会社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

会社(かいしゃ)は大人になった人間が強制入国させられる国家のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「会社」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「会社」の項目を執筆しています。

概要[編集]

軽い気持ちで会社を作ろうとすると、確実につぶれるので注意。

まず、我が日本州に生を受けた時点でこの会社国に入国する運命である。何故か。それは君のお父さんやお母さんがそうだったからだ。と言っても君は納得してくれないであろう。

簡単に言うと、我が日本州における全ての富は会社国から齎されるものなのだ。君が大人になったら分かると思うが、君のお父さんとお母さんは君が大人になった時点でこの国に入る手続きをとりにかかるから、覚悟しておいてほしい。

日本との関係[編集]

まず、日本州に一切の産業はない。お金を稼ぐためには、会社国に出向き、働かなければならない。

この国には世界の全ての産業という産業が揃っており、そこで自分にあった職業を探すことになる。職を見つけたら、一所懸命に働き、お金を稼ぎ、それを日本州に送金するのである。会社国で使用される通貨は日本円であり、日本州に送る場合は税金の類いは、一切かからない。つまり日本で経済に参加していくためには、どうしても会社国に行かねばならんのである。日本には産業がないのである。仕方ない。

入国[編集]

会社国に入るためには適性検査を受ける必要がある。とてもシンプルで簡単なものであるそうだが、内容を漏らすとまちがいなく、殺される。ただ、長年の経験則から言えることは、「歯も磨かず、風呂にも入らない臭くて臭くて草食って仕方ないニートとホームレスは未来永劫入国できない。」ということである。一歩でも足を踏み入れようものならたちまち、息の根を止められるか強制送還されるだろう。

就活[編集]

会社国に入ったら「就活」という儀式の期間に入る。この儀式期間に自分に見合った仕事を探すのだ。この国には様々な業種が揃っている。 例えば

  • インサイダー取引が日課のIT会社
  • 嘘ばかり流すTV局
  • ぴー
  • 自宅警備員

などである。気に入った職種が見つかったらそこに就職することになるのだが、ここに来て「面接」という面倒なものをクリアしないといけない。もしクリアできなかったら、就職はできない。最悪の場合、日本に強制送還される可能性も出てくる。何故なら職を持たないものは会社国の国民たり得ないからだ。

就職したら[編集]

就職したら、君は立派な国民だ。身分が高い国民から立派な国民になるための講習や研修を受けることになるだろう。大抵の就職先では「タテ」と呼ばれる住人管理制度がしかれており、身分の低い国民(この国では部下といわれる)は、身分の高い国民(この国では上司といわれる)に対して絶対に逆らってはならない。逆らおうものなら、たちまち強制送還だ。気をつけておいたほうがいい。また、国の方針を決定するために会議を開くことがあるかもしれない。そうなったら、自分から意見を言うことなく、押黙っていることだ。「会議なのにどうして発言しないんだ。」と不審に思う方も結構いらっしゃるとは思うがこれはどうにも仕方ないことである。この国のルールなのである。仕方ない。

一日の仕事が終わったら、身分が高い国民から飲みに誘われたり、「やらないか」と誘われたりすることがあるかもしれないが、絶対に断ってはならない。これを断るということは、この国において「人間やめました。」と言っているようなものである。絶対言ってはならない。もしそのようなことをしたら、

当局の検閲により削除されました

関連項目[編集]