冨樫病

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
「最後のほう、ハ●ター×ハ●ターみたいになっていますね・・・」
ニート島耕作 について、佐隈りん子

冨樫病(とがしびょう)とは、別名「漫画描きたくない病(作家性無気力症候群)」とも言う。釘宮病と並びサブカルに因果関係をハッスル日本の二大奇病の指定を受けている病気である。漫画家の冨樫義博が最初に確認された症例だった為、こう名付けられた。また、この病気の患者は冨樫に代表されるように、絶大な人気を誇る漫画家小説家等作家が多い。


医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。


症状[編集]

  • 前兆
ネタが思い浮かばない、作品を作るのが憂鬱だ、などの理由によって内容が乱雑になる。作品が予想だにしないハチャメチャな展開となったり、物語の展開が遅くなる。
  • 初期症状
漫画や小説を書く事が億劫になり、執筆のスピードが極端に遅くなる。休載が多くなり、掲載があっても、まだネームの状態の漫画や誤字だらけの小説になる。仕事をせずに個人的な娯楽に耽ることへの罪悪感が薄れる。
  • 末期症状
怠け癖がついて、一切漫画を描く事が出来なくなり、長期休載に陥る。たとえ連載再開しても、すぐにまた長期休載になってしまう。もはや全盛期のような画力・精神力を維持することが不可能になる。
でも、同人活動では本気を出し、仲の良い作家の同人誌にゲストとして寄稿することもある。
なお上記から萩原一至も冨樫病末期と思われがちだが、彼の場合本業より同人活動の方が儲かる事が判明し、本業を怠けている訳ではなくあえて本業を捨てて同人活動に力を注いでいる事から冨樫病とは若干ニュアンスが違う別の病に冒されている可能性がある。

予防法・治療法[編集]

冨樫病の予防のためにはまず発病の原因を特定しなければならないが、詳しいことは分かっていない。一説によると、某週刊少年誌の編集部の「新人漫画家には厳しいが、ベテラン人気漫画家には甘い」という方針が患者を増やし、他紙の作家にまで感染させていると言う。

なお、この病気の明確な治療法は見つかっていない。厚生労働省はこの病気を難病と認定している。末期状態にまで至ると、症状が一時的に緩和することはあっても、完治することは不可能に近い。

患者本人は、自分を日本史上二位の漫画家だと信じているので、治すには岩明均先生に声をかけてもらうほかない。

主な患者[編集]

漫画家[編集]

  • 冨樫義博
  • 武内直子 - 冨樫義博の嫁。彼女も結婚前に描いたヒット作以降は、旦那の病を貰って休載を連発している。
  • 鳥山明 - 「ドラゴンボール」などの作品を周りの圧力で嫌々描かされたため発症。今ではペンを持つと肌が荒れてくるなどのアレルギーが出る重症である(ガチ)。と言いつつも最近になって漫画を描かされた。
  • 岸本斉史 - 元々あれだと言うのは禁則事項です
  • うすた京介 - 初連載漫画「マサルさん」後期に発症。「ジャガーさん」ではギャグが思い浮かばないと、当たり前のように休んで現実逃避していた。
  • うすね正俊 - 単行本の印税入ると休載→印税が尽きると連載再開→(以下ループ)を繰り返している。でも近年はマジで病気になって休載。ただし、作画の方は、秋本治が「アシスタント辞めないで~><」と泣きついたほど、描き込みがハンパない。なので三浦病かも知れない。ちなみにうすねの元アシは冨樫義博の
  • 桐山光侍 - 出世作「忍空 - NINKU -」の連載を3回投げ出す。のちに富樫病を克服し、連載休止から10年後、続編を書いて完結させた。
  • 車田正美 - 「リングにかけろ」は6年間休載無しで完結させました。そういう時代が昔はありました。
  • 星野桂 - 連載を再開するたびに漫画のキャラデザが変わる。
  • しげの秀一 - 一見仕事をしてた様に見えるが、ただの運転シーンを数ページだけという手抜き連載が多々あった。
  • 小林まこと
  • 山本英夫
  • 叶恭弘 - 読切常連漫画家が運良く連載を持つとどうなるかを示した事例。
  • 貞本義行 - (言い訳)「GAINAX等でキャラデザイン等しており、むしろそっちが本業なので、マンガ版エヴァンゲリオンだけをとりあげていたずらに病気扱いすべきでない。」…最近になってようやく完結させた。
  • 永野護 - (言い訳)「デザイナーやアニメの仕事をしており、FSSは年表という形で物語は終了しているため、永野自身は執筆を譲っても良いという態度を取っていて、積極的に設定の方を作っている。連載だけをとりあげて病気扱いすべきでない。」
  • 江川達也 - この人はホリプロタレントであるが、一応明記しておく。「日露戦争物語」が日清戦争時で連載が終了してしまい事実上未完状態になる他、「GOLDEN BOY」や「東京大学物語」の壮大なエンディングなどがある。またキャリア中期以降ではアシスタント不足に伴う典型的な症状が散見される。
  • 美内すずえ
  • 岩明均
  • 一色まこと
  • 井上雄彦
  • CLAMP
  • 高河ゆん - 作っては放置を繰り返してきた漫画は数知れず。本当は漫画家ではなくて同人作家であり、同人活動に力を入れている。
  • 杉崎ゆきる - この人も作っては放置の常連。
  • ぢたま某
  • 高屋良樹
  • ひぐちアサ
  • 桜井のりお
  • 広江礼威 - 連載不可能な体なのに同人活動は出来る。だ。
  • 幸村誠
  • 日丸屋秀和
  • 木多康昭 - 富樫を最初に病人だと診断した。「ガン専門病院の医者がガンに罹る」というのはよくある話らしいが、つまりそういう事である。
  • 桜場コハル
  • 福地翼
  • 川原由美子 - 「前略ミルクハウス」でヒットするが、その栄光で仕事をブッチしまくるように。隔月誌での連載を何度も中断した挙げ句、編集部から「示しが付かないから一旦連載を終わらせよう」という指示が出るもその最終回をマトモに描かなかった。一話で終わらせるはずが前後編→前中後編になった上更に落とし「中編第二話」で強引に連載カット。その後は百合空軍モノ「ななめの音楽」などを地味に放り出した

