人権

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

人権(じんけん)とは、人間様が犬畜生と自らを区別するもの。本当はそんなものは断じてない。が、「ない」というと「裸の王様」みたいに「バカ」呼ばわりされるので、皆で有難がっている振りをしなければいけない困ったもの。

ヨーロッパ文明が帝国主義の後に、遅れたアジア諸国やアフリカ、中南米に高値で売りつけている自称ヒット商品。全米で興行収入50年連続一位。

目次

[編集] 歴史

人権は古代ギリシアで発明されたとされる。当時の人々は自給自足をする一国一城の主が多く、他人からの干渉を排除するために「俺のものは俺のもの。お前のものも俺のもの」というジャイアニズムを発達させた。キリスト教が支配した中世においては、ローマ法王による、「のものは神に。お前のものは教会に」というロジックにより、私有財産の所有が極度に制限されていた。 だが、物売るってレベルじゃねぇぞ免罪符が発売されたことに反発する人々によって一揆打ちこわしが頻発し、思想的にも「古典復古マンセー」というルネッサンスによって起こったローマ豪掠の最中に人権が発掘され、アメリカ独立戦争、フランス革命を経て欧米帝国主義と十字軍活動という二つの草の根運動によって全世界に広まった。

[編集] 人権の対価

一般に、ヨーロッパやアメリカ、日本等の先進国以外の国(例えば、中国とか北朝鮮とか)は人権を抑圧することで政権を維持しており、将軍様の安楽な生活程の価値がある。マンセー。

[編集] 人権の抑圧の失敗例

人権の抑圧に失敗すると、ギロチンで首を切られたり、銅像が倒されたり、処刑される動画が世界中に公開されちゃったりする。

[編集] 人権とは?

誰も見たことがないものであるため、人権とは本当は何であるか、という点で多くの仮説が存在する。その内のいくつかを挙げるので、後は賢明なアンサイクロペディアンの読者諸兄が判断してちょ。

[編集] 人権=固有のもの説

ヨーロッパ人が声高に叫ぶもの。人権とは、人間が生まれながらにして持っているものだとする仮説。だが、生まれながら手足がない人もいるし、奇形児もいるし、そんなものってあるの?というのは至極当然の疑問。そんなことも分からないほど奴らは頭が悪いってことを例証するとして中国人あたりにバカにされている。

[編集] 人権=オモチャ説

かつて、シンガポールの首相が、「人権は、欧米諸国のオモチャだ」と発言したことが現在まで伝わっている。これをもってシンガポール周辺の人権活動家、特にミャンマーの阿吽さん=スッチー女史等はオモチャ説を主張している。

[編集] 人権=バター説

日本のとある大臣が唱えた新説。世間に衝撃を与えた。今後、この説がどう受け止められ、どう発展していくかが安倍内閣の行く末以上に注目の的であることは間違いない。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語