利用者:文鉄1999/署名補記講座

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

署名補記講座では、意外に知られていないかもしれない署名補記の方法について解説します。ご意見等はわたしのトークページへお寄せください。

はじめに[編集]

そもそも署名についてよく知らないという方は下記のリンク先のページへどうぞ。読み終わったら戻ってきてください。

ノートページなどを見ていると署名のないコメントが散見されます。多くはまだ不慣れな初心者によるものですが、中堅・ベテランといわれる利用者でもついうっかり署名を忘れてしまうことがあるようです。コメントに署名がないと、そのコメントが「誰によって」・「いつ」投稿されたのかがわかりづらくなってしまいます。これらを確認するためには履歴を参照する必要があるのですが、最初に署名のないコメントを発見した方が署名補記をしてくだされば、そのあとそのページを見る利用者は履歴を見る必要がなくなります。ですから署名がないコメントを見つけたときには、以下の方法を参考に署名補記を行うことでほかの利用者のひと手間を減らすことができるのです。

通常の署名補記[編集]

この節では署名が完全に欠落している場合の補記方法について説明します。おそらく署名の存在自体を知らなかったか、署名をど忘れしていたかのどちらかの原因があるのでしょう。

登録利用者[編集]

まずは署名のないコメントを残したのが登録利用者であった場合について説明します。この場合は{{Unsigned2}}を使用し、

{{Unsigned2|署名を忘れた投稿者名|投稿された時刻|~~~}}

と入力します。投稿された時刻は履歴からコピペすればよいのですが、履歴での日付と時刻の表示は個人設定の「表示」タブ、「日付と時刻の形式」での設定に依存します。これを「選択なし」以外に設定されている方は署名補記の際には注意してください。以下の例を参照してくだされば、どのような体裁にすればよいのかがわかると思います。

—以上の署名の無いコメントは、Example会話履歴)さんが 2112年9月3日 (土) 12:34 (JST) に投稿したものです(アンサイク郎による附記)。

IP利用者[編集]

署名のないコメントを残したのがIP利用者であった場合にはこちらを参照してください。この場合には{{Unsigned2}}ではなく{{Unsigned-IPuser}}を使用し、

{{Unsigned-IPuser|署名を忘れた投稿者のIPアドレス|投稿された時刻|~~~}}

と入力します。IPアドレスについても履歴からコピペすればよいでしょう。そうすると以下のように表示されます。

以上の署名の無いコメントは、255.255.255.255会話/whois)さんが2112年9月3日 (土) 12:34 (JST)に投稿したものです。

登録利用者に対する署名補記の場合と異なり、署名補記者(=あなた)の利用者名は表示されません。

時刻が欠落している場合の署名補記[編集]

ここまで署名がまったくなされていない場合の署名補記方法について説明してきました。しかし、署名を試みたものの何らかの事情で署名する際のチルダ(~)が一個足りず、以下のように時刻の欠落した署名になってしまっていることがあります。

--Example (会話)

このような場合の署名補記方法を以下では2通り紹介します。なお、以下の例は登録利用者に対する署名補記の例ですが、IPユーザーに対しても同じ要領で行えます。

ひとつめ[編集]

{{Unsigned2}}のソースを利用する方法です。実際にわたしはこのような署名補記をしたことがありますが、率直に言うと面倒くさいのでおすすめしません。{{Unsigned2}}の「以上の署名の無いコメント」という文言を「投稿時刻の無いコメント」という文言に変更した個人用のテンプレートを作成し、それをSubst展開させて対応する方法もあるとは思いますが、それよりも以下のふたつめの方法をおすすめします。

ふたつめ[編集]

署名を完全な形のものに修正し、署名を修正した旨を自らの署名を残すことで示す方法です。この方法で使用するのは<small>タグぐらいのものです。以下の形式で行うとよいでしょう。

投稿された時刻<small>投稿日時を補記--~~~~</small>

投稿された時刻は、投稿時刻の入力を行っていない利用者の署名の直後に半角スペースを一つ入れて入力してください。そうすると以下のように表示されます。

--Example (会話) 2112年9月3日 (土) 12:34 (JST)投稿日時を補記--アンサイク郎 (会話) 2112年9月3日 (土) 12:38 (JST)

この方法を応用すれば、投稿者名の欠落した署名への補記や自己流の誤った署名への対応も行うことができます。

おわりに[編集]

この項目を最後まで読んでくださったあなたには、署名補記検定1級相当の実力がついているはずです[要出典]。なお証明書は発行されません。

どこかでこの項目の内容を活用していただければ作成者としてはうれしい限りです。最後までお読みいただきありがとうございました。

署名補記テンプレーツ[編集]

このテンプレートを利用者ページに設置しておくと役に立つかもしれません。お好みでどうぞ。

指令 : 署名の無いコメントを殲滅せよ