小説家[編集]

その他[編集]

忘れられた患者[編集]

冨樫病の患者の第一号は冨樫義博とされるが、それ以前にも冨樫病を発病した者は存在する。しかし病気として認知されるのが後世の事であったので、彼らの存在は忘れられている。

主な忘れられた患者たち

  • 志賀直哉 - 代表作『暗夜行路』は書いては止めして完結までに17年もかかりましたよ。
  • 江口寿史
  • 寺沢武一
  • 松本零士 - アニメ化された作品が多いので、一見仕事をしているように思えるが、コピペや大ゴマ連発でごまかしたり、未完作品が多数ある。
  • 萩原一至 - あの冨樫ですら「敵わない」と言わしめた実力を持つ漫画家。しかし、あまりに遅筆なため、週刊少年ジャンプから島流しを食らった。冨樫は萩原のアレな部分を見習ってしまったようだ。

近年における研究では、漫画という言葉を生み出した張本人である葛飾北斎もまた、富樫病と同様の症状を発症していた事実が明らかになった。さらには、漫画という言葉こそ使われていないものの実質的に最初の漫画とされる鳥獣人物戯画は、全4巻が完成するまで1世紀近くかかっている事が判明している。つまり富樫病は、漫画家にとって宿命の業病である可能性が高い。

同人界における冨樫病の蔓延[編集]

金銭が絡みにくい緩い同人界においては多数の発症者が確認されている。多くの場合、患者のサイトやサンプル等を確認することで、読者は冨樫病患者の執筆した同人誌を見分けられる。

だが、多数の同人作家が集まる合同誌においては、単純な主催者のミスやページ水増しのため患者の作品が紛れ込むことがあり、期待して購入した読者が精神的にも金銭的にも損失を被る事例が後を絶たない。また、逆に合同誌の原稿はちゃんと仕上げるが、自分の個人誌はラフ描きのまま出す患者もいる。

スケジュール管理も出来ないアフォは、当然商業誌でもやっていけるわけがない。

関連項目[編集]

  • トガシ被害者の会
  • 三浦建太郎 - 彼の場合、冨樫病に思われがちだが、本当は三浦病という「描き込み過ぎ病(仕事病)」にかかってしまっている。本当は冨樫とは真逆である。だが、冨樫ほどではないが休載が多い。
  • みなもと太郎 - 同じく富樫病患者とは逆の「漫画が描きたくて仕方ないよ」病に罹っており、サボりによる休載はゼロでありながら、いつまで経っても連載が終わる見込みが無い状態に陥った。
  • 秋本治 - 初連載を開始してから一度も休載していない現人神おまえら少しは見習えよっ!でもMr.Cliceが放置されているのは気のせいである。
現在この項目「冨樫病」は、深刻な冨樫病に感染しています。このままでは記事が永遠に放置されてどうしようもない状態になってしまいます。この病気の治療法は、アンサイクロペディアン有志による手術しかありません。皆様の温かいご支援が患者の命を救います。 (Portal:スタブ)