以下略

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

以下略(いかりゃく、ry)とは、なかったことにされた人々の恨みである。

概略[編集]

あなたにもあるかも知れない。ひょっとした偶然あるいは幸運もしくは不運から、歴史的偉業の立役者としてその名を連ねてしまった経験が。あるいはもっと身近なところで、たまたま補欠としてベンチ入りしていただけなのに、チームが優勝してしまったが為に、そのチームの一員であるだけの理由で脚光を浴びてしまった経験が。

これまでずっと、人生の裏道ばかり歩かされ、冷や飯ばかり食わされて。どうしようもない人生であったであろうあなたにも、ようやくが来たのだ。檜舞台でスポットライトに照らされて、誰もが羨望の視線を注ぐ中、栄光と称賛の瞬間が、今こそついにやって来た。さぁ、これから校長先生が一人ひとりの名前を読み上げる。名誉ある功績に輝いた、幸運の申し子たちの名前を……!

表彰状 闇才駆露百科杯 優勝 あなた殿。

右の者は、ユーモアとバカバカしさをよく理解し、頭書の通り優秀な成績を収めた功績を称え、ここに表彰します。

平成2018年12月11日 捺可泡鋳徒

なぜ略されてしまうのか[編集]

そもそも略されない人というのは何につけても華があるもので、略す側から見ても無視できないだけの魅力を備えているため、略されないべくして略されないのであり、逆に略されてしまう人というのは何につけても地味なもので、略す側から見てもそもそも認識できないくらいの存在感しか備えていないため、略されるべくして略されてしまうのである。もちろん略されてしまう人も略されてしまうなりに自己主張はするのだが、それでも無視できない、略されないだけの存在感を醸し出すのは容易なことではなく、結局のところ略されてしまうのである。かくして略されない人は略されない努力などしなくてもますます略されない存在感を保ち続け、略されてしまう人はどれだけ略されない努力を重ねようとかえってドツボにはまり、これからも略され続けてしまうのである。

このように略されてしまう人々は古今東西に存在し、世界に負のエネルギーを募らせ続けるのだが、逆に考えれば略されてしまう人がいるからこそ略されない人が略されないことに意味が生まれて来るのであり、略されてしまうからと言ってその存在がイコール無意味なたわごとである訳ではなく、+(プラス)を+たらしめるためには同じ値の-(マイナス)が必要不可欠である(ゼロサムの概念)のと同じだけの意味を持っているのである。

文化としての以下略[編集]

あはは、略されてやんの。

また、古来より日本には和をもって尊しとする精神文化が底流にあり、それが「武士の情け」という時代的変化を経てあえて隠すことによって相手のメンツを保ってやると言うか、せめてトドメは刺さずに置こう、という大きなお世話を好む傾向にある。そこでやむなく割愛する、泣いて馬謖を切り捨てる、肉を切らせて骨を断つ、という一見すると素直じゃなく、実に回りくどい手法によって以下を略すのであるが、冷たく見えてしまうのは実は愛情の故であり、脚光を浴びさせることによってかえって恥をかかせてしまわぬよう、むしろ守っているのである。そのあたりの絶妙な心理がいかにも日本人好みであるが、21世紀に入ってその風潮は頽廃の傾向にあり、古き良き伝統は次第に廃れていくのであった。

「いためることを 恐れるあまりに 冷たく突き放す 愛もあるさ」
以下略 について、ルパン三世


結論[編集]

(ry

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「以下略」の項目を執筆しています。