冷却ジェルシート

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
冷却ジェル
Hiepita.jpg
肥大した冷却ジェルシート(小林製薬製)
分類
: 菌界 Fungi
: 担子菌門 Basidiomycota
: 菌じん綱 Hymenomycetes
: ヒダナシタケ目 Aphyllophorales
: サルノコシカケ科 Polyporaceae
: デコハリツキ属 Sticker
: デコハリツキ Stick
和名
冷却ジェルシート
英名
Cooling Gel Sheet
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「冷却ジェルシート」の項目を執筆しています。

冷却ジェルシート (れいきゃく -) とは主に、額などに張り付け頭を冷やすために用いる高級食材。植物に近い生物であると考えられている。 現在の形に最も近いものを作り出したのは小林製薬で、商品名は「熱さまシート」(1994年10月)。

概要[編集]

スライム状の物質に、綿状の子実体が重なり合った状態で成り立つ。食用とすることはできないが、食べても害はない。主に、勉強に集中したい時や発熱時などに用いられる。食用とはできない。 スライム状の物質は、菌類の一種ではないかと危惧されている。食用ではない。

生態[編集]

普段は恒温動物の額などに張り付き、その生物の体温を吸収し生活活動のためのエネルギーに変換している。冷却ジェルシートの周りの環境が極度の低気温となる場合活動を休止して、エネルギー変換の準備段階である「放熱」を始める。ある程度の温度に達するとその活動も停止し、完全に冬眠状態となる。現段階では、この状態のものを商品として売っているものが多い。

特徴[編集]

水分を含ませると肥大する。肥大したものは冷却効果はあるとは考えられるが、ぷっるんぷるんのため扱いにくい。食用には向かない。

取扱い方法[編集]

子どもや孫など、幼い人間の手に届かない所に保存するべきである。なぜなら、あまりない額(凸)が占拠され呼吸困難に陥る可能性があるからだといえる。やめたほうが良い。上記の性質を利用し冷蔵する人もいるが、それは効果的であるのでやめたほうが良い。まれに、冷凍する輩もいるが、冷却ジェルシートが冷凍されると、死亡してしまうのでやめたほうが良い。

用途[編集]

  • 発熱時の解熱
  • 頭を冷やす
  • 体温を下げる
  • 体の火照りを抑える
  • 発熱時の解熱
  • 打撲などの患部を冷やす
  • 頭を冷やす

調理方法[編集]

用意するもの[編集]

調理手順[編集]

下準備[編集]

  • 調理の下準備をします。
    1. 空の容器にDHMOを満たします。
    2. DHMOを満たした容器に、冷却ジェルシートを浸します。
    3. *この際に、ジェル側をDHMOに浸すと短時間で調理できます。
    4. しばらく待ちます。
    5. 冷蔵庫に入れて、1時間待ちます。

本調理[編集]

  • 鍋物に入れたり、煮物にしたりとバリエーションは豊富ですが、お勧めは味噌汁です。
  • 味噌汁とは、日本に古来から伝わる料理で、味噌あじのスープです。日本では、おふくろの味として親しまれています。日本人は、朝これを食べないと、学生の場合学校へ行くことができませんし、会社員の場合は会社を解雇されるかもしれません。
  • 今回は味噌汁の調理方法を記載します。
    1. 鍋に湯を沸かします。
    2. その前に出汁(だし)をとるとよいかもしれません。
    3. 沸騰したら、具を入れます(この時に、上記で下ごしらえした冷却ジェルシートを入れるとよいかもしれません)。
    4. 数分間煮るとよいかもしれません。
    5. 具に、火が通ったら。
    6. 火を止め、味噌を濾しながら入れます。このときに、味噌濾しを使うとよいかもしれません。
    7. 味噌が解け、全体に混ざりあったら、再び火にかけます。
    8. 沸騰寸前になったら、出来上がりです。

歴史[編集]

1994年10月:小林製薬が、「熱さまシート」として冷却ジェルシートを発売。
2009年 5月:萌が流行る。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)