冷凍みかん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「冷凍みかん」の項目を執筆しています。

冷凍みかん(れいとう-)は、凍らせて氷が張り付いたみかんの事である。

概要[編集]

この冷凍みかんはきわめて剥きにくいことで有名である。なぜならば初期のうちは手が悴み、おまけに解凍するまでは食うのが難しい。さらに凍った状態で果敢にも食べることにチャレンジする奇特な人間もいるが、下痢を起すなどの結果が待ち受ける場合が殆どである。そのため冷凍みかん早食い競争が行われたときはトイレに長蛇の列ができる。

なお、冷凍みかんは通常5個入りであって4個入りではない。しかし、だんご3兄弟現象の発生により、4個入りの冷凍みかんが登場している。

近年の冷凍みかん[編集]

この意義がない食べ物について、不満をぶちまけるために2006年4月にはみかんを題材にした歌も作られた。なお、冷凍みかんは通常5個入りであって4個入りではない。しかし、だんご3兄弟現象の発生により、4個入りの冷凍みかんが登場している。

また、最近では通販などで冬にも冷凍みかんを入手することが可能となり、真冬に冷凍みかんに挑戦するという猛者も現れている。さらに冷凍技術の発達により、より強力に冷凍されたみかんも増えてきている。

兵器の冷凍みかん[編集]

なお、一般には食べ物として認識しているが実際は弾丸の一種である。 2978年4月にメリケン合衆国が第三次ポンカン戦争で冷凍みかん型のクラスター爆弾を実戦投入し、これによって北朝鮮の飢えが大いに解消される予定である。ただし実際には戦争により人口が減って必要な食料が減るためということはあまり知られていない。

さらには地球温暖化が原因で小学校では雪合戦ならぬ冷凍みかん合戦が起こり、それによる傷害致死事件が後を絶たない。又、あまりにも冷凍みかん合戦に熱中しすぎて凍傷になる事故も発生しているので注意が必要である。

また真逆の位置にいる焼きみかんなるものも発案されている。これはみかんを火にあぶるという簡単な方法で、黒くなるまであぶることで奥深い苦味を味わえると人気が出ている。

地球温暖化防止に対する冷凍みかん[編集]

冷凍みかんは周囲に強烈な冷気を放つため、クーラー代わりとして利用することができ、電気代節約によって地球温暖化を防止できると期待されている。また、冷凍みかんを食することで体が冷え、体から発散される熱を抑えることもできる。将来的にはパソコンなどの冷却ファンの代わりになると期待されている。

しかし、冷凍みかんを作るときに冷凍庫を使うのが一般的なので、総合的にはたいして温暖化防止になっていない。永久凍土といった、電気を使用しない冷凍みかんの製造方法の確立が望まれている。

また、冷えピタ代わりとして使用することもでき、冷たさがなくなったら食べることでビタミンの摂取も可能であり、皮は土に戻るため資源の有効活用にも貢献できる。ただし、女子高生が使った冷凍みかんということでヘンタイどもによる高価な取引が予想されるため、政府はあまり乗り気では無い。

関連項目[編集]