創世記

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情鉄分が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「創世記」の項目を執筆しています。
ソーセージさえあれば、私は十分だ。」
ソーセーキ について、オスカー・ワイルド

創世記(そうせいき)とは、この世のあちらこちらに散らばるに書かれている文字集合である。様々ながあって、それぞれ様々なバージョンの創世記があることが知られている。

[編集] 創世記 RC2 build 5744

黒歴史

このセクションに書かれていることは黒歴史です!
できることなら見ないでおいてあげて!!

初めに、は天と地を創造した。
ちなみにを創ったのは禁則事項ですである。
地には形がなく、何もなかった。闇の中に巨大な水溜りがあって、はその上にぷかぷかと浮いていた。
ちなみにはふやけていた。
そのとき、が「光あれ。」といった。すると光ができた。
ちなみには振動することによって発声することが出来る。
はその光を見てよしとした。こうしては光と闇とを区別した。
は目を持っていないので光を見ることが出来ないはずだという説もある。しかし、光が見えればそれは闇ではないのであり、光が見えなければそれは光ではないとするのが通説である。
は、この光を昼と呼ぶことにし、この闇を夜と呼ぶことにした。また、ついでに昼と夜の境を夕、夜と昼の境を朝と呼ぶことにした。これが第一日。
昼と夜の境は夜と昼の境でもある、したがって夕は朝でもある。このことは確かにに書いてあり、真理である。
はいった。「水の中に大気あれ。巨大な水溜りを天と地に分けよ。」
「水溜まり」とあるが、世界全体が水溜まりなのであれば水のあるところがマジョリティであるため、水溜まりという表現は適切でないという指摘があり、学会では以後「いろはす」と呼ぶこととしている。
は大気を創り、大気の下の水と大気の上の水とに水溜りを区別した。
「はにゃーん。大気の上の水はいつ落ちてくるか分からないんだよぅ。でもなんとかなるよ、絶対大丈夫だよ。」
大気の上の水 について、木之本桜
は大気を空と呼ぶことにした。やがて夜になり、朝となった。これが第二日。
大気の100%は空気で出来ている。つまりこのは少なくともこの部分については嘘をついているか、あるいは無知である。したがって、はもちろん全知全能であるはずもない。
はいった。「大気の下の水は一つの場所に集まるように。乾いた所が現れるように。」するとそのようになった。
隅に小さく書かれている。「乾いた所はが天と地を創る前、禁則事項です禁則事項ですしたときに出来たものがこのとき現れたものである。」
は乾いた所を地面と呼ぶことにし、水が集まった所は海と呼ぶことにした。
「諸君 私は海が好きだ
 諸君 私は海が好きだ
 諸君 私は海が大好きだ」
海 について、少佐
はいった。「地面には雑草が生えるように。ついでに様々な草と木が生えるように。」
このの記述が雑草の存在を主張する人々の拠り所である。
地面は雑草と、その他の草木によって覆われた。はそれをよしとした。これが第三日。
雑草は滅びぬ。何度でも甦るさ! 一段落したら全て焼き払ってやる!」
雑草 について、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ
はいった。「空には光る物があるように、昼と夜とを分け、季節のしるし、日や年のしるしとなるように。空の光る物よ、地面を照らせ。」
これがニーブニジュウニニが人類最大の発明と言われる所以である。地上に「光る物」は要らないとは言った。
は二つの大きな光る物と星とを創り、二つの大きな光る物のうちで大きな方には昼を、小さな方には夜を任せることにした。
この記述は嘘である。二つの大きな光る物の大きさは同じで、異なるのはその明るさである。
はそれらを空に配置し、地面を照らさせ、昼と夜とを支配させた。 やがて夜になり、朝となった。これが第四日。
「夜空の星たち。それと便座カバー。」
最初の差別 について、春原陽平
はいった。「生物よ、水の中に群がるように。鳥よ、地の上、空を飛ぶように。」
