカニズム

1点目の共同実施(JI)とは、附属書国(OECD加盟国と旧社会主義国、要するに先進国)が別の附属書国で排出削減事業を行い、排出枠を獲得できる仕組みである。

この仕組みは人の「」が根底にある。なぜならば、この行動を行う附属書国は、本来ならばしなくてもいい面倒くさい手順を踏んだりコストを背負ったりしたりして、わざわざ人様の土地の環境を改善させる行動を行うからだ。

また共同実施の行動を受動した附属書国は、それに感謝して「クレジット」を贈呈する。これは感謝の気持ちがこもったものであるから、価値のあるものである。市場で取引できるかどうかは関係ない。気持ちが大事なのである。感謝が大切なのである。

血も涙もないかわいそうなエコノミストが「需要は存在するのか。投資する主体はいったい何なのか」などと妄言をたれることがあるが、人の心に善の性質がある以上、「クレジットの需要」などというものは問題ではない。企業のような民間主体は善の心を持つ人が作ったものであるので、共同実施に参加するに決まっている。共同実施によって、企業の経営に便益が発生したり、企業が所属する国家等が共同実施に参加をしない企業にペナルティを課したりする必要はない。もちろん本当に排出量があるのかという検証や、それを行う監督機関なども必要ない。それ故に京都議定書には監督機関の明示がされていないのだ。

2点目のクリーン開発メカニズム(CDM)とは、非附属書国(要するに発展途上国)が持続可能な発展を促進するとともに、附属書国が削減義務を達成することを支援する目的で構築された仕組みである。附属書国(先進国)が非附属書国(開発途上国)において技術資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に当てることができる仕組みである。

基本的なシステムは共同実施と同じとなっている。それ故に、人の「」が根底にあることがわかる。

先進国では温室効果ガスの排出削減事業がすでに進んでいる場合があり、温室効果ガス削減に多くの労力と費用がかかる事があるため、排出削減事業がうまく進まないことが予想できる。しかし、クリーン開発メカニズムでは、この問題を途上国での削減を認めることで、国内で行うよりも少ない労力や費用で排出量の削減をできるようにすることができ、このような問題を解決することができる。

注意しなければならないのは、この仕組みは決して発展途上国に排出規制を押し付けているわけではないということだ。また人は努力する生き物であるからして、発展途上国に技術を提供することで、温室効果ガスの削減技術の発展が停滞することはありえないことだ。この仕組みによって、途上国への削減技術の普及したり先進国と途上国との格差を軽減したりといった効果があるのであるから、積極的にこのメカニズムを使用すべきである。

[編集] 国際排出量取引

3点目の国際排出量取引とは削減義務を負う附属書国間で排出枠を取引する仕組みである。排出量取引を導入することによって、最小の費用で総量排出量を達成することが可能となる。

ある排出源の現実の排出量が、達成すべき排出量より大きくなってしまった場合を想定する。この際、通常であれば、排出削減を行わねばならない。しかし排出量取引の場合、排出源はアロワンス(炭素クレジット)の価格と排出削減する場合の限界費用を比較し、より安いほうを選ぶことが可能となる。アロワンスの方が安ければ、アロワンスを購入し排出量を増やすことが可能となる。逆にアロワンスの方が高ければ、排出源は自ら排出削減を行う。また、取引されるアロワンスの発行量を一定に保てば、たとえ経済活動の増加によって排出量が増加する場合でも、アロワンスの価格が上昇するため、相対的に小さな費用で減らせる排出源が排出削減を行う。

国際社会全体で排出量取引が行われるということは、国際社会全体で環境問題に対し協力関係が生じるということである。これこそが国際排出量取引の本来の目的であり、貨幣的な価値があるアロワンスの獲得による便益は副次的なものである。

アロワンスの初期配分にあたっては、さまざまな方法が存在するが、一定のルールの下に無償配分するグランドファザリングと呼ばれる方法がとられている。グランドファザリングとは、制限される排出量を無償で配分するものだ。無償であるが、本来勤勉である人は決して初期配分を可能な限り多く獲得しようとする事などしないだろう。その結果、初期配分について、合意にたどり着くのは容易である。総配分量が余裕を持ちすぎたものになることなど決してない。各自が努力して、排出を減らそうと努力するはずであるし、仮に努力の結果排出削減がかなわなかったとしても、愛ゆえに国家間で助け合いの精神のもと、問題を解決するはずだ。なにせ、このメカニズムを通して、以前より国際社会全体に協力関係が生じているはずなのだから。

[編集] 結論

このように「偉大なる知性」の導きのもと、われら人類は更なる進歩を続けていくのだ。

というか、ロシアから削減量お買い上げで、日本は更なる進歩をして行きます。

[編集] 関連項目


214.gif この記事、「京都議定書」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語