兄沢命斗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
存命人物
この記事は、存命している人物に関する経歴等が記載されています。執筆の際は存命人物の伝記に基づいた編集を行ってください。出典が無い、あるいは信頼性の乏しい出典による潜在的に論争となりうる記述、特に名誉棄損や侮辱等に該当する内容を見つけたら、速やかに除去した後にノートにて報告および議論してください。
兄沢命斗
アニメ店長.jpg
時代 平成時代
生誕 昭和??年(19××年)
死没 存命中
別名 アニメ店長
戒名 秋葉映像文学大居士
墓所 存命中だが秋葉原が墓場であるとのこと
官位 従一位アニメ店長
氏族 アニメイト

兄沢命斗(あにざわ めいと)は、日本を代表する店長

アニメイト池袋本店の店長である(『らき☆すた』では秋葉原大宮店店長)。『アニメ店長』『らき☆すた』『ハヤテのごとく!』で主役・準主役を張る強キャラである。通称『アニメ店長』『店長』。

概要[編集]

元々はただのアニメ好き。前店長の突然の辞任で適任者が他に居なかったため突如店長に昇格。

最大のモットーは『お客様第一』『伝説の少女A攻略(後述)』『打倒ゲーマーズ』である。

商品ひとつ売るのに常に全力を張るために体力は相当あるものと思われる。ギアスが使えることでも有名。

らき☆すたでは最初はゲストキャラであったが準レギュラーに昇格した。

アニメだけではなく他の島本作品にも登場してる。

CMに出演している店長

地球温暖化への影響[編集]

外見、言動が暑苦しいことにより、出勤中は関東地方全域の気温が5℃上昇していることが確認されている。 5℃というのは、あの松岡修造と肩を並べるほどである。

また、通常の人間よりも二酸化炭素排出量が膨大であり、京都議定書で規定されている日本の温室効果ガス排出量の32%が兄沢の排出であると言われている

そのため現在、京都議定書で国の項目のほかに『兄沢命斗(アニメイト池袋本店)』の温室効果ガス排出量制限を設ける案が提出されている。

この燃焼だけで東京都の気温が2℃上昇
店長の影響力は地球レベルである
番組本番中でもかまわず地球を暖めている

また、上記の理由により兄沢が海外店舗に異動される可能性は皆無である(自国の排出量に負担をかけるため)。特にアメリカ合衆国は京都議定書に参画していないにもかかわらず、兄沢の受け入れを断固拒否しており、アニメイト本社には環境保護団体や東京電力(電力不足を招くため)などから多数の抗議が寄せられている。

これに対しアニメイト側は「冬季は暖房設備が不要のため、電力消費を抑える役割をしており、逆に温暖化を食い止めている」と主張。しかし、夏季は冷房の電力が膨大なため、実質的に温暖化の原因となっていることには変わりない。

伝説の少女Aとの死闘[編集]

上記のように完全無敵と思われがちの兄沢であるが、ただ一人だけ攻略不可能な人物が居る。

埼玉県幸手市在住の『伝説の少女A』である。少女Aは池袋店では『若年層の女性客』を意味する隠語であるが、彼女の場合は特別に『伝説の』が付いている。

アニメ店長が全ての力を出し切ってもなかなか狙った商品を買ってくれないなど、行動分析がほぼ不可能であるため全てのデータや知識、常識が通用しない。だが、冷やかしは普通の店では当たり前のことなので、むしろ兄沢の行動の方が予測不可能で非常識である。

伝説の少女Aシフト
兄沢が編み出した、対「伝説の少女A」用の無敵のシフト(当社比)。少女のあらゆる行動パターンを研究し、少女にひとつでも多くの商品を買わせるための店内シフト。にしては、効果はあまり出ていない。

店長の主な部下たち(アルバイトも含む)[編集]

指導者としての兄沢[編集]

兄沢の行動はどれも常識的とは言えないものばかりではあるが、それでも店の売り上げはきちんと叩き出している。

しかし、だからといって経営者として彼の行動を決して真似してはいけない。

実際に彼の行動を真似して店の売り上げ・信用度を落とした新米店長が存在する。

また、新人のアルバイト店員にも先輩店長として同様の素晴らしい指導方法を行う。

関連項目[編集]

キャベツ.jpg このアニメ「兄沢命斗」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)