切符

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「切符」の項目を執筆しています。

切符(きっぷ)とは、小さな紙切れだが、しかし大きな「何か」を与えてくれる紙切れである。

目次

[編集] 概要

基本的には、お金を払って受け取るものが切符である。払うお金によって価値は変わる。大抵は手のひらサイズの小さな紙切れだが、人の夢、ロマン、希望などが詰まっている。そして使用すれば、あなたにお金以上の「何か」を与えてくれる。

主に飛行機や鉄道で使われるものであるが、映画館などの入場券も切符である。また、警察への片道切符である違反切符も、立派な切符である。

[編集] 飛行機の切符

最近では切符を無理矢理、携帯電話に内蔵することができる。

搭乗券や航空券と呼ばれる。大抵は様々な情報がごちゃごちゃと書き込まれており、非常に見辛い。また、非常に頭が硬いことで知られており、例えば利用者を変更することもできない。国内線と国外線で少々違うようだが、大したことはない。多分。

最近ではICチップがプレスされて刷り込まれていたりなど、ハイテク化が進んでいる模様。また、切符を携帯電話に無理矢理ねじ込むこともできるようである(破らないように注意)。しかしトイレでしたときに便器に落とすと…お察し下さい

基本的に頭が硬い切符だが、中には世界一周航空券といったロマン溢れる切符もある。当然、多額の費用はかかるだろうが、お金では語れない「何か」をあなたに与えてくれることだろう。

[編集] 船の切符

乗船券、というやつである。もちろん「何か」を与えてくれる。船に乗るための切符だが、場合によっては購入時に住所氏名をありのまま書かせられる。もちろん、ここにの内容を書いてもいいが、もし船が沈没してあなたが海にのまれると、誰の死体かわからずに…お察し下さい

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 鉄道の切符

特大サイズの切符その1。秋田のとある鉄道で入手。冬に訪れた投稿者に強烈な「何か」を与えてくれた。
ある旅行者が入手した超特大サイズの鉄道の切符。ノート一枚分の大きさがある、貴重な切符である。もちろん旅行者は人生を大きく変えてしまうかもしれないような「何か」を手に入れたことだろう。

基本的に大きさで分けると3つある。マッチ箱くらいのもの、Suicaくらいのもの、それ以上の特大サイズのもの。

普通に利用する場合にはマッチ箱くらいか、Suicaくらいになる。が、場合によっては特大サイズのものが手元に来る。有名なのが青春18きっぷだが、これよりも大きい切符というのは割と珍しい。というかデカすぎで取り扱いに困る。しかしデカければデカいほど「紛失」という危険性は減るのは確かである。…が、もし紛失すれば、せっかく「何か」を手に入れて帰ってきたら切符が無い→また金を取られることになり、また違った「何か」を手に入れることになるだろう。

福岡、佐賀、長崎で供給されている切符。

[編集] 劇場や映画館の切符

これは入場券と呼ばれるものである。大抵は二つに千切れるようになっていて、お金を出して買った切符を係員が目の前で無残にも分断する。こうして心にダメージを負いつつも中に入っていくことができる。

映画館や劇場などの中身が素晴らしいものであれば、当然あなたは人生を変える「何か」を手に入れることができるだろう。しかし地雷を踏んでしまうと、違った「何か」を失うことになる。

[編集] 交通違反切符

警察官により渡される切符。切符としては珍しい後払い制であるが、逃げ切るのは非常に難しい。切符ごときに何故これまで熱心なのかというほど取り立てに熱心で、逃げ切るのはまず無理と考えた方がよいだろう。

基本的には青色の切符と赤色の切符の二つで(白色の切符もあるらしい)、赤色の切符の方が値段が高い。さらに赤切符は漏れなく犯罪者になる必要があるなど、精神的なダメージも多い。しかしそれでも購入する人が多いことからきっと物凄い価値がある「何か」を手に入れることができるのであろう。残念ながら投稿者はまだない。

なお、これを購入するのは少々苦労が伴う。上記の飛行機や船等と違い、警察官から入手する必要があるため、どうしても警察官に出会わなければならない。更に、警察官の目の前で「シートベルトをつけずに、それとなくアピールしつつ車を走らせる」「制限速度+30km/h程度で走る」「両手を離して酒を飲みつつ携帯電話を弄りながら自転車を運転する」といった行為をして、警察官から声をかけられることではじめて入手できる。このときに警察官の判断により貰えないこともあるが、反省の意思を見せないことで入手可能になる場合もあるという。

警察官に出会うコツとしては、交番の近くなどは割と出会いやすいという。逆に田園風景が広がる場所ではあまり出会えないらしい。

もちろん、他の切符と同じように「何か」を手に入れることができるらしい。以前、赤切符を購入したという知人に聞いたところ「これを見たとき、俺は震えたよ。唖然としたね。まさか俺が購入するとはな。」と話している。全身が震え、呆気にとられるほど凄いらしい。

[編集] 関連項目

この項目「切符」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語