仏ゾーン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「仏ゾーン」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「千手観音」の項目を執筆しています。

仏ゾーン(フランスゾーン)とは1997年12号から31号まで週刊少年ジャンプに連載されていた武井宏之少年漫画である。単行本は未完3巻。続編が『シャーマンキング』(未完32巻)、『重機人間ユンボル』(未完極厚1巻)の武井みかん三部作の一作目である。

概要[編集]

時は1975年、とある温泉街にあるお寺「西岸寺」に住む薄幸の美少女サッちゃん(西岸サチ)。彼女のもとに中国から21人組の美少女ユニット、センジュちゃん(千手観音菩薩)がやってきた。センジュちゃんから弥勒であることを告げられたサッちゃんは、悟りを開くためにセンジュちゃんとともに蘭西(フランス)へと旅立つのであった。

登場人仏[編集]

アシュラくん
センジュちゃん(千手観音菩薩)
この漫画の主人公。千手観音が中国に住む21人の美少女に姿を変え転生した[1]。一人一人に千手観音になる前の前世があり、顔役の女の子リーファの前世は、江戸時代に西岸寺の千手観音像を彫った純慧の妹おせんであった。これが縁でサッちゃんの元に来たと思われる。他の20人の前世は打ち切りになったために明かされていない。
女の子が21人いるので、汽車じゃぺちゃくちゃうるさくてみんなの注目の的になっているし、旅館じゃ枕投げをして怒られるので、サッちゃんも大変である。
千手パンチ
21人の美少女が42本の手を使って「天女の舞」と呼ばれるダンスを踊る技である。その優雅さには全米が泣いた徳光和夫も泣いた。トガシも改心して漫画を書き出した。
サッちゃん(西岸サチ)
この漫画のヒロイン。おでこがきれいなワンレン美少女。つぎはぎワンピース姿も可愛いと近所で評判のふんばりが丘小町である。余りにも可愛いので街の不良イタズラされそうになったりした。千手ピンチだ!
おじいちゃん(西岸良平
孤児だったサッちゃんを拾った西岸寺の僧侶。21人のセンジュちゃんにも全く動じない凄い人。
コマ
何となくせんだみつおに似ている狛犬という種類の犬。21人のセンジュちゃんが次から次へと拾ってペットにするので、しまいには「156匹わんちゃん大行進」になっていた。
ジゾウくん(地蔵菩薩
センジュちゃんの幼なじみ、というより保護者。センジュちゃんにメロメロである。地蔵だけに石頭である。
アンナちゃん(恐山アンナ)
イタコのアンナ。レズっ気があり、サッちゃんにメロメロである。
口癖は「私、安くなくってよ!」であるが、言ったそばから温泉でサッちゃんとサービスカットを披露している。そこではサッちゃんに襲いかかろうとした。千手ピンチだ!
バトウ兄さん(馬頭観音菩薩)
センジュちゃんの兄貴分。馬頭だけにXXXXXも馬並みである。十歳未満限定の真性ロリータ魔人なのでサッちゃんは千手ピンチにならなかった。
七福神
宝船でサッちゃんを仏蘭西に送り届けるボディーガード。転生した姿は七人編成のロックバンドであり、当然ギターは布袋尊である。
アシュラくん(阿修羅)
センジュちゃんの幼なじみであり、アシュ○マンと二人のウォー○マンによるイケメントリオである。幼い頃にアシュ○マンの恋人シャシが帝釈天にさらわれたのをきっかけに修羅の道に入った。さらわれた当時のシャシは幼女にしか見えないので、帝釈天はロリータ魔人に違いない。
マーラ(魔羅)
くさい。存在自体が××Danger!!××である。
マイク箕浦とゆかいな仲間たち(箕浦組)
和月組の下部組織であり、西岸寺の取り壊しを謀った暴力団であったが、千手パンチに感銘を受けて西岸寺の僧侶となった。
いとうみきお
謎の旅芸人。作中ではいとうみきおショーが開演予定だったが、打ち切りによってうやむやになった。最終回ではマイク箕浦とゆかいな仲間たちの中にさりげなく混ざっていた。

他の武井宏之作品(みかん三部作)との関連[編集]

後に週刊少年ジャンプで連載された、武井宏之氏の作品『シャーマンキング』『重機人間ユンボル』は、『仏ゾーン』の正当なる続編であり、年代が違えども同じ世界が舞台であるために共通する点が多い。

シャーマンキングとの関連[編集]

  • サッちゃんの成長した姿はガンダーラのリーダー「サティ」であるが、物語で明らかになる前に打ち切りになったので、完全版が完結するまでは曖昧なままにしておく事が大人のマナーであった。
  • シャーマンキング完全版17巻に掲載された、サティの持霊「ダイニチ」は「センジュちゃん」のリーダーのリーファがソロデビューした姿との説が有力である。他の20人についてはお察し下さい
  • シャーマンキングの恐山アンナは仏ゾーンのアンナちゃんとは年が離れているので公式には同姓同名の別人であるが、ファンからは、成長した仏ゾーンのアンナちゃんが黒い組織ちっちゃくなる薬を飲まされてシャーマンキングの恐山アンナになったのだと噂されてた。ただし、シャーマンキング最終公式ガイドブック「マンタリテ」で仏ゾーンのアンナの一番弟子が登場した事で別人と認定された。
  • 2007年にフランスで開催された「ジャンプフェスタ」において武井宏之氏は、仏ゾーンが短期打ち切りにならなかった場合はアイアンメイデン・ジャンヌが弥勒候補の一人として登場する予定だった事を明らかにした。(ただし、フランスのファンに向けてのリップサービスの可能性もある。)
  • 帝釈天が転生したのがロリータ魔人こと木刀の竜であるのは言うまでもない。

重機人間ユンボルとの関連[編集]

  • 仏ゾーン文庫版の巻末付録に出てきたセイシ(勢至菩薩)が転生したのがバル=クロウであるらしい。
  • 帝釈天が再び転生したのが、ロリータ魔人ことドカルト博士であるのは言うまでもない。もう一人のロリータ魔人バトウは十歳未満限定なのでリベッタ姫を14才の母にするわけがない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 実は、美少年も混じっているが触れない事が大人のマナーである。