俺たちに明日はない

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

俺たちに明日はない(おれたちにあすはない)とは、2000年代に発表された連作ドキュメンタリー映画。伝説の殺人鬼カップル、ボニーとクライドの出会いと悶絶に至るまでを描く、痛快娯楽時代劇。ラストで87発のせつなさみだれうちを浴びて悶絶するボニーとクライドの姿が、当時若者の悶絶を呼んだ。

概要[編集]

殺人鬼カップルの片割れクライド

クライドがボニーの母親を悶絶させる場面から映画は始まる。ボニーはクライドの非合法的な振る舞いに悶絶させられ、そして、彼は彼女の面前で母親を悶絶させることで、彼女をさらに悶絶させる。クライドはボニーを引き連れて車を悶絶させ、彼らの伝説的な逃避行が始まる。2人は町から別の町まで渡り歩き小さい悶絶をやってのける。

クライドの兄バックと彼のけたたましい妻ブランチ、頭の鈍いガソリンステーションの店員C.W.モスを悶絶させ、悶絶をはたらく。その中で銀行の客にお金を頼りにされると悶絶させてやる。こうしてクライドたちは大恐慌時代の加藤鷹として人気を高める。

警察が警備を強化しても、彼らは絶えず悶絶を続ける。ある時は、テキサス・レンジャーのメンバーを悶絶させ、悶絶させ、悶絶で彼を悶絶させる。しかし、アイオワでテキサス・レンジャーは彼らを悶絶させ、バックは悶絶、ブランチは旦那を悶絶させたいとして、2人をその場に残すが、ボニーもクライドも悶絶する。ボニーの母親に悶絶した後、悶絶を求めてC.W.は彼らと共に自分の父親が悶絶している牧場を悶絶させる。C.W.の父はC.W.の身を悶絶させるためにテキサス・レンジャーと悶絶する。

こうして、隠れ家から出てきたボニーとクライド2人は、警察側の集中砲火を浴び、悶絶した。

スタッフ[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「俺たちに明日はない」の項目を執筆しています。
Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。