企業秘密

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

企業秘密(きぎょうひみつ)とは、企業にとって経済的価値のあるもののみに適用される情報である。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「企業秘密」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「企業コンプライアンス」の項目を執筆しています。

概要[編集]

企業にとって経済的価値というものは最重要事項であり、営業で得られる「利潤」こそが商売の根幹であると言っても過言では無い。企業というものは如何にして利益を生み損失を減らすかという部分が特に重要である。そのため利潤を生み出すために必要な情報、すなわち企業秘密は最重要秘密である。この最重要秘密を得るために全ての企業は切磋琢磨し、産業スパイからハニートラップまであらゆる手段を尽くして奪い合う事も多い。

重要な情報というものはいわゆる「PPM理論」における花形になり得るものであり、この有限ではあるが利益を生み出す情報は全ての企業の利潤の要となるものである。これは食品の原材料や薬の調合内容などはもちろんの事、金になる情報であればたとえ営業課長がかつらを使用しているというものであろうとも、利益を生む情報は企業秘密として取り扱われる事項である。

該当する情報[編集]

企業秘密に該当する情報というものは非常に多く、上記に記載した通りに利益を生むと判断されるものであれば全てが企業秘密に該当するのである。これがどういう事を意味するのかというと、つまるところ企業秘密に該当する項目は世界に星の数ほど存在するという事である。現代社会において企業は「コンプライアンス」と呼ばれる言葉を連呼する事が多いのだが、これは法令順守、つまり「お前らこれは法律で決まってる事だからな?うちの企業秘密をバラしたりでもしたらどうなるか分かってるよね?」という事である。

しかしながら社員も人間であり人の口に戸は立てられぬという諺があるように、社外の漏洩する事も多々あり、これは主にヘッドハンティングされた社員や退社した社員に多い。辞めた、もしくはリストラされた会社の企業秘密などその社員には関係無いのである。そのため、一概に企業秘密といっても全てを秘密にすることなどできず、今現在もどこかで秘密が漏洩している。バレない嘘が無いように漏洩しない秘密も存在しないという事である。

そのため、企業秘密を漏洩させないためにも徹底した社員教育が必要とされている。大企業になればなるほどその錬度を高く保つ必要性があり、未だに世間一般にコカコーラの製造法が広まっていないのはコカコーラ社がコンプライアンス教育をしっかりと行っているということの証左と言えよう。コカコーラ社において当然ながら主力商品であるコカコーラの製造方法は当然ながら最重要であり、それを知る社員を企業で囲い込む、あるいは脅迫するという事は至極当然である。

該当しない情報[編集]

利益を生む情報が企業秘密である、ということはすなわち利益を生まない情報は全て企業秘密では無い。利益を生まないのならば守る意味も無いため、漏洩も何もあったものではないのである。例えば顧客の情報がまとめられたファイルがここにあるとする。その顧客の情報が利益を生んでいる間は当然ながら企業秘密であるが、もし仮にその顧客情報が利益を生まないものになった場合は既にそれは使い古しのゴミであり、企業秘密にはなり得ない。企業はこのゴミと化した無価値な情報をどうするかというと、情報最後の仕事、すなわち名簿屋情報屋などへの売却である。ここで企業が名簿屋などに売却した情報などが別の企業でたらい回しにされるが如く流通するわけだが、この情報の成れの果てこそが何故だか教えてもいない相手から掛かってくる迷惑電話に他ならない、ちなみにこの迷惑電話をかけている本人は営業だと言い張っている場合が多い。

このように利益を生まないと判断された情報は最後の役目を終える、もしくは誰にも気にされずに消えてゆくのである。なお上記で挙げた「コンプライアンス」だが、世に言うブラック企業は社員に教育していない場合がほとんどである。当然ながら力で抑えればどうにかなると考えているし、そもそも存在自体が半違法の企業の分際で法律を教育するなぞおこがましい話ではあるのだが。それにブラック企業というものに企業秘密と呼べるようなものが存在することは稀であり(そう呼ぶにはあまりにも企業秘密に対して失礼である)、その情報は平等に無価値である。

ブラック企業で有名な企業と言えばワタミが挙げられるが、営業秘密に該当なりうる「調理過程」など大した価値は無いし、「原価・製造過程」などにおいても大した価値は無い。元々半奴隷を作ることによって成り立っている値段の安さを原価を見たところで普通の企業に真似する事はできないのだから。あえて企業秘密と呼べるものがあるとすれば社員の洗脳教育マニュアルであろう。

身近な企業秘密[編集]

秘密という言葉がついているために中々目に掛かる事が無さそうな企業秘密であるが、秘密と呼ばれる割にはわりとそこいらに転がっているものである。就労してる社会人ならば社内で見かける事も多いだろうが、幼子であろうとも企業秘密に触れる機会は多い。それは君が公園で遊んでいる時に見つかるかもしれないし、いたずらに入ったパパの書斎で見つかるかもしれない。そう、主に書類という形で。

実際に営業に出た営業マンが持っている商品の原価表なんて立派な企業秘密であるし、設計図のひとつでも持っていればもはや金の成る木といって差し支えない。実際にこういう品は窃盗に遭う事もあるのだ、現に取引先で書類の入ったカバンを窓際に置いてトイレに行った隙に窓を割って第三者に盗まれた、などというケースが存在するほどである。本当に第三者が存在したかなど誰にも分からないが。

あまり無いだろうがこの記事を読んでいるそこの君がもしパパの書斎でこういったものを見つけたとしても決していたずらしてはいけない。企業にとってパパが無価値になっちゃうからね

関連項目[編集]