全日本肛腔

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
全日本航空から転送)
移動: 案内検索
曖昧さ回避 ANALは、この項目へ転送されているばい!その他の用法につ・い・て・はアナルCHECK IT OUT!! はい!!!

全日本肛腔(ぜんにっぽんこうくう、All Nippon Air Lines、通称:ANAL)とは、日本の航空会社である。全日本空輸 (ANA) とエクストリーム・謝罪でおなじみの日本航空 (JAL) が合併してできた企業である。ハブ空港羽田空港成田空港である。

経歴[編集]

1985年に、日本航空が、エクストリーム・謝罪で優勝して以来、航空機的にも会社的にもボロボロな状態が続いたため、正式にエクストリーム・謝罪からの引退を表明した。その後、政府の思惑もあり、それまでライバルであった全日本空輸との合併を行った。そうしてできたのが、全日本肛腔である。

社名の意味[編集]

ANALのロゴ。決して肛門ということではない。
「航空」ではなく、「肛腔」となっているのは、社長夫人の名前が「月江」さんということから「」の字を、飛行機が月明かりに照らされた空を飛ぶイメージから「」という字を当て、こうした社名となっている。

決して、肛門などというお下品なイメージではない。

主な就航便[編集]

国内便[編集]

すべて通常期において片道10,000円という格安料金である(繁忙期でも、15,000円である)。

国際便[編集]

ほんとに運航しているかどうかは謎であるが、うんこは毎日出ている。

  • NRT⇔LIA (Luck International Airport 通称:LIA)
運国際空港は、禁則事項ですにある大きなハブ空港である。ヘビはいないけどね。
  • NRT⇔MCT
鶴光さんいわく、「オマーン国際空港でおま!」な路線である。
  • NRT⇔NRT
世界最長航路且つ世界一周航路。
国際線は成田集結。
羽田から久々のイタリアへ。あそこへはお乗り継ぎー

FA[編集]

ANALのFAは、フライトアテンダントではなく、ファックアテンダントと呼ばれる。また、アテンダントを省略し、ANALファックと呼ばれることもある。

マイレー痔[編集]

全日本肛腔でも、「マイレー痔」としてマイレージサービスを行っている。単位は、マイルではなくアナル。搭乗に応じてアナルがたまるほか、ウォシュレット・便器の購入(TOTOやINAXと提携を結んでいる)、「ぢ」の薬の購入(ヒサヤ大黒堂と提携)などで貯まる。

溜まったアナルは、航空券の購入やレンタカーサービスなどで使用できる。

機内サービス[編集]

  • 無料腸内洗浄
    腸内洗浄器を常備し、気軽に腸内洗浄できるサービスがある。航空業界では初の試みである。
  • 無料便座
    温水洗浄便座を標準装備している。「TOTO or INAX?」と聞かれ、好きなほうを選択できる。
  • 機内コーラック
    ピンクの錠剤を無料で配布している。ほかの色も用意してある。ビオフェルミンも用意してある。
  • イチジク浣腸無料サービス
    小から特大まで用意してある。
  • アナル拡張サービス
    お手持ちのアナルをブロードバンドに拡張できる。無料とあってか、非常に人気なサービスである。
  • 機内食
    うんこ味のカレーかカレー味のうんこが用意されている。「Unko taste Curry or Curry taste Unko?」と聞かれる。
  • 機内シアター
    ギャル糞根の大食いや2girls1cupあたりが、人気を博している。なお、この単語はどちらも検索してはいけない。

そのほか、機内うんこ記念の粗品やおしりふき配布なども行われている。

キャンペーンソング[編集]

キャンペーンソングは、ANAL B'z平井堅杉田二郎が担当している。

  • 「FOR YOUR * (ANAL) 」
    (作詞:INABA (ANAL B'z)、作曲・編曲:MATSUMOTO (ANAL B'z)、歌:ANAL B'z )
  • 「Anal」
    (作詞・作曲・編曲:平井堅
  • 「ANAL (息子)」
    (作詞・作曲:フレディー・アギラ、訳詞:なかにし礼、歌:杉田二郎

関連項目[編集]

Stop crap.png クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。
Gedou baby.jpg
歴史的文書
全日本肛腔は、何故か見逃されていた記事として、アンサイクロペディアの創設に尽力し、歴史的な意義があろうと「面白くないものは全部消してしまえ」という乱暴な人たちと、全く面白くなかろうが、「歴史的に価値があるなら残してしまえ」という横暴な人たちとの、血で血を洗う醜い抗争を残した記事です。
どうかこの文書を汚さないで下さい。