利用者:ヴォジャノーイ/日本式接客

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
習近平.jpg
彭麗媛の夫
貴方を見ている!
中華人民共和国のチャイナ・セブンは認可します。
この文章の内容は中華人民共和国中央人民政府を通じて十分な内容と審査され、蟻族なる中国人民と中国共産党の党員に見せることが出来ます。
内容が思想に反して罪を犯すと思うのなら、自分で公安局に行って自首しなさい。
さもなくばチャイナ・セブンが貴方を捕まえて河蟹します!!

日本式接客(にほんしきせっきゃく)とは、西洋市民思想を嘲笑う反人権主義の成功事例アル。中華人民共和国の労働教化収容所に監守として勤めるこの私もまた、日本式接客を模範に中国人民の人格改造を行っていきたいアル。

Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。

概要[編集]

日本式接客を他国の接客と分かつ最大の特徴は何アルか?それは何と言っても、恐ろしいほどの大声で「いらっしゃいませ」「ありがとうございました!」と何度も絶叫することアル。私が訪日した時、賄賂用の商品をちょっと買い物したアルが、そこの女店員は偽ブランド品の買い物に対して、10回もそう叫んでいたアル。私自身はこれが日本固有の接客様式とは思わぬが、日本人民が日本固有と信じているから、一旦はそれに従うアル。

では、そうした日本式接客に何を読み込むべきアルか?それは日本商人の抱く西洋市民的な人権思想への断固たる敵愾心アル。西洋市民とは何アルか?それは月300時間以上のサービス労働を厭わず人民に奉仕する労働英雄の模範企業をブラック企業呼ばわりする輩アル。中国当局はユニクロ餃子の王将など頻繁にブラック企業呼ばわりされる人民奉仕企業をこそ応援し、共闘して人権運動家という勤労人民侮辱の常習犯を逮捕していきたいアル。

要素別にみる日本式接客[編集]

ここからは要素別に日本式接客お・も・て・な・しの本質をみていくアル。これらは皆、中華人民共和国の労働教化収容所が見習って、受刑者に課したいことでもアル。

感謝[編集]

ここでいう感謝とは、「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の2大文句アル。特に注目すべきは後者アル。商店では「ありがとうございました」と何度も連呼されるアルが、果たして店員は何に感謝してアルのだろう?

この部分を類推するのは、とっても面白いアル。買った商品の値段上の価値を熟知しているのは商人だけアルに、ひょっとしたらその意味は、「ずっと売れなかったあの不快商品を買ってくれてありがとう」「実は安くしてない激安という言葉に吊られてくれてありがとう」「実は中国の安物を国産の高級品と信じてくれてありがとう」といった消費者大損のものかもしれぬアル。信じ切ったら火傷するかもしれぬアル。

ちなみに、国際的常識では「ご乗車して、お金を払ってくれて、ありがとう」が通常の意味アル。しかし、「お金を払ってくれて」の部分を徹底的に心頭滅却し、「ご乗車ありがとうございました」と言うのが日本式接客アル。「お金を払う」という資本主義精神を滅却するとは何という賃金放棄精神アル。改革開放の進むなんちゃって社会主義の中国で放棄されて久しい概念が、日本にはまだ残ってアル。西洋人権団体が袋叩きにする無賃金労働の概念が、日本式接客にはしっかり根付いてアル!

声の大きさ[編集]

日本式接客では、店一杯に感謝の声を響かせるのが正しいとされてアル。その声は宗教団体のように極めて清く、一切の思想汚染を感じさせぬアル。その一方で、彼らは感謝の声を響かせられぬ者に対して極めて非寛容アル。

これは一体何を意味してアルか?それは「大きな声の感謝は、小さな声の感謝より絶対的に優れている」という西洋市民の相対主義的感覚では決してありえぬ差別感情アル。「大きな声の者も小さな声の者も違いを認め合って仲良く共存しましょう。みんな違ってみんなよい」という感覚は日本式接客の天敵アル。

模範企業の接客研修においては、木刀を持った担当官が従業員を怒鳴り散らして、研修場中に感謝の声を響き渡らせることが当然のように行われてアル。研修光景をみるに、その文句が「修行するぞ!」だったら、間違いなく某邪教アル。いや、某邪教はそうした接客研修を基に、あの修行様式を編み出したアル。ありがとうと叫ぶのに木刀を持ち込むなど、中国では想像できぬアル。

笑顔[編集]

続いて笑顔アル。女子駅員をはじめ、日本式接客の模範たちはみんな同じような髪型をして同じような笑顔を浮かべ、同じような声調で客に頭を下げてアル。まるで整形手術でも受けたかのように、その顔はみんな同じで無個性アル。韓国の整形熱はきっと日本式接客の均一な笑顔が起源となってアル。

