体臭

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「体臭」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「体臭」の記事を執筆しています。

体臭(たいしゅう)とは、人間やその他生物のほぼ全てが纏っている防具であり発信機構である。

概要[編集]

液体化した体臭。

皮膚のアポクリン腺などから発散され、通常は気体として存在する。希に液体や個体の場合もあるが、非常に珍しいケースである。全身を覆うようにして常に放出され続けており、これが空間内に漂い残り香となったものが「気配」と呼ばれる[要出典]。また、体臭に指向性を持たせて放出する「気功」と呼ばれる技術も存在する[1]

生物は根本的に、強い刺激を忌避しようとする本能を持っている。もちろん体臭も「強い刺激」であるため、強い体臭を纏うことで外敵から身を守ろうとする生物も数多い。体臭を防衛に使用する生物は、スカンクやカメムシが有名。人間においては中年男性の体臭が強烈とされるが、これは中年男性が数多くの外敵と戦う必要があるためである。

発信機構としての体臭[編集]

発情情報発信の例

上記の役割だけでなく、体臭は個体情報の発信機構としての役割も持っている。これは特に発情期において顕著であり、性フェロモンを乗せた体臭を使って交配相手へと自分を売り込む効果がある。また人間においては、性的な体臭が強い場合は「美観よりもセックスを優先する」という宣言行為として扱われる事がある[要出典]

嗅覚から得られる情報は非常に多く、発情期かどうかだけでなく健康状態[2]や生活レベルなどもある程度までならば判別出来る。体臭はコミュニケーションツールとも言えるのである[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ マリオが使用するファイアーボールは、このようにして放出した体臭に火を付けたもの。
  2. ^ 癌患者の癌臭など、病気には特有の臭いがある。

関連項目[編集]