冥王星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
冥王星(めいおうせい)
Pluto sad.png
分類格差問題提起型惑星
惑星期間1930年2月18
2006年8月24日
惑星寿命76年
軌道要素と性質影が薄く未確定
物理的性質
自転周期カロンの公転周期を模倣
変率影が薄く平凡
その他影が薄く未確定
一応なるべく国際単位系使用。
Nuvola apps important yellow.svg 注意
この天体は僕たちの心の中から消滅しました。
「……それでは、ボクの最後のお願いです。
……冥王星のこと、忘れてください……。
冥王星なんて最初からいなかったんだって……、
そう……思ってください」
冥王星 について、月宮あゆ

冥王星(めいおうせい、Pluto)は、これからいよいよ影が薄くなっていく天体である。

冥界の神」をあらわす名前、あまりにも小さかったこと、あるいは他の惑星の軌道から大きく傾いた特異な軌道をしていたこと。どれが原因か、今となっては分からないが、1930年に惑星として発見されたにもかかわらず2006年になって準惑星へと格下げされた。ただでさえ「惑星である」以外のアイデンティティを持たなかった冥王星は、以降非常に存在感が薄くなってしまった。現在属する準惑星は、「自称惑星」とも呼ばれるが、当初は矮惑星となるはずであった。これには「わい」惑星という響きを嫌った純情なる冥王星が抗議した、という経緯がある。

直径はよりも小さい。発見された時は他の惑星と同じくらいの大きさと予想されていたが、年が立つにつれて精魂が徐々に冥府の使者に吸い取られ、結果的に現在では準惑星エリスよりも小さくなってしまい宇宙に浮かぶ小石になってしまったと予想できる。

隣接するカロンと呼ばれる疫病神のせいではないかとも言われている。カロンは一応法的に子供なので衛星といわれるが、冥王星の半分くらいあり、実際には冥王星の弟の様子だった。だが、2006年に惑星(弟)に修正され損ねたついでに、弟(甥)2人のニクスとヒドラと協力し彼らの親である冥王星を惑星から引きずり落としてしまった。

だが我々は冥王星のことは忘れてはならない。なぜなら彼もまた特別な存在だからです。

[編集] エリス

エリス(Eris)は、冥王星をカワイソスな状態に追いやる原因の発端になったとされる天体。

専門の学者たちはどうかわからないが、よほど宇宙大好き人間でもない限り存在すらしらないので一般人にはほとんど知れ渡っていない。一般人はクイズ番組にでも出演して宇宙関係の問題に挑戦しない限りほとんど日常生活に支障はない。

しかし、あの頭の固い百科事典情報によれば「エリスはトロイア戦争の遠因となった ギリシア神話不和と争いの女神」ということである。 このことから、今の国際社会は平和な国際社会という方針を目指しているので、争いを起こす神の名をつけられた惑星を忘れると何が起きるかわからないということが心配されているが、今のところ一部の地域で争いが起きている程度であるため、さほど心配は無用といわれている。

[編集] 冥王星と共に存在価値を無くしてしまったもの

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「冥王星」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者 (略してニコ厨) のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「冥王星」の項目を執筆してくれています。

[編集] 関連項目

ここだけの話だけど、「冥王星」は書きかけなんだ。バレないうちに直しておいてくれ。いいか、絶対誰にも言うなよ。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語