そして、裏側では笑顔が悪いという理由で人を攻撃することが平然と行われてアル。笑顔という快感を統制するなんて、西洋自由市民の発想では決してありえぬ検閲アル。思想犯を捕まえる我が国の検閲部もそんな発想は敷かぬアル。ましてや笑顔を測定する機械をつくって統制しようなどとは思わぬアル。そんなことを全国民水準で実施したら、必ず共産党体制を転覆させる人権運動が起こるアル。

身体[編集]

次は店員の身体アル。模範的な日本式接客が敷かれている店では「学生気分の払拭」の名の下で茶髪禁止、髭禁止、長髪禁止など不良学生が絶対受け入れないような厳格な風紀統制が敷かれてアル。

そうした日本企業はマスコミ対策を心得てアル。莫大な資金力を武器にして「我が社の規則を独裁国家の統制と同列に並べたら、もうカネを出してやんねえぞ」と脅迫し、民主マスコミを企業の口に変造してしまうでアル。民主国家でそれをやり遂げるとは中々の手腕アル。

多くの不良学生は模範的接客の店で自分の好みとする風俗が完全に禁止されているのを知りながら、その店に好んで入るアル。これはつまり、そうした店が学校を経営すれば、社会の和諧を脅かす不穏な運動を完全に食い止められるということを示唆してアル。全く模範企業中国民主化運動に結びつく学生運動を粉砕する最有力の秀逸な候補アル。

休み時間[編集]

接客にも休み時間というものは存在するアル。休み時間中の立ち話は様々アルが、多くの証言によると、日本式接客が如何に市民的か、人間の多様な価値観を叶えているかということを肯定し合う話が大半のようアル。

しかし、ここまで書いてきたように日本式接客は極めて反西洋市民・反自由主義的な感覚に満ちた様式アル。そんなことを実践しておきながら、まるで西洋市民的自由を実現させていると思い込むとは、日本式接客の洗脳力はまこと強いアル。一党体制の下で資本主義を実行する自称共産主義国家もこれには負けるアル。

外国からみる「日本式接客」[編集]

「多くの有料サービスは無料で行われた場合、人民に感謝されるべきことだ」というのが中国のみならず世界の商売常識を嘲笑うかのようにどこまでも客にへりくだる日本式接客は、日本にしか存在しないと多くの日本人民が信仰してアル。でも、そんなことはねえアルね。西洋世界にも同様の接客はきちんと存在してアル。そこには労働教化収容所で鍛錬した中国人移民も多いアル。でも、そうした接客には「現代のクーリー」「奴隷的」という汚名が着せられアル。西洋人権団体が「奴隷労働の店」という悪評を立てていれば、それは大体「日本式接客」を実施している店と考えてよいアル。

しかし、労働収容所に勤める私は、そうした企業に寛容アル。多くの雇用者は実際のところ、日本式が求めるレベルより遥かに下の水準しか労働者に求めておらぬアル。私は西洋人権団体とは違うアル。

むしろ、私は米国の黒人奴隷がどのような精神で白人に奉仕していたのかを日本式接客を基に類推するアル。黒人奴隷の奉仕精神は、日本式接客に求められる精神とほぼ同じだっただろうと私は推察するアル。しかし、白人の自称・奴隷解放勢力はその奉仕精神を蔑視し、人権侵害の名の下で酷い総括を行って黒人の誇り高きプランテーション労働を全滅させたアル。西洋人権勢力は重労働の汗を無にする怠慢分子アル。

人権思想に冒された中国式接客[編集]

翻って我が中国アル。残念アルが、日本式と比較して何とも態度の悪い店員がゴロゴロなのが中国の現状アル。態度の悪い店員を全員強制収容したい欲望に駆られアルが、共産党内にまでそうした精神が浸透しきってどうにもならぬ状態アル。

挨拶も感謝の声も不在、商品は投げ渡しで客の方から感謝される中国に多い殿様商売は、売り子なら誰でも「売るんだったら、そんな売り方が良い。買うのは嫌だが」と羨望する最も人権的な商売作法アル。僭越ながら私もそう思うアル。しかし、人民の前衛なのならともかく、蟻族のような下流の輩がそうした商売を行うのは人権思想に毒された誤りアル。

そこで私は勤務先の労働教化収容所で、蟻族のたるんだ労働者精神を日本式接客でもって人格改造してやろうと尽力してアル。日本は一応民主国とされてアル。なので、「そんな程度の笑顔も浮かべられぬのか。そんなんじゃ、民主国家日本で通用せんぞ」といえば、人権系の奴らも手出しできぬアル。私はまず女子入所者をそのように人格改造し、喜び組に仕立てるつもりアル。どこかの国のそれも、実は日本式接客が起源アル。私は彼女たちを日本基準での模範接客員に仕立て、中国夢ならぬ日本夢をみるぞアル。

関連項目[編集]