割れ窓理論

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「割れ窓理論」の項目を執筆しています。

割れ窓理論 (われまどりろん) とは、アメリカの犯罪学者ジョージ・ケリングが提唱した理論。支配者、権力者、為政者にとって極めて都合のよい理論であるため、あちこちで援用され、これに基づいた政策が施行されており、万民を恐怖に陥れている。

概要[編集]

「窓を割るような奴は、やがて割った窓から泥棒に入り、ひいては人殺しをするような極悪人になる。だから、窓を割るような器物損壊をしている内に、殺してしまえ」

というのがこの理論の趣旨である。つまり、どんなに小さな犯罪を犯した奴でも、そいつをそのまま生かしておくと、やがて殺人などの凶悪犯罪に手を染める、だからその前に殺してしまえ、ということだ。カッとなってすぐに拳銃で人を殺してしまう、野蛮人共の国アメリカらしい野蛮な理論である。確かに、最初は猫や犬を殺す程度で満足していた人間も、やがて猫や犬では満足しきれなくなり、人間を手にかけるようになって極悪殺人鬼になると言われる。しかし、それにしても乱暴すぎる理論である。

例えば、Youtubeニコニコ動画は、著作権を侵害した動画、アニメの丸流しやMAD、ゲームプレイ動画、ゲーム音楽サントラなどが氾濫しているが、これも立派な犯罪である。割れ窓理論に従えば、これらの動画をアップロードしたユーザーは、皆殺しにしなければならないということになる。おそらく、アメリカや日本では人口の3分の1が粛清されると思われる。

また、このアンサイクロペディアにも著作権を無視した画像が氾濫しており、それらをアップロードした人物は割れ窓理論に従えばやはり皆殺しにされなければならない。おそらくアンサイクロペディアのユーザーの4分の3は粛清されると思われる。

当然、草なぎ剛中村七之助酒井法子、放屁テロの米倉涼子など、軽重問わず過去に違法行為を働いた有名人は皆殺しである。放屁テロをした米倉は絶対に許されないからまだしも、後の3人は処刑するのはあまりにも酷である。

ついでに言えば、自分の作った歌の中で「盗んだバイクで走り出す」「学校のガラス窓全部割る」などと書いている尾崎豊は、犯罪教唆をしており、割れ窓理論に従えばこれも死刑である。というか、尾崎は晩年ヤクに手を出しており、もはや言い逃れできない。一説によると尾崎の死因は割れ窓理論の信奉者達による暗殺ではなかったかと言われている。尾崎は膨大な信者がいるが、これらの信者も犯罪者の卵ということになる。割れ窓理論に準拠すれば、彼らも粛清しなければならないことになる。一体何人の人間が地球上から抹殺されるのであろう。

導入の是非[編集]

青少年はおしなべて、大人に反抗したがるものであり、反抗期という言葉もある。ガラスを割ったり、未成年で飲酒をしたり、エメラルドを割ったり、そういう違法行為に手を染める若者は決して少なくない。道義、法律に関する知識が希薄で、やっていいことといけないことの区別がつかないからである。

こうした事情に考慮するために少年法などが存在するが、近年では少年法があるのをいいことに凶悪犯罪を平気でやらかす未成年が増えてきているため、割れ窓理論の導入を推奨する意見も多い。

しかし、割れ窓理論を導入すれば前述の通り人口の3分の1は粛清されるということは、考慮すべきであろう。

悪用[編集]

この理論は悪用される危険性が非常に高い。そもそも、生まれてから死ぬまで、軽犯罪を含めた犯罪行為を犯さずに一生を終えられる人間は極めて少ない。男ならだれても立小便をした経験があるだろう。これも軽犯罪ではあるが立派な犯罪である。また、女性であれば誰でも馬鹿な男をだまして貢がせたことがあるだろう。これも立派な詐欺罪に該当する。

こうしたものまで死刑の根拠になってしまうのである。つまり、事実上、ほぼあらゆる人間を、国家権力の裁量で処刑できてしまうのである。ヨシフ・スターリン毛沢東ポル・ポトが欣喜雀躍して飛びつきそうな理論である。

さらに、マッチポンプの可能性もある。自分で窓を割っておきながら、それを誰かの罪としてなすりつけ、濡れ衣を着させるのである。無論、バレれば自分が処刑されるが、もしマッチポンプを行う側が国家権力であった場合、いくらでも自分の不正工作を隠蔽することが出来るのである。結果、割れ窓理論は冤罪の温床と化す。

問題点[編集]

割れ窓理論が導入された場合こんな弊害が起こる。

  • あなたがネット上に書いた文章が、他の人の文章と少しでも似ていた→著作権侵害で粛清
  • チョン」「メクラ」「つんぼ」「カタワ」などの言葉を使う→名誉棄損などで粛清。
  • コピペをする→著作権侵害で粛清
  • Twitterで好きなアニメキャラをアイコンにする→著作権侵害で粛清
  • 道端に落ちてる10円玉を拾う→窃盗で粛清
  • お笑い芸人の突っ込み担当がボケ担当を引っぱたく→傷害罪で粛清
  • クラウド・ストライフコスプレをしてレプリカのアルテマウェポンを持つ→銃刀法違反で粛清
  • 取引先の人間と握手をする→傷害罪で粛清
  • アンサイクロペディアに記事を書く→名誉棄損で粛清
  • 北朝鮮の将軍様の叔父である。→将来的に国家転覆を謀る危険性があるため割れ窓理論に基づき今の内に粛清

このように、一挙手一投足が粛清の根拠となり、常に怯えて生活してゆかなければならない。それでも良い、という人だけが、割れ窓理論を賛美し、割れ窓理論に基づいた法治を是認するべきである。

この理論を採用しているコミュニティ[編集]