人間界

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

人間界(にんげんかい)とは、他の世界が存在することを前提として成り立つ世界である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人間界」の項目を執筆しています。

概要[編集]

人間界と呼ばれるものは基本的に存在しないと考えてよいものであり、空想の産物であると言える。仏教世界的概念で言えば六道のうちの一つであり、前世でわりと良い行いをしていると人間界に生まれるとされているが、どう考えても割に合わないほど苦しむ人間もいるので怪しいものである。仏教世界的概念でない場合は主にファンタジー小説などで使用され、パラレルワールドの引き合いに出される事が多い。顕著なのはライトノベル界隈であり、人間界から別の世界に何らかの方法で飛ばされてしまうケースが非常に多い。このように仏教や小説などといった空想の産物に頼らなければ存在し得ない大変脆い世界である。

比較[編集]

仏教による比較[編集]

上記で挙げた六道には天界・人間界・修羅界・畜生界・餓鬼界・地獄界があり、どうみても天界と人間界以外はろくでもないものである。その中でも人間界は「悩みや苦しみも多いけど楽しいこともあるし、頑張れば解脱できるかもよ」という酷く適当なものであり、要するにただの現実じゃないかという簡単な事実に直面することになる。一応は「良い行いをしないと修羅界とか地獄界とか、そういうろくでもないとこに生まれるかもしないね」という話になっているのだが、これは恐らく人間界の人物が考えたものである。なので、他の人間界以外の五道は誰も行ったことが無いはずなので、全て空想の産物である。空想の産物であれば比較対象となり得ないので、人間界も存在しないと言える。

小説による比較[編集]

小説において人間界以外の世界は非常に多く定義され、それは幽霊だったり他種族(エルフとか)だったり、単純に異世界だったりする。そもそもの大前提が小説という空想の産物であり、ノンフィクションにおいては未だかつて他の世界に飛び出した人間はいないはずである。であるからして、人間界も対象が妄想の産物であるため存在し得ない。もし異世界へ飛ばされた人間がノンフィクションで書いたのならば存在すると言えるが、恐らく探したり待ったりするのは時間の無駄である。

本当の人間界[編集]

人間界とは要するに現実の事である。電車の中や自分の部屋で一人さびしくこんなものを読んでいるのが現実である。仏教やファンタジーに傾倒して空想の人間界に生きるよりも、現状を打破するために現実に力を入れた方が良い。つまり真の人間界とは空想に生きる人間の頭の中にある世界観の事であると言える。