隅に小さく書かれている。「生物は死ぬまでは生物とは言わない。」
は水の中に群がるもの、たとえば大きなモンスター、あるいはポケットモンスターたち、それから、翼をもつ鳥、あるいはポケットモンスターたちを創った。
「海も空も僕らのものさ。」
世界 について、ポケットモンスター
はそれらを祝福していった。「産めよ、増やせよ、我が兵となりて、憎き悪魔を打ち倒せ。」これが第五日。
悪魔こそは全ての生物の友、我々はもういい加減にの呪縛から解き放たれなければならない。」
について、オスカー・ワイルド
はいった。「地面も、それぞれの生物を産み出せ。動物這いまわるもの、あるいはポケットモンスターを産み出せ。」
「にょろーん。」
這いまわるもの について、ちゅるやさん
するとそのようになった。
隅に小さく書かれている。「するとそのようになった。」
はいった。「にかたどり、そっくりのを創ろう。そして水のポケモン、空のポケモン、陸のポケモン、洞窟のポケモン、地を這いまわるものすべてを支配させよう。」
「この紙型に『』、と日本語を使って書いてください。」
人の創りかた について、桜咲刹那
は自分に似せてを創った。
隅に小さく書かれている。「『』、と書くとき、が浅いところにあるか深いところにあるか、すなわち筆圧の違いによってが出来てしまった。」
は彼らを祝福していった。「さあ、水のポケモン、空のポケモン、陸のポケモン、洞窟のポケモン、地を這いまわるものすべてを支配せよ。」
「はにゃーん。モンスターボールが無いよぅ。でもなんとかなるよ、絶対大丈夫だよ。」
ポケモン について、木之本桜
はいった。「見なさい、地面に生える、雑草とその他の草木を、すべてあなたたちに上げようじゃないか。よく茹でれば食べられるかもしれない。」
ティーの始まりについては諸説あるが、これこそがティーの始まりである。このことは確かにに書かれており、真理である。
はいった。「天よ、地よ、火よ、水よ、我に力を与えたまえ、パーイルフォーメイション!!」
「ロムの意思を受け、剣狼が空中で光になるとき、時を超え、次元を超え、パイルフォーメーションは完成する。バイカンフーは地上すべてのエネルギーとシンクロし、自然現象さえも変えるパワーを発揮することが可能となる。」byマシンロボ クロノスの逆襲
はいった。「すべての生物には雑草を食べさせよう。」するとそのようになった。
隅に小さく書かれている。「こうして、全ての生物雑草禁則事項です効果の恩恵を受けた。」
は自分が創ったすべてのものについていった。「キモかわいい、ね。」これが第六日。
キモかわは滅びぬ。何度でも甦るさ!」
キモかわ について、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ
ここより先は別のもしくは何らかのお察し下さいに書かれていたものです。……
を見つけてしまった。
が見つけたパピルスもしくは禁則事項ですでできていた。また、ピラミッドの付近で発見された。
を刻み、焼き、禁則事項ですした。これが第お察し下さい日。
また、が永眠したことにちなんで、安息日が制定されたのである。ただし人間は不完全なので、簡単には永眠できず、ただ眠るだけで済む。
「この下等が!」
について、ディスプレイ
を書いた。
コンパスを持っていなかったので、お察し下さいを使ってを描いた。
に書かれたの円周上から中心までを直線で結んだ。
に書かれたの円周上から中心までを直線で結ぶ行為を繰り返した。無限回繰り返した。
そして、世界は……
Mikuru Asahina.jpg 禁則事項です
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。
(この世を終わらせる方法参照)

まだまだにはこの先が書いてあったのだろうが、破れていて、あるいは黒ずんでいて、もしかしたら字が汚くて、読むことが出来ない。
創世記について、この先も判読可能なをもっている方は書き足してください。

[編集] 関連項目

[編集] 外部リンク

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語