出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。

(ふゆ、英 winter)は、イベント以外に何もすることがない季節である。

概要[編集]

人間とは楽しいイベントが大好きなものだ。しかし、春は入学・就職で忙しく、夏は夏休みの宿題に縛られ、秋は読書や運動や食欲に時間を奪われる。よって、特に何もすることのない冬に1年分の行事を押し込めているのである。子供にとっては夢のような季節だが、大人はプレゼントのために出費がかさむうえ、忘年会で嫌な上司と酒を飲まなければいけないので、正月が来るまでは地獄のような日々である。

素敵な行事の数々[編集]

  • 冬休み 休みとは名ばかりで、下記の行事で忙しいため休んでいる暇はない。
  • クリスマス ツリーにほしいプレゼントを書いた短冊をつるす。
  • 正月 による事故が年間で最も多く発生する。子供は1年で1番リッチになってウハウハだが、大人の懐は1年で1番冷えきってしまう日。
  • 七草 七草粥を食べるだけの日。運良くお金持ちの家に生まれた7才児は可愛らしく着飾ってお宮参りをする。
  • 成人の日 成人式が行われる。余談だが、「せいじんのひ」とキーボードで打つと「せいじんんおひ」「せいじのひ」になってしまうことが多い。
  • 節分 小学生男子を中心に、撒いたあとの豆が原因とみられる食中毒の発生がある。
  • 肉の日 2月9日はの記念日として有名。この他にも、服の日、福の日、さらには「吹く」から風の日など、なんか無理矢理っぽい記念日ばかりであるが、4月15日の「遺言の日」に比べればまともな語呂合わせといえよう。
  • バレンタインデー 2月14日に訪れる、彼氏彼女のいる男女にとってはあまーい日、独身の男女にとっては悪魔の日。ついでに製菓会社にとってもあまーい日だ(金銭的な意味で)。この日だけ引き篭もるにわか引きこもりもいる。
  • の日 2月22日は語呂合わせで「ニャーニャーニャー」と読めることから、猫を慈しみ、癒してくれることに感謝する日になっている。
  • 2月29日 大体4年に一度しか訪れない、とても珍しい日。計算上、この日生まれの人は70歳になっても「まだ10代だよ」と言いはることが出来なくもない。

[編集]

地方によっては、冬将軍がやってきて(ゆき)と呼ばれるフレーク状または粉状の白い物体を降らせる。これが積もると犬は喜んで庭を駆け回り、猫はこたつで丸くなる事で有名である。北国では、雪だるまと呼ばれるモニュメントが町のあちこちに立ち並ぶ姿を見ることができる。雪で作った玉をぶつけ合う雪合戦という遊びもある。

三田さん[編集]

Inuit.jpg

三田さんはサンタクロースの偽者とも、親戚であるとも噂されているが、詳しいことは誰も知らない。

この機械(写真参考)に乗って来る。


服が赤い理由は動物を殺してもばれにくいからである。

関連項目[編集]