剣道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「剣道」の項目を執筆しています。

お互いに礼[編集]

orz

概要[編集]

剣道(けんどう)は、日本の伝統的武道の一つである。同じく伝統的武道である相撲に国技の座を許してしまっている状態であるが、水面下では近年の相撲協会のスキャンダルに乗じて虎視眈々と国技の座を狙っている。但し、今のところは水面下で終わっている。競技人口は多いが『痛いのは嫌、でも強くなりたい』という我侭な人たちがその殆どである。

「暑いし臭いし痛いし怖いし、マジ拷問だし」
剣道 について、最近の若者

剣道における礼[編集]

「剣道」と「」は切っても切れない関係にある。 本記事に礼を二度示したのは、この故である。 また、剣道は暴力的に思われることがあるが、剣道お得意の精神論によれば合理的に人を殴っているので、問題ない。

剣道をするために必要なもの[編集]

  • バンブーブレード(2000円↑)
  • 籠手(5000円↑)
  • 胴(10000円↑)
  • 面(10000円↑)
  • 垂(5000円↑)
  • 昇段審査のため木刀も買うこと。
  • 剣友(priceless)をつくろう。
  • 剣道着、剣道袴(高いのだと10000円以上する)

構え方[編集]

中段の構えは相手ののどにつけ相手を威圧し、中心を競り合って自分有利な展開に持っていこうとする構え方である。中段の構えは最もオーソドックスな構え方で、ほとんどの剣士が中段の構えをとっている。中段の構えは姿勢や体格などがいい人ほど美しく見えるっぽい。皆さんにも「これこそが剣道」といわれるような美しい中段の構えを目指してもらいたい。

上段の構えは右足を前に出し、左手を額の中心の位置より少し上に上げ、左手のみで面と籠手の一本打ちをするのが基本的であるちょっと不利のようで意外と使える人は相当使いこなすことができる構え方である。通常は身長が高い人がする。というか身長が低い人はするメリットが殆ど無い。覚醒したら誰も止めることもできそうにない構え方である。上段をされた側の心情としては、「うわー、どうしよー。」や、「うわー、こわーい。」なんて思ったりするビビリが多いはずである。なので、開始早々とどめをさすようなパターンも多い。

下段の構えは中断の構えより竹刀を下に持っていき、相手の足を狙う構えである。防御用の構えらしいが剣道では防具の無い相手の足を狙うのは反則で、実際の試合には役にたたない。さらに上からドタマかち割られたら終わりなので面にめっぽうよわい。段試験の形ですぐ中段に戻るかわいそうな構えである。

ルール[編集]

先に4回相手を場外に押し出せば勝ち。

又、有効打突は2回場外に押し出すことと同じ。

有効打突[編集]

白熱の勝負。

有効打突(技を決めること)は2回相手を場外に出すことに等しい。

相撲の強い人は剣道も強いという所以はこれである。

有効打突は3人の審判の厳正かつ冷静な判断によって決定される。

ただし通常の試合、相面(お互いに面を打つ)は評価されないことが多い。

これはヒステリックな観客が、抗議するのを審判が恐れるためである。

また、技を打つ際、はずかしがらず、大きな声で技名を唱えなければ有効打突とはならない。

また技名を唱える前に「YEAH~!」、「アッー!」などと叫ぶと大いに評価される事がある。

ただし、「ウリャー」や「ウォー」、「チェスト」、「ポー」「北斗、疾風自在脚!!」等はあまり評価されない。

団体戦は他のチームがひかない程度の応援ができ、審判に「挙げた方がいいかな?」とプレッシャーをかけると取られやすくなる。 相手の近くに寄って大きい声を出し菌をばらまくことができる。特にインフルエンザがはやる冬には効果的でありほとんどの道場、部活動で予行練習が行われている。だが試合結果には直結しない。

「ヘイ、ポルナレフ!今からてめーの◯◯◯◯、噛みきってやるぜーッ!メ~~~~~ン!!」
スタンドの剣で有効打突を決めるジャン=ピエール・ポルナレフ について、呪いのデーボ
「必殺、旋風剣っ、や~~~~~っ!!」
有効打突 について、平景清

練習[編集]

  • 素振り-バンブーブレード一本では軽い軽い、という人は一本といわず二本三本持って振るべし。
  • 切り返し-左右交互に面を打つ。
  • 切り返し(早)-左右交互に早く面を打つ。この際、息を吸わない人間は強くなれる。
  • 形(かた)-形は大切な剣道の基本であると一部の人間は語る。
  • 係り稽古-厳しさのあまり剣道経験者が最も恐れ、畏怖する最悪の練習。みんなのトラウマ。相手の隙あらば打ち込む。隙がなければ作らなくてはならない。
  • 山篭り-山に一人こもり、滝に打たれ、吊るした木の棒を打ち、修行をする。この際悟りを開ければなお良い。

 

  • 見極め-練習中にて、わざと籠手をおもっきり打ち込んでくるDQNや防具で守られていない身の部分(例えば籠手の上部であるひじや胴の上部のわき腹)を打つヘタクソから逃れるために、練習相手のローテーションを上手く利用してこのような連中に遭遇しないようn...し...師匠!いつのまに後ろに!、許しtくぁwせdrftgyふじこlp
Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

各種技[編集]

  • 面-頭を打つ
  • 小手-腕を打つ
  • 胴-胴を打つ
  • 突き-咽を突く。ただし16禁

応用技[編集]

  • 小手面-その韻の良さから、多くのラーメンに愛されている。
  • 小手小手面-本来コテコテであるべきは麺ではない。
  • 逆胴-多くの人間がこの技を使うが、真に習得できるのは、「お笑い」という熟練の剣士のみである。

奥義[編集]

  • 面胴(グランドク○ス)-必殺奥義。その名の通り厄介で面倒である。
  • ○○龍閃-この○の中に文字を入れることにより、新たな技を得られる。
  • 蒼龍滅牙斬
  • 絶破滅焼撃
  • 天翔蒼破斬
  • 風塵封縛殺
  • 震天裂空斬光旋風滅砕神罰割殺撃
  • 朧土乱

神前に礼[編集]

orz

関連項目[編集]