出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(きず)とは、擦り傷や切り傷、包丁で指を切るなどの軽い傷から重い傷を表す言葉である。

傷のメリット・デメリット[編集]

メリット[編集]

  • ドMにぴったり。
  • 自分の体の回復の早さを試せる。
    • 競い合う事もできる。
  • 傷口に何かを入れてそれを体に入れることができる。
    • 実験に最適である。

デメリット[編集]

  • 痛い(先程言ったようにドMを除く)。

メリット・デメリットの結論[編集]

メリットのために人間は意図的に傷を負う(夏休みの宿題のためだったりする)事がある。

傷の種類[編集]

擦り傷[編集]

擦り傷は、指を紙やすりなどで磨くとかしなければ出来ない傷である。
しかし、こんな事をする人達は大体ぴー
また、尻に紙やすりを使用すると擦り傷と一生のお友達(副賞)が与えられる。
赤い模様ができてオサレになったり、肌にそれが進出したりする。

切り傷[編集]

切り傷は、、いやで切ったり包丁で切って出来る傷である。
現代では「髪で切り傷が出来るか」を研究している。

刺し傷[編集]

刺し傷は、きりこ(おがぐずでもある)などが刺さって出来る傷だが、刺さったものは抜けにくい。
抜けたとしても、抜ける直前は痛い。気をつけよう(ドMには快感)。

重い傷[編集]

重い傷は、包丁で指を切るなどして出来た傷である。(切断ではない。)
なんとか致命傷で済んだぜ!

治す方法[編集]

これらの傷を治す方法がある。
荒技もある。

さらに痛い痛みで治す[編集]

これはあまりお勧めしないが、さらに痛い痛みで治す方法がある。

やり方[編集]

  1. まず傷を負う。
  2. その傷の痛さより遥かに上の痛みを味わう(例:包丁で指を切断するなど)。

リスク[編集]

もし怪我をした場所と違う場所を切断したりして失敗した場合、怪我どころの騒ぎではなくなるためお勧めしない。(大事な事なので二回言いました)

泣く[編集]

これもあまりお勧めしない

やり方[編集]

  1. 当たり前のように傷を負う。
  2. 泣く。

リスク[編集]

絶対やらない方がいいだろう。ヤるのはいいが。
何故かと言うと、大人の場合ぴーと間違えられるからだ。
誰もいない所でやるのが良いだろう。 やはり泣いても仕方がないようだ。しかし、力を多分入れているので痛みは軽くなるだろう。

氷で冷ます[編集]

氷で冷ます事により何だか傷が痛くなくなるらしい。
氷に塩をかけるとどうやら冷たくなる。
しかし欠点がある。
「塩」なのだ。
つまり塩を完全に落とさなければしまって逆に痛いかもしれない、と言うことである。

やり方[編集]

  1. 傷を負う。
  2. 氷をつける。
  3. もしもっと冷たいのを求めるなら塩をかける。
  4. 痛くなーい!!

リスク[編集]

塩を使うかもしれない。
つまり冷たいのを求めるなら塩をかければいい。
最近ではエコとして傷口に使われた氷をそのまま使うこともある。
しかしここで注意してほしい事があるのだ。副賞を与えられた人が尻に使うならばその氷はもう使えないのである。
と言うかもう氷と塩を無駄にするぐらいしなくても我慢しろよ。とは決して誰も思わない。(一説では思ってはいけない可能性もある。)

もっと痛くする方法[編集]

これらは逆に痛くなる方法である。治す方法ではない。

塩をかける[編集]

塩をかけるとしみる。砂糖や白い粉ではない。

やり方[編集]

  1. 傷を負う。
  2. 塩をかける。
  3. びゃあ"あ"あ"あ"あ"い"だい"ぃ"い"ぃ"!!

結論[編集]

早く治したいなら荒技を、ゆっくり治したいならちゃんと治す方がいいだろう。

この項目「